スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らなかった…orz
・今回のレビュータイトル
 「桜蘭高校ホスト部#06」「ガラスの艦隊#06」
えー、GW中は、ろくにTV見なかったし、
ウェブのニュースもチェックしていなかったので、昨日の夜に知ったのです…曽我町子さんの訃報はorz
女優、曽我町子といえば、特撮を見る人なら知らない人はいない。名前を知らなくとも、一度は見たことがある筈と言う大女優で、アニメではオバQのオバQ、サイボーグ009の007ことグレート・ブリテン(あと、特撮だけどマシンマンのボールボーイとストロンガーのドクターケイト)の声をあて、特撮では
5年3組魔法組(魔女ベルバラ)
電子戦隊デンジマン(ヘドリアン女王)
太陽戦隊サンバルカン(ヘドリアン女王)
時空戦士スピルバン(女王パンドラ)
恐竜戦隊ジュウレンジャー(魔女バンドーラ)
マイティ・モーフィン・パワーレンジャー(魔女リタ:日本語吹き替え版は声も担当)
魔法戦隊マジレンジャー(天空大聖者マジエル)
等を演じていました。
ネットで検索して、私が知らない番組等は省いて(知ってるけれど見てはいない作品多いですが(^_^A)も、これだけ多くの特撮で悪の「女王」や「魔女」を演じて来た訳です。
特筆はジュウレンジャー。実は私はこの時期に特撮離れをしていて、見た事が無いのですが、曽我さんの演じるパンドーラがあまりにも印象が強すぎて、対照的に主役5人が演技のできない新人俳優で薄くなる。だから「曽我さんの役を殺して主役を立たせる」という、作品として「馬鹿」の一言しかでない選択を上層部(脚本とかプロデューサー…井上敏樹も参加していますが、奴ではないでしょう)が決定。
ついに、台本に1行しか台詞が無くなった時に、その1行に喜怒哀楽を全部入れ、間を絶妙に使ったりして「役者の格の違い」を見せ付けて逆に印象を強くさせ、現場の撮影スタッフから絶賛されたと言います。
更に同作品では、呪文を色々と考え抜いて演じていられたようなのですが、中盤の台本で、いきなり「逆さ言葉の呪文」で「逆に読む事で死んだ息子への想いが明らかにされる」とかいう低俗な謎解き(ですらない)に差し替えられそうになって、脚本と大揉めして降板騒ぎまで飛び出したそうです…そんな逆さ言葉の謎解きとかで息子への愛が明らかになっても、視聴者は納得しなかったでしょう(--;
にも拘らず、脚本家は憤慨して撮影現場にまで来たそうです(その脚本家って誰なんだ?(--;)。
ジュウレンジャー見たくなりましたよ(^_^A

それにしても、悪の女王、魔女を演じ続けた曽我さんの最後のTV出演が、「天空大聖者マジエル」という善の側の最高位の存在であった事は印象深いです。
ちなみに、これが遺作と言う訳ではなく、5/26日発売予定のPS2ソフト「宇宙刑事魂」で「暗黒銀河女王」役で出演しており、これが遺作となります…何となく「スカ」っポイ出来のゲームなのですが、「曽我町子の遺作」と言う事で売れそうな予感です(^_^A

> ホスト部
いやぁ、ホスト部のアニメスタッフは、毎回いい仕事しています。
06051106.jpg
このシーンで、「ダメよ、雛ちゃんの事好きになっても」の一言を付け加えただけで、この子と(この子にそんな事言わせた)環のキャラがイキナリ立ってしまったミラクルと言い…
冒頭で「フナの女生徒」を怒らせたのは、シローのせいと言うよりも
06051101.jpg
環の二段階のダメ押しと言った変更によって、環の馬鹿っプリを強調しておき、シローへの説教は漫画版だと半ギレっぽい描かれ方だったのに
06051102.jpg
ちゃんと「説教」と言う形で描かれているために、普段の馬鹿っぽさとの対比で、ひたすらカッコ良い印象になりますΣ(゚ロ゚)
まさに「プロの仕事」で、参考になります。
いやぁ、環は時たま良い事を言って「イイなぁw」と思わせるキャラですが、今回はカッコ良過ぎです(^_^A
06051103.jpg
この人と同一人物とは思えませんw
また、グランドピアノがいきなり登場する事に対するハルヒの突っ込みは…
060511043.jpg
前半で檻が振って来た(原作では誰も突っ込まなかった)事に「ココ音楽室ですよね?」とハルヒに突っ込ませ、
06051104.jpg
れんげ(原作未登場)の登場シーンに対して再び「ココ音楽室ですよね?」とハルヒに突っ込ませて下地を作り、グランドピアノ登場に対する「グランドピアノなんて有りましたっけ?」の突っ込みに、皆が口々に「音楽室だから」と返す。
笑いの基本が出来ています。
また、「シローはやんちゃ系」と言うのを腐女子のれんげに言わせ、
06051105.jpg
特訓をするのもれんげにした事で、よりテンションが高くなっています。
それにしても、れんげの登場も今回で3回目になりますが、「このテンションはどこかで前に見たような…」と前々から思っていましたが、この特訓シーンの「ホイッスルを吹く」と言うウテナ演出で「ウテナの七実」と中の人の演じ方がそっくりだと気付きました(^_^A
おかげで、原作とイメージが少々違いますが、私的には改善ですw
この調子でバンバン出まくってください!

> ガラスの艦隊
ミシェルは、普通なら「行方不明の兄のフリをして男装している妹」といった「お伽草子」の光の様な話になりそうなんだけどなぁ…ホモ肯定のこの作品では、夢のまた夢(^_^A
メイドのミドルネームが「萌」だったり、艦の外壁に無造作に付いた扉から生身で宇宙に出たりしているのに、艦橋のガラスが割れると何故か空気が宇宙に流れ出したりと、今回も「ガラスの艦隊クオリティ」をたっぷり堪能できます。
1146400192574.jpg
宇宙空間で煙が上に立ち昇る作品は、やはり何か違います(^_^A
が、今回の目玉は
114719975786563b0.jpg
ユニクロンに吸い込まれるメガトロン様でしょう。きっとガルバトロンに再生して復活してくれる事でしょう(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

遅ればせばせながら、サイト開設1周年オメデトウゴザイマス☆
しかしヘドリアン女王が亡くなられてたとは知りませんでした。
そんなに詳しくは知らないんですが、ヘドリアン女王の強烈なヴィジュアルは色んな意味で心に焼き付いていますw
僕の友人で子供の頃に見たヘドリアン女王の印象が強烈過ぎて女王フェチになった人がいますが、そいつもさぞ悲しむ事でしょう...orz
偶然今日ゲーム屋で「宇宙刑事魂」のPVを見て気になっていたのですが、ゲームの出来云々より、欲しくなりましたよ...R.I.P
jujun | URL | 2006/05/11/Thu 01:04 [EDIT]
re:jujunさん
> サイト開設1周年オメデトウゴザイマス
ありがとうございますw
これからも宜しくです。

> 子供の頃に見たヘドリアン女王の印象が強烈過ぎて女王フェチになった人
それは凄いですね…高校の頃のバイト先の先輩で、「ポールのミラクル大作戦のキノッピーがトラウマで、キノコ食べられなくなった」という女性が居ましたが、それに近いものが有りますね(^_^A
黒川 | URL | 2006/05/11/Thu 21:23 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。