スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリジンの12巻
・今回のレビュータイトル
 「桜蘭高校ホスト部#07」「ガラスの艦隊#07」
 「ナルト#185」

遅ればせながら、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の12巻読みました。
12巻でミノフスキー博士の亡命と、それを阻止する為にラル、シャア、三連星が小隊を組んで作戦を行うというエピソードが有るのですが…
いやぁ、ここでウチのマスターと意見が真っ二つに分かれました。
私的には、こんな「ジオンの兵はみんなガンダムと戦って敗れました」みたいな展開は「戦争」を描く上でぶち壊し。
これでは「ガンダム一機で戦争に勝てる訳ではない」と言う台詞が、非常に薄っぺらい台詞になってしまいます。
だって今回の、「ラル、シャア、三連星が小隊を組む」という、たったこれだけの話によって、その後別々の道を歩んだ各エースが、何故か全員ガンダムと戦う事になり、結果として「ジオンの名のある兵は、全部ガンダムと戦って負けました」「ジオンはアムロ一人の活躍で倒しました」って話になってしまうのですから。
なまじデギンの「戦争はいかん!例え勝てるにしてもいかん!」とか、政権取れずに没落したジンバ・ラルとか、ジオンの植民地時代の暴動とか、そう言った政治面の話が良く描けていただけに、私としては本当に残念だった訳です。

しかし、ファーストガンダムを全話見ているウチのマスターは、豪華な小隊編成や、自分でも不本意だったガンキャノンが成す術も無く全滅されられたテム・レイの、ガンダムに対する情熱に大満足でした。

思うに、安彦良和は戦争を描く気も政治を描く気も無いのです。キャラを描写するのに戦争や政治が必要だから描いたと言うだけで、キャラを活躍させる事が一番の目的。そして、そう言った所はある意味正しい(どちらかと言うなら脚本、演出家向きだけど)。
安彦良和がキャラ描写の為の道具として使う「政治」や「戦争」の描写が、そこいらの漫画家、アニメーターよりも格段に優れている為、期待すべきでない所に期待して見てしまった。そう言った所に、私の失望は有るのでしょう。
そう言う事を考えると「asahi.com」で12巻のレビューをしていた「ササキバラ・ゴウ」って人は、何をどう見てレビューしているんだかと思わざるを得ません。小一時間問いただしたいです(--;
期待させてはいけない戦争描写に期待させてどうする?
大御所だから褒めると言うなら、別の部分(人間描写)を褒めれば良いのに(--;
多分、「戦争作品」と言うのを漫画かアニメでしか知らないんだろうな、ササキバラ・ゴウ(--;
まぁ、人の好みは色々ですが、私の見たいガンダムは「これ」では無かったと言う事か…人間描写は、素直に面白いですが。

> ホスト部
06051701.jpg
双子のメイドさんがΣ(゚ロ゚)
このメイドさん、何かかなりイイカンジですよ…
11477968827828753.jpg
ハルヒにヒモ水着着せようとする辺りを含めてw
あと、スク水が床にある辺り、スク水も着せようとしたって事だし(^_^A
あらゆる意味でマニアだなメイドさんΣ(=ロ=;
ちなみに、日本語としてはメードなんだよね。メイドは「オタク言葉」の一種であって(^_^A
そして、今回もやってまいりました強力モーター!
06051702.jpg
私的には「プールが二つに割れて出てくる」とかやって欲しかったのですが、その仕掛けは鏡夜に迷惑ですな(^_^A
そして、
1147798347193e4b9.jpg
1147797088612e203.jpg
「おしん」はおろか「伊藤家の食卓」も駄目だったのに、コレはいいのかΣ(=ロ=;
いや、もう、マジでれんげさん暴走しまくりです(^_^A
私には、最早「イイぞれんげ!もっとやれ!」としか、かける言葉がありません(^_^A
そう言えば、ラーゼフォンの映画版だけ見て「いつかTV版見よう!」と心に決めたのに、見てないなぁ(^_^A
そんなれんげが、ハニー先輩の計算を「前回の一件で、ショタキャラの地位を脅かされたハニー先輩が強化策に出た」と断言するのが「なるほど、その介錯はさらに黒いw」とか思ってしまった(^_^A
何かもう、ワンポイントの出番で、メッチャ印象的に決めてきますね、アニメのれんげは(^_^A
114779771814731ce.jpg
ハルヒも強化されているのですが、彼女は原作でもキャラが立っているので、アニメ版れんげのキャラの立ち方に比べると「相対的に薄くなった」気さえしてしまいます…
06051704.jpg
アニメの環も大幅に強化されてるしw
ああ、何かホスト部のアニメは、今やっているアニメの中で1番安心して見られるアニメですよ。

> ガラスの艦隊
うわ… ホモアニメだと思って、王道展開の希望を捨ててたのに…
1147802035719c32e.jpg
何か、普通にミシェルが女だった事が、逆に不意打ちだ(^_^A
まぁ、神聖皇帝陛下は「間違う事なきガチホモ」である事が、今回再確認された訳ですが(--;
そういえば、このアニメは視聴率しだいで、最長1年間やると言う話を聞きました(^_^A
しかし、ヒロインが男装の女の子のギャグアニメと言う全く同じジャンルで、放送時間も3時間しか違わないのに、この作品は安心とは無縁だなぁ(^_^A

> ナルト
この迷走ぶりはどうだろう?次回もギャグ話みたいだし…
葬儀とか「死人が笑う」とか、ミステリー風の予告でミスディレクションしてますが、村の名前が「吉本」だと気付くと、「吉本のお笑いで死人も笑う」って事ね(--;
と、あまりの下らないネタに…orz
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。