スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11話、ほぼ完成
・今回のレビュータイトル
 「リングにかけろ1 ~日米決戦編~#10」
11話のバグも(とりあえず)取り除き、バランス取りも終了して、ほぼ完成です!
パイロットクラスや技能習得の実装にあたって、バグが色々と有ったし、実はまだちょっと不安なのですが…(^_^A
まぁ、昨夜「リングにかけろ」を生で見てしまうぐらいまでかけて、がんばった甲斐は有りました。
でも、バクシンガーの31、32話見逃したけどね…orz
あとは、とりあえず2つのルートのセーブデータから、11話を通してプレイしてバグが出なければアップと言う所なのですが…
気力尽きたので、アップは明日の朝以後にさせていただきます(^_^A
終了時のコントも、新しいの作らないとだし(--;

で、31、32話を見逃したバクシンガー。

29話
徳川慶喜が好戦的だったり、鳥羽伏見の戦い(アルテミスの首飾りを片付けただけで、惑星上での戦闘が終わってなかった)で圧倒的優勢で勝ち続けたりと「え?幕府が勝つの?」って感じだった訳ですが、朝廷の働きかけによって大阪で勝海舟と西郷隆盛の密談がw
しかも、その場を提供しているのは、土方とロマンスが有った商人の娘の父親。密談の内容は、江戸幕府が戦争を平和裏に治める為に、主戦派の徳川慶喜を切り捨てると言うもの。
戦争は武器だけで決するのではないとか、戦争が早く終わらなければ市民に被害がと言った戦争の描き方は非常に好きな部分。特に戦争を決するのは武器では無いという部分は、はるか昔のスパロボでできた事なのに、何故SEEDで出来なかったんだろう?
本当に竹Pにとっての戦争なんて「戦争=虐殺」程度の認識なんだなぁ(^_^A
まぁ、はるか昔のスパロボの方が、そこら辺が描けてるのは、スタッフの中に戦争経験者とか戦後経験者が居るからなんだろうけど。
この密談によって幕府軍の中に離反者が現れて総崩れ。
あと、鳥羽伏見なだけに井上源三郎も死亡…かと思ったら単に負傷しただけ(^_^A

30話
冒頭で、徳川慶喜を切り捨てる幕府側の苦悩も語られていますねぇ。「世が平和ならば…」で許される事では無いと。
許される事では無いとしても、それでも民衆の平和の為にと言うのは賛否両論でしょうが、私は良い話だと思います。脇役はこういった主人公に出来ない事をやる為にいると思うし。
しかし、「私は大阪の治安を守るのが役目であって、慶喜を討てと言う命令は受けていない!」と逃げる慶喜を見逃したりとかは、単に戦乱の火種を見逃しているだけで、どっち付かずでは(^_^A
煮え切らない辺りが人間的で、人物自身には好感が持てるんだけど。
王政復古は鳥羽伏見の原因でもある為、26話のアレがバクシンガーにおける王政復古だと思っていましたが、ちゃんと王政復古はありました。
しかも、死に体の徳川慶喜への追い討ちとしてw
そして、鳥羽伏見での戦況と総将軍職を解任を突きつけて、これ以上の戦闘を中止して降伏を迫る西郷。普通に考えれば、これ以上戦っても無駄に死ぬ人間を増やし、諸外国の脅威が有ると言う時期に日本の国力を衰退化させ、国益を損なう事になる愚行な訳ですが、史実でもそうだった様に誰もが全体を見据えてモノを考えたり、「合理的だから」と新体制に大人しく従える訳ではなく、降伏ではなく撤退して戦力を整える脱出戦を選択します。
旧体制への忠義を貫いて滅んでいく、新撰組のカタストロフが始まってますねぇw
こういった「滅びの美学」といったものが新撰組を語るには欠かせないなぁ…
そして「戦いは決したから深追いするな」と言う西郷の制止を振り切って「私は政治屋ではない!」と逃げる新撰組を追いかける桂小五郎…言っちゃったΣ(=ロ=;
桂小五郎って、確かに(策略家、陰謀家であって)政治家って感じじゃないけど、ここまで桂を「テロリスト」として扱った作品も珍しいw
そして、また井上が負傷! てか、前回負傷したのに、全くピンピンして出てきて、また怪我したよ(^_^A
山崎烝の様に、戦場では死なずに戦傷が元で後に死亡というパターン?
てか、山崎はバクシンガーには居ないんだなぁ…スリーJと言うオリキャラと「諜報方」というポジションで被るから orz

> リングにかけろ
原作からの超々アレンジで、数ページで倒した相手を2週、3週かけて戦ってきた日米決戦編ですがついに剣崎戦。
原作でローリングサンダー1発だった志那虎戦も、敵は原作よりもパワーアップ&人質ネタで2週やってたし、原作で必殺ブローでも無いただのワンパンでやられた剣崎の対戦相手である「KKK団のボス」も2週やるのかと思えば…
1149846442791abe4.jpg
やっぱりワンパンでしたw
てか、すれ違った瞬間にKKKのボスが消えて、次の瞬間、星条旗に包まれて天井から落ちてきましたw
開始1秒、TKO勝ち(^_^A
生きてんのかなぁ?
そもそも、コイツの場合は「KKKの連中は気に食わないけど、直接手を出すと黒人全体がやばいから、日本Jr使って公開処刑」みたいなシャフトの思惑ぷんぷんでしたからねぇ(--;
そのワンパンで勝つ試合を30分やる為に、引っ張る引っ張るw
剣崎のギャラクティカマグナム(この時点では未完成もいい所だし、左だからファントムか)は「素手で原子核反応を引き起こすパンチ」の様です(^_^A
いやもう「クロス付けていないゴールド聖闘士と互角なのでは?」とか「リングにかけろ2で、1のキャラの肉体がボロボロなのは、剣崎がパンチ放つ際に、リングサイドと言う極めて近い位置に居て、放射線を浴びまくっていたからだったのかΣ(゚ロ゚)」とか、突込み所が絞りきれません(^_^A
いやぁ、オバカッチョで良いなぁw
いっそ、ギリシャ12神編で「ギリシャJrは、実は聖闘士」とかいうトンでも設定こないかなぁ…だって、原作面白く無いんだもん(^_^A
その後の阿修羅も(--;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。