スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが君の響鬼!
・今回のレビュータイトル
 「サヴァイヴ#41&42」「IGPX#16」「奇跡体験アンビリバボー」(追加)
響鬼の後半路線変更には色々と思うものがあったのですが、
そう言ったものは私だけではない様で、ネットで面白いものを見つけました。
「仮面ライダー響鬼~オロチ決死戦~」
全19ページの漫画で、縮小されている為に絵や文字が潰れている所も有るのですが、「何故、関東10鬼勢揃いが無いんだ!」という私の声を聞き届けてくれた様な漫画…てか、普通はそうやって盛り上げるのが定石だろうと敏樹に言ってやりたい(^_^A
引退した吹雪鬼さんが超カッコ良く駆けつけたり、裁鬼さんが弦の鬼の頭として「閻魔裁き・極み」を決めるシーンなんて涙無しには読めません(^_^A
そりゃぁ、蛮鬼さん(裁鬼の元弟子)も「裁鬼さん… 倒れても倒れても立ち上がる…その背中忘れないです…」と仮面の下で泣くよw
裁鬼さんで忘れてはならないのが「仮面ライダー裁鬼最終回」
こっちは完全にパロディですが、裁鬼さんのサポーター石割くんの「ごめんよ。今までサバキさんのことずっとヘタレだと思ってた。でも、今日のサバキさんはどの鬼よりもかっこいいよ!ぼくサバキさんについてきてよかった!」という涙無しには読めない台詞と、真の敵である謎の鬼トシキ(敏樹じゃないです、徒死鬼です)など、こっちも凄いです。
ロビンマスクとウォーズマンだし(^_^A
個人のサイトなので、一応リンクは貼りませんが「仮面ライダー響鬼~オロチ決死戦~」の方はMSNで検索しても、最終的に読める筈ですし、「仮面ライダー裁鬼最終回」はMSN以外で検索すれば、一発で行ける筈です。
是非ともご覧になってください!

> サヴァイヴ (BGM 我が名はブレイン(作詞:石森章太郎、作・編曲:渡辺宙明))
さて、41話は「今までアダムの種族は他の星から来たものだとばかり思っていたけれども、どうやらこの星に元々アダムたちの種族が住んでいたのではないか?」そう言った事の前フリの話ですが、41話のAパートはテンポがちょっと悪いんですよね…42話で次々と新事実が出てくるのに比べると、もう少しこの前フリで事前に情報を得ていても良かった気がします。
例えば、機械との戦いの痕跡、兵器と思われるものが街中に残っているなど「一体この星の文明に何があったんだろう?」的なフリが欲しい気がします。
そんなAパートの個人的な見所は、ハワードのヘタレ振りでしょうか(^_^A
勿論、Bパート最大の見所は
06020901.jpg

カオルの大活躍ですw
しかし、大活躍はいいのですが、
06020902.jpg

カオルさんジャンプしすぎです。完全に世界観間違ってます(^_^A
黒曜石のナイフで警備用ドローンや次の話のドロイドを倒していくカオルさんに、違和感を覚えたものです…まぁ、カッコ良いから良いですが(^_^A
それにしても、このドローンは、発射するビームを「オリオン号狙う時」「人間狙う時」「カードや石を狙う時」で出力を調節しているらしく、明らかに破壊力が違っています。最低限のエネルギーで目標を破壊するって事だと思うのですが、何気に高性能です。
そして42話、サヴァイヴによってこの星に起きた出来事が語られますが、惑星の環境回復を命じられたコンピューターは、すべからく人間を滅ぼそうとするものですね(^_^A
この作品のサヴァイヴしかり、Gガンダムのデビルガンダムしかり、大鉄人17のブレインしかり。私が覚えている作品のラスボスだけでコレだけ存在しているので、ラスボスで無いマイナーなのも含めたら、こういったテーマはいくらでも有るのでしょう。
そして、環境に対する意見はシンゴ、カオル、メノリ、ハワードの意見が現実です。このままでは自然環境に悪いと思っていても、目の前の生活の方が大問題。そもそも「自然を大切に」と言う人の言っている自然だって、人間に都合の良い自然である訳だし。
しかし、人間に都合の良い物である事が大前提であったとしても、環境を守りながら自然と共存していくと言う事も考えていかないと、結局は人間にとって都合の悪い事になるから、コレも考えていかなければならない。
ベルやルナが、ハワードたちの意見が正しいと認められない理由は「そんな人間に都合の良い自然さえ破壊してしまい、人が住めなくなった地球の変わりに、惑星開発をしていた親の背中を見ているから」で、ハワード達の意見は、そんな人達の作ったコロニーに、考え無しに住んでいると言ったように聞こえるんでしょうねぇ。
ところで、本放送時はスルーしてましたが、この回でサヴァイヴがルナに不思議な力が有る事をちゃんと言っていますね(^_^A
本放送時には、ドロイドに干渉しようとしたのはナノマシンの能力だと思っていたので、スルーしてましたが…ナノマシンでは制御できないドロイドをルナの不思議な力(ルナ自身はナノマシンの力のつもり)で制御しようとしたので、サヴァイヴが驚いていたのね…(^_^A
二回見ないと分からない複線だ…orz
サヴァイヴには、是非「♪計算するっ!ZUN.ZUN.ZUN.ZUN!(計算計算計算…)」と「我が名はブレイン」を「我が名はサヴァイヴ」と歌詞を替えて歌ってほしいものです。
「♪海を綺麗に~ 空気を綺麗に~ 汚い生き物人間どもを 掃除せ~よ~」とか「♪地球を守る~ 宇宙を守る~ 邪魔する生き物人間どもは 皆ゴロ~シ~!」など、石ノ森先生の作品のテーマが歌詞にまで出ていて、かなり好きです。てか、PC内に昔の特撮の曲は結構入っているので、今エンドレスで流してます。IGPX書く時は、GIPXのOpを流しますがw

> IGPX
Ⅰ・G・PX! ってな訳で…ますますサイバーフォーミュラ11!Σ(゚ロ゚)
ホワイトスノーの女性陣はエイミーに心理戦を仕掛けてますが…その作戦は効果覿面過ぎ!Σ(=ロ=;
インド人が本当に黒く見えてしまった(^_^A
しかし、リズの事で沈んでたエイミーを復活させるのもリズ。立ち直り早すぎて、彼女の中のリズの存在の大きさと言うか、本当に「仲間」として大切なのか、それ以上のものが有るのかとか、本気で心配になりますわ(--;
06020903.jpg

06020904.jpg

ルカが鳴かなかったら、絶対くっついてましたよ?Σ(=ロ=;
そんな、ラブラブなリズとエイミー(違うΣ(=ロ=;)を尻目に、タケシはフォンティーヌとすれ違いまくりです…破局フラグとかいう奴か?
それにしても、タケシをどうしたいのか悩むなぁ…リズに一言言われて、タケシが持ち直すのかと思ったら、作戦を読まれてまたしても暗黒面に…作戦が知られている事を不審に思って欲しいものです…タケシ以外も(^_^A
どうやら、リズがタケシに一言言うのは「リズさん、マジ男前!」ってイベントだったようです。
やっぱり、タケシはしばらくこの路線のようです…本当に主人公に魅力が足りないアニメだ(--;
とりあえず、リズが主人公でいい様な気がしてきた(^_^A

> アンビリバボー
いやぁ「宗教と言うのは、それが良かれ悪しかれ狂気を孕んでいる」実に乱暴な考え方ですが、それが私の持論です。このウエストメンフィスの事件はその極端な例ですね(^_^A
私がデザインしたTRPGのシステムでは、アライメント(キャラクターの性格の属性)のルールを採用していますが「ある集団にとっての正義は、それに属さない者にとっての悪にもなり得る」という事を意識し、D&DやADDのアライメントとは異なるものになっています。
この事件が良い例であり、仮に、真犯人が被害者の父親だとしても、ウエストメンフィスでは、ダミアン達の方が圧倒的に「悪」であると言えるでしょう。犯人だから捕まっているのではなく、「悪」だから捕まっている。だから、無罪であっても一生檻の中でしょうね。
価値観や認識の違いですが、極端な価値観は狂気と言えます(反日だの嫌韓だのも)。そして、宗教はそう言った極端な人を作り易い。
勿論、狂気を孕んでいようと、その価値観が私と似通っているなら、全く問題無いと思っていますが。
私は無神論者ですが、宗教を信じる人達の間の中だけには、確かに神がいると思っていますし、そう言った神を信じる人達の繋がりによる「精神的な豊かさ」がその人個人や、周りの人に良い影響を与える事も事実だと思っています。
存在しないものを信じているので狂気には違いありませんが、周りに迷惑がかからないのなら、確実に良い事で有ると言えます。
人間、何かしら狂気を孕んで生きている訳だし、宗教が特別悪い訳でもない。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

今週のハワードが、以前言っていた最大の見せ場ですか?(笑)2回目で気づきましたが、しっかり「ヘタレ」宣告されてたんですね(笑)
そして、コーディ並みのカオルの戦闘力w ベルもルナを守るためにはりきってますが、カオルの能力には敵いません(笑)

>ルナの不思議な力
ドロイドが出てきた回を、本放送でちょうど見逃してたみたいで初めて観ましたが、ドロイドがロボット兵のように見えました(笑)そして、そのドロイドに不思議な力で話しかけて止めさせようとするルナは、シータに見えた(←もはや重症だ笑)
ルナは最後には宇宙に飛んでいきますしね、明らかにナノマシン以上の能力がありますよね。

>IGPX
タケシの立ち位置が2NDに入っても未だに明確じゃないってどうなんでしょうね?(OPとか変わらないのかな…)そんなタケシに振り回されるリズは、あまりに不憫だ…orz
紅桃 | URL | 2006/02/09/Thu 21:21 [EDIT]
RE:紅桃さん
うおぅ!アンビリのレビュー追加して、紅桃さんのブログにコメント書いてから自分のブログのコメントを確認したら紅桃さんのコメントがΣ(゚ロ゚)

>ハワード最大の見せ場
いえいえ、先週の時点で「再来週」だった訳で、つまり来週…もっと言うと43話です。
ぶっちゃけ「ルナを助けに嵐の海に飛び込もうとするベルの事は止めたのに、自分も同じ様な状況で同じ事をする」です(^_^A
あそこはもう「ハワードなのにカッコ良いΣ(゚ロ゚)」ですからw

>IGPX
いやぁ、もう本当にリズはイイキャラです。今回、リズは精神的に強いと言うか、心の迷いみたいなのは吹っ切れたといった展開なので(詳しくは放送で見て欲しいのですが)、今後、孤児院ネタが尾を引くかもしれませんが、あとはタケシなんですけどねぇ…
黒川 | URL | 2006/02/09/Thu 21:54 [EDIT]
初めまして
初めまして黒川さん。某掲示板ではお世話になりましたm(__)m
アンビリーバボーの部分の解説。勉強になります。そして黒川さんが「狂気」と捕らえられている部分の所は、宗教に心の基本を求める者と、現代の科学中心の考えに心の基本を求める者との認識の違いでは無いだろうかと思いました。
この違いは、宗教を忘れてしまった現代の日本人には簡単に理解できると思います。宗教にすがる人を見たときに、日本人の大半はどう感じるでしょうか…その感覚の源泉こそ、現代における基本的な発想であり、思考原理なのではないでしょうか(この原理も、健全なものではありませんが)。
まぁ宗教に限らず「自分の正しさを確信するなど、まさに狂気以外のなにものでもない」と、私は考えています。それは私が「この世に正しいものなど、何一つ存在しない。よりマシなものがあるだけ。そしてマシなものとは、良いものであるとは限らない」と思っているからかもしれませんが(笑)
っと、初めてカキコするのに長々と書いてしまい申し訳ありません。黒川さんの紹介するアニメ等興味をそそられる書き方なので、見たくて見たくてウズウズしてきたのでダッシュでビデオ屋に走ってきます(笑)
黒姫(炒飯@ザラ派) | URL | 2006/02/10/Fri 00:45 [EDIT]
RE:黒姫さん
初めましてなんてとんでもない!お久しぶりっすw
紅桃さんのブログではお見かけしてましたが、直接は本当に久しぶりですねw

>宗教
良い事もあるし、良い人達も多いのですが、根本的な部分が自分と相反する所があるので、宗教を信じている人は受け入れる事ができても、宗教自体は受け入れられないんですよね、私の場合(^_^A
重ねて言いますが、恋愛やアニメ、ゲーム等も含めて、一つの事に熱中しすぎる事は狂気である訳ですから、宗教だけが悪い訳ではありませんが。

>ビデオ屋にダッシュ
まじっすかw
何か見たら、またコメント欲しいですw
黒川 | URL | 2006/02/10/Fri 20:33 [EDIT]
>うぉぅ!
うわぁおぅ!(笑)なんたる偶然w

>ハワード最大の見せ場
あ、そっちの方でしたか(笑)てっきり「ヘタレ」なハワードが最大に魅力的な場、ってことかと思ってました(ハワードごめん笑)

>IGPX
って、キャラの掘り下げが微妙に感じるんですよね…。
タケシなんて、未だになんであんなに強いのか、なんであんなにモテるのか(笑)、なに考えてるのか、とかわかりません。カニンガムとの絡みももっとやって欲しいんですけどね~。もしリズがいなかったら、このアニメおそらく締まらないですよ(笑)
紅桃 | URL | 2006/02/11/Sat 02:37 [EDIT]
RE:紅桃さん
>ハワード
あ~確かにヘタレキャラは好きなのですが、どちらかと言うとヘタレが、自分の中にある欠片みたいな勇気を振り絞って行動するのが好きだったりしますw

>タケシ
彼は「掴み所が無い、達観した人物」では無く、「不思議君」ですからねぇ…前者であれば主人公として魅力的なのですが、後者なのでおよそ主人公向きのキャラではないという…(--;
黒川 | URL | 2006/02/11/Sat 15:16 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。