スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラ人気投票
・今回のレビュータイトル
 「ガラスの艦隊#12」「蛙男劇場#01」
 「どっちの料理ショー」(追加)

この間、ウチのサイトで公開しているSRCシナリオのキャラ人気投票を開始しました。
投票数が少ないので何とも言えませんが…ギャブレットが意外に人気あるよ?Σ(゚ロ゚)
そして、ビアンカさんダントツだよΣ(=ロ=;
ちらほらそういう声は上がっていましたが、本当に人気あったんだなぁ…1周年記念のTOP絵は彼女で正解だったわ(^_^A
もう一方のヒロイン、アリスとの差が、メチャクチャ開いてます(^_^A

前半の戦闘はほぼ完成したし、やはり構想通りに、以前ネタにした「ギャンの謎」を絡めた彼女の戦闘を、12話のメインに持って来るでいいな(^_^A

しかし、ブライアンは兎も角(酷ッΣ(=ロ=;)、クリス(クリストファ=ラング)人気無いなぁw
彼は、主人公サイドの中では唯一と言って良い「戦争の中でも平和な時の感性を維持し続けているキャラ」であり、普通だと一番共感しやすい筈なのですが、やはり「女装癖(別にゲイではない)」と言うハードルが高すぎるよな。
でも、この女装癖は原作となったTRPGのプレイそのままなので、そこは仕方が無い部分(^_^A
ちなみに敵側の「平和な時の感性を持ち続けているキャラ」の代表的存在はミシェル(キラっぽい方)とジャン(デブ)で、他は全員どこか割り切ってますね。
彼らも、相手がMSだから戦えるのであって、生身の人間に向けた引き金を冷静な判断で引く事はできないキャラです(当然クリスも)。
そういった人間的なキャラがいた方が、話のアクセントになりますし、いきなり戦争に放り込まれたら、かなり多くの人はクリス達の様になる筈です。
勿論、彼らはいきなり戦争に巻き込まれたのではなく、僅かな期間とは言え、軍人として訓練を受けた人間なので、少数派に位置する訳ですが。
と、クリスを持ち上げておきながら、12話から始まるオデッサ編の主役の一人は、彼ではなくラディッシュなんですけどね…12話では殆ど活躍しませんが(^_^A

> ガラスの艦隊
スゴイです。
ネタアニメとして見所が有ると思っていましたが、1クール目終了の盛り上がりが半端じゃなかったですw
06062001.jpg
特にヘタレめがねが良い働きw
なんだ、やればできる子なんじゃないかΣ(゚ロ゚)
06062002.jpg
この対決の訳の分からなさも、逆にイイですね(ネタとして)。
そして、1クール目のオチとして
06062003.jpg
「神聖皇帝(ガチホモ)大勝利!」と言う構図は話的にも良いです。
まさか、ネタアニメの続きがこんなに気になってしまうとはw

> 蛙男劇場
115047137040241ee.jpg
NEWS23内で放映された「蛙男劇場」が、蛙男さんのHPで視聴可能になりました!
コレで関西圏や北海道の人も蛙男劇場が見れるって事ですw
ちなみに、基本的に関東ローカルと言う事だったのですが、北海道とネット局の無い福井、秋田、それと自社の番組に変わる大阪毎日放送以外では放送されたそうです。
同じページ内にある菅井君の7話や墳丘墓サラリーマンダニエルの3話と4話を見ておくと、小ネタが完全に理解できると思います。
さて内容ですが、NEWS23で使用する事を考えて時事ネタを盛り込んでいますねぇ…しかしギヒルズかw

> どっちの料理ショー
いや、ヨロイヅカの敗因は、あれだけ温度差温度差言っておきながら、「冷たいものだけでは舌が疲れる(一番暖かいのが「冷やしたコンポート」)」という、食べる側が1皿食べきる事考えてない「食いやがれ」的な独り善がりにもあると思うよ?(--;
あと、桃の一番上手い食べ方は、丸ごとのままの桃を表面の毛が無くなってツルツルになるまで、素手で水洗いして、皮ごと丸ごとかぶりつくのが一番です。それに近い状態で食べれるのが「桃の湯むき」ですが、そっちは(手間かけても、ちゃんと食べようと思ったら)普通に皆やってる事だと思ってたけど…案外知名度低い?
ちなみに、皮ごと丸かじりは、食う事に関しては拘りを持つ私が、自信を持ってお勧めできます。水場で桃を洗ったその場でかぶりつけば、汁が垂れても気にならないしw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

おおぉ!!
>蛙男商会
早速見ました!面白い!
いい情報ありがとうございます☆
ホント時事ネタですねw
六本ギヒルズw(TBSだからか??)
>菅井君と家族石
これ僕の大好きな黒人グループSLY&THE FAMILYSTONEのインスパイアじゃないですかw
てかじいちゃんレイ・チャールズw
「鷹の爪」しか見てなかったので後でじっくり見ようと思います。。。
jujun | URL | 2006/06/23/Fri 03:44 [EDIT]
re:jujunさん
蛙男さんの作品はホント面白いのが多いんですよねぇ…「そう来たか!?Σ(゚ロ゚)」的な発想がスゴイと言うか。
私は「菅井君と家族石」で蛙男さんの作品を知る事になったのですが(私が菅井家を知った頃には、すでに企画はコフィーの準備段階(当然地上波ではなくネット上の)に入っていましたが)、良い感じに毒があるのがスパイスになってるんですよねぇ~w

> 海外アーティストからのインスパイア
こういう使われ方は珍しいですが、好きな作家先生はドンドン海外アーティスト関係からのインスパイアを使ってきますからねw
少年誌だと「バスタード(古っΣ(゚ロ゚))」がモロだったし、少女マンガだと(私が好きなのは)成田美名子とか。
あまり関係ないかもしれませんが、最近「ロックフジヤマ」と言う深夜番組でマーティー・フリードマンが「非常に面白いキャラ」を披露してくれていて、「最初にメガデス聞いてた頃には、こんな人だなんて想像もできなかったなぁ(--;」と毎週楽しみですw
ギャオでも放送してたな?
黒川 | URL | 2006/06/23/Fri 20:17 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。