スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出典は「あ~る」の8巻
・今回のレビュータイトル
 「ウルトラマンメビウス#07」「ウィッチブレイド#07」
 「土曜プレミアム(ダヴィンチコードミステリースペシャル)」

さて、人間、勉強や仕事がたまりにたまって煮詰まってくると、
しなければいけない事が有るのに、思わずお風呂に入ってしまったり、寝てしまったりします。こーゆーのを逃避行動と言います。
…そんな事を、現在ヤンサンで連載中の「鉄腕バーディー」の主人公に、あやまって金属バットを(メッチャ遠くから)投げつけたアンドロイドも言っておりました(^_^A

私も11話の制作やアニメのレビューが有るのに、11話には関係ない「スキウレをどうやって再現するか?」と言う処理を具体化したりと、馬鹿な事やってます(--;
いや、11話作らなければならないのは分かっているんですが、ふと仕事中に思いついたアイデアをどうしても形にしないとスッキリしなかったので(^_^A

さて、スキウレとはファーストガンダムにおいて(設定として)登場した「MSが接続して使用する浮遊砲座」であり、強力なビーム砲を登載する兵器です。
普通に考えれば「MSに態々操作させなくとも、スキウレに人を乗っけて、そいつらが操作すればいいじゃんΣ(=ロ=;」という身も蓋も無い話で、そうすると形状も「大砲にブースターが付いた様な奴」で良いんですよね…てか、「MsigLoo第一期第一話のⅤ3モドキ(ヨルムンガンド)でイイジャンΣ(=ロ=;」って話なのですが「浮遊砲座」という何かカッコイイ言葉の響きに魅了されて、ホントに実現させてしまったんですね(^_^A

さて、ユニット化するには問題があります。
スキウレは「砲座」であり、基本的に様々なMSに扱えなければ不自然です。例えば「ザクⅡF型(スキウレ搭乗)」とかいうユニットを作った場合、「スキウレを放棄してザクが格闘戦に出る」と言った事が再現できません。
「変形」や「パーツ分離」とかで処理をすると、その場に放置されて、他のユニットが使用できる筈のスキウレが、使用不能どころかマップからいきなり消えてしまいます。
なら「合体」で処理すればいいのか?
確かに、リアルさを追求するとそれが良いのかも知れませんが、かなり多くのMSのデータを弄る事になり、またスキウレのユニットデータにも「膨大な量の合体可能な機体」を書き込まなければなりません(--;
と言う訳で合体も現実的ではない。

そこで私が考えたのが「スキウレ自体のユニットはダミーとして作り、スキウレと隣接する事によって、隣接したMSが(スキウレの)メガ粒子砲を撃てる」と言う処理です。
まず、
① 味方に「スキュウレと隣接した時にだけ表示され、使用可能になる武器」と言うアイテムを装備させておき、
② スキウレに隣接したユニットがメガ粒子砲を撃つ際に「そのユニットが隣接しているのがどのスキウレなのか?」と言った処理をシナリオ上(インクルード上)で行い、
③ 攻撃の後に「スキウレのENを40減らし、それによってスキウレのENが40を下回る場合に、スキウレをスキウレ【ENチャージ中】と言うユニットに変形させる」と言った処理をします。
これによって、スキウレに隣接して攻撃を行っていたユニットは「スキウレと隣接している」と言う条件を満たせなくなり(スキウレがスキウレ【ENチャージ中】と言う別のユニットになった為)、メガ粒子砲を撃てなくなります。
そして、味方ターンの開始時に、「スキウレ【ENチャージ中】のENが40以上に回復している場合に、スキウレ【ENチャージ中】をスキウレに変形させる」と言う処理をする事で、再びユニット側のメガ粒子砲使用条件が満たされて攻撃可能になる。
と、こういうシステムを考えた訳です。
コレにより、ドムだろうがゲルググだろうがスキウレを使用可能となったどころか、戦闘中にスキウレを奪ったGMでさえスキウレによる攻撃を行える訳です。

さて、ここで一つ問題があります。
最近のゲーム的な設定では「スキウレ使用中は鈍足になる」と言う傾向に有るのですが、初期の設定では「移動力も機動性も上昇する」となっています。
私はコレを、「実にナンセンスな設定」として一蹴する事にしました。もしスキウレに乗る事で、MSの(移動力は兎も角)機動性が上昇するなら「MSの意味が全く無い」からです(--;
もしその設定が事実なら、スキウレに直接人を乗せて、MSと砲座として必要な部分を取り除いた機動大砲を最初から設計した方が、余計な荷物がない分機動性は更に向上するでしょうし、推進剤も軽減できるでしょう。
しかし、そんな兵器が有効だとすると「MSの意味がなくなってしまう」と言うガンダムの世界の根底を覆すタブーになるからです。
故にそんな設定は無し。
同資料には「戦争があと3ヶ月長引けば、ペズンで制作していた高性能MSが実戦配備されて連邦は壊滅していた」とか、馬鹿な事描いてある信憑性の無い資料ですし…兵器の優秀さで物資の不測とか、圧倒的な人口の差とかそういった事が山積みに成っていても「戦争に勝てる!」と言い切ってしまうってのは(--;
ジオンは、オデッサで負け、さらにジャブロー攻略も失敗した時点で、どう転んでも負けだって。
まぁ、そう言った「戦争としてではなく、完全にロボットアニメと言う視点で作られた設定も多く存在する」ので、それを無視しないで、自分なりに改変しながら話のエッセンスに加えていくのが、今のシナリオで試みている事です。

…と、タダの現実逃避にもっともらしい理屈をつけて正当化(^_^A
そんな訳で、レビューも土曜分(^_^A

> メビウス
冒頭の「殆どの地球人は反宇宙人感情がある」という地球の現状を、態々ミライに説明しているというのは、「ミライ=ウルトラマン」という事を分かっていないとかなり不自然な台詞なのですが、それまでにも幾つか有りましたし、ミライ本人は上手くごまかせているつもりで「全然ごまかせてないよ(--;」「お前正体隠す気無いだろΣ(=ロ=;」って感じなので、やっぱ正体はバレバレなんだろうなぁ…(--;
きっと、あの説明も「未来をなるべく傷つけないように説明しないと」と言った気遣いがあるのでしょう(^_^A
さて、今回の本題は「惑星規模の食糧難にある宇宙人が、宇宙を放浪中にその食糧事情を解決する手段を発見。母星に帰る途中で宇宙船が故障。大気を吸収して無限に巨大化する非常食を地球に落としてしまう」と言った空想科学の王道話。
「食糧難だから地球人を餌にする」とかでない所が好感が持てます…まぁ、「バイバインでくり饅頭が増え続ける話」を思いおこされますが(^_^A
宇宙船の故障は例のヤプール人モドキ(ボガール)が非常食を食べる為に仕組んだ事とか、ツルギの目的はボガールを倒す事だとかも判明する訳ですが、この話のメインは…
1148114457823.jpg
トリヤマ補佐官の馬鹿っプリ(ほめ言葉)でしょうw
ボガールが非常食を食べてしまえば地球は救われるるけれど、ファントン星の食糧問題解決の為に、それを阻止しつつ大気の無い宇宙に非常食を放り出すという戦闘目的もイイカンジです。
TRPGでも「とりあえず敵を倒せば問題が解決する」と言うシナリオばかりでは飽きますしね(^_^A
ちなみに、最後の「キエテ コシ キレキレテ(ぼく 君 友達)」と言う宇宙後は、タダの良い話系かと思ったら「初代ウルトラマンの第2話」ネタだそうです(^_^A
旧作の怪獣使わずに、完全新作で来たかと思ったら、オールドファン向けのネタはちゃんと仕込んでいるんですね(--;
てか、サドラ以上にわかんないよ…orz
ちなみに、イデ隊員がバルタン星人とコミュニケーションをとる為に使っているそうです(^_^A
次回はエレキングとミクラス…セブン(^_^A
ミクラスはウルトラマンマックスも出てきましたが(そこら辺まではマックス見てた)、メビウス版ミクラスは…
1148115488536.jpg
鼻っ面の黒い模様が犬の鼻の様で、完全に「ダルメシアン的な可愛さ」を狙っていますΣ(゚ロ゚)
そんな手には引っかからないぞ!
でも、仕草が可愛かったら、私はもうダメだ(すでに、狙い通りつられていますな(^_^A)。

> ウィッチブレイド
さて、今回は鷹山局長と玲奈の過去話な訳ですが…
06052001.jpg
なんだか、鷹山が裏切られた(鷹山本人は「別に気にしてない」と言った感じですが、未練アリな感じですね(^_^A)と言った様な説明ですが、「本当は裏切ってなんか無い」とか言うオチが有りそうな感じですね。
「玲奈がウィッチブレイドを装着すれば、楽に切り抜ける事もできただろうに、何故そうしなかったか?」とか
06052002.jpg
「この赤ん坊は梨穂子だよね(^_^A」とか「玲奈と梨穂子の髪の色同じだし親子?」とか「血が繋がっていない事が判明してひと悶着あった後に、たとえ血が繋がっていなくとも親子なんだ…と言う展開?」とか、この過去の一件には色々と有りそうです。
06052003.jpg
暴走した栞が鷹山を殺さなかったのも、玲奈の想い人に興味が有ったからって事で、決して「単純に性欲をもてあましていたから」では無かったと思います…まぁ、快楽の赴くままに行動していた訳だし、性欲は持て余していたでしょうが(^_^A
さて、主人公を全く寄せ付けない強さを見せた栞さんでしたが、
06052004.jpg
最後は体が結晶化し、
06052005.jpg
無造作に袋詰め…哀れだ orz
普通なら「こういう強力な敵は主人公が倒してこそだろうΣ(゚ロ゚)」と言う所ですが、逆に「主人公され歯の立たなかった相手でも、ウィッチブレイド(クローンブレイド)を使う者は、最後には自分の力で自分を滅ぼす」と言った「主人公の末路を案じさせる展開」にもって逝き、更に死体も「ビニール袋に無造作に袋詰め」と言うゴミの様な扱いが、結構シビアで良い演出です。
ただ、やはり戦闘のカタルシスは無かったです(^_^A
主人公が歯が立たないにせよ、歯が立たないなりに、もっとガンガンにやりあって欲しかった(--;
そうそう、
06052006.jpg
この二人を見て玲奈が「あの子が…」と呟いていますが、雅音とは一度面識があるので、明らかに梨穂子に対しての言葉ですよね。
上でも触れていますが、「血が繋がっていない事が判明してショック」と言う題材はやり尽くされているので、分かった瞬間は「血がつながってないから何?」ぐらいアッサリと済ませて、実際には色々と思うことも有るみたいな事を引っ張って描くぐらいでいいと思うなぁ…
と、まだ親子だと決まった訳でもないのに心配したりして(^_^A
この手の話を扱った多くのアニメが「血が繋がってないと分かってショック>猛烈に反発>突然悟る」と言った展開になるのは、後半の盛り上がりの時期で明かされる為、他の展開も絡めていかなければならない為に、尖がった話にして印象付け、描く時間としては短く纏めると言ったテクニックによるものなのですが…
比重として親子の繋がりが大きいこのアニメにおいては(「おっぱい>親子の繋がり(人情話)>謎>ギャグ>戦闘」ぐらいの比率ですよね?)、1クール目ラストの盛り上がりとしてで梨穂子ちゃんにもオープンになるぐらいでいいと思う…何クール有るのかは分かりませんが(^_^A

> 土曜プレミアム
いやぁ、ダヴィンチコードにあやかった「マグダラのマリア=キリストの妻」と言う、非常~に良くある極端な仮説と、キリスト教系の秘密結社であればみんな持ってる(とまで言うと言い過ぎだけど)聖杯をネタにした番組。
映像の説得力ってモンが有るし、小さい子だって見れるんだから「コレは滅茶苦茶沢山有る説を、番組の都合が良い解釈で結びつけて放送しているので、他にも色々と説があるんですよ」と言う説明は必要だと思うのだが(--;
キリストの弟子がマグダラのマリアを排除する為に貶めたのは事実として、「娼婦でなかったら奥さん」と言うのも両極端な話では有る。
まぁ、「奥さんでもない人と何人も関係しました」とも、流石に言えないからなんだろうけど(^_^A
大体、キリスト教の発祥なんて「死んだ英雄だけが良い英雄」と言う言葉の見本の様なモノなんだし、だからこそ奇跡という勿体付けた演出をする必要がある。
そう言ったタブーに「キリスト教徒から大してクレームが出ないやり方」で触れた事には評価できますが(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。