スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本のドイツW杯とバクシンガーの最後
・今回のレビュータイトル
 「ウイッチブレイドDVD #1/#2」
1-4か…思ったよりは日本頑張った…かな(^_^A
前半は非常に良い展開でした。明らかにブラジルの動きが悪いのですが、日本の動きも今までの2試合とは比較にならない程に良い!
そして、何と玉田のシュートで先制点!Σ(゚ロ゚)
川口も「神・光臨!」みたいなセーブを連発します!
そしてロスタイム1分まで、何と1-0で勝っていました!
「えっ?まさか3点差は無理でも、2点差はいけるのか?」とか思ったり、(途中まで)クロアチアが勝ってたしして、ほんのチョットだけ夢を見ました。良い夢を見せてくれてありがとうw

そして、前半戦のロスタイム1分。
コーナーキックからロナウドのヘディングでブラジル逆転!Σ(゚ロ゚)
川口のミスと言うよりロナウドに全く反応して無いDFの責任だと思いますね。
つうか、(ブラジルが全く本調子でないにしろ)DFもそれまで良い動きをしていたので、このロスタイムでの同点が残念で仕方がありません。やはり日本代表の弱点は精神面なのかと(--;

後半は後半開始からブラジルの2点目、3点目を取るまでの僅かな間だけブラジルらしさが出ましたねぇw
いやぁ、良いプレーを見せてもらいました。てかブラジルは「本調子じゃない」というより「本気じゃない」だった?(^_^A
しかし、「こうなりゃブラジル視点で楽しむかw」と思った瞬間にちんたらしだすからなぁ(--;
やっぱ「ジーコさん相手に本気だせねぇ」って事ですか(^_^A
交代したばかりの高原が1分前後プレーしただけで
1151012988170.jpg
「壮絶な自爆」をやらかしてタンカで運ばれていった様は「お前何しに出てきたんだΣ(=ロ=;」と。一応、交代で入ってから次の交代で変えられるまで6分は居た記録ですが、その内の5分は転がって足押さえてたり、治療を受けていた時間だからなぁ(--;
相手との接触でとかじゃなく、転んだ時に膝から地面にコケて、皿をやっちゃったみたいな、本当に「お前ナニしてんの?(--;」という感じの怪我の仕方…orz
「駄目なヤツは何をやっても駄目だ!(byフィリップ)」
そんなこんなで、望みの消えた日本代表にやる気ないプレーが目立つようになってきて4点目…ホント、技術やチームプレー以前に、メンタル面が全然なってない感じします(--;
そんな日本を相手に、ついにブラジルは「GKの交代」とか遊びだす始末…orz

そして試合終了。
1151009777119.jpg
試合後、グラウンドに倒れて泣く中田が印象的でしたが、他の選手も非常に沈痛な面持ち。
Wカップ終わったと言う事より「ブラジルに本気を出されたら、日本は全く相手にならない」と言う事を思い知らされて泣いた感じでしたねぇ…
いや、前半戦の最初の内は「調子が悪いブラジル相手なら、日本もここまでできるのか?」と私も思ったし、ピッチ上の選手も思わされていたと思います。それだけに「前半は、本気じゃなかったんだよ~。でも、その後ムキになって大人気無くてゴメンネ!3点目入った後、我に返って『流石に大人気なかったなぁ~』って思ったよ。マジでゴメンネ!」みたいなブラジルのプレーを見るとねぇ…もう、すべてに無気力になりますわ(--;
玉田のコメントも「(自分が点取った事で、遊んでたブラジルを)本気にさせちゃったかな」でしたし、やっぱ「調子が悪かったんじゃなく、自分達は本気で相手にされてなかっただけ」と言う負け方はショックでしょうね。
正直「あそこはこうしていれば…」とか考えるよりも「ただショックを受けた」と言うのが感想。だって、「どんな事しても、今のブラジル代表が本気だしたら、今の日本代表では相手にならないんだな」って実力の差を見せ付けられちゃいましたからね(--;
中田は、選手ではなくコーチとして後進の指導に当たるとか、そう言った方向で日本代表に関わる方がいいよ。自身もW杯後の引退を考えていたんだし、間違っても(肉体的に落ち目なのに)4年後も選手で居ようとかは思わない方がいい。

ちなみに、クロアチアVSオーストラリアの方がスゲェ面白かったそうです。
点を取られては取り返し、両陣営とも選手が退場で減っていくと言う壮絶な試合w
終いにはオーストラリア10人vsクロアチア9人になってたそうな(^_^A
それにしても、もう何度も書く事ですが、韓国代表監督してた時からスゴイなぁと思っていたけど、ヒディング監督って本当にスゴイ監督だったんだなぁ(^_^A
それに比べて、やはりジーコの何が問題かと言えば、戦術云々よりも練習がオーバーワーク気味だったのが一番かなと、個人的には思いますね…まぁ、日本代表の仕上がりを見たら「何かしなければ!」と言う焦りも分かりますが(中田も「練習しかない」みたいな事を言ってるし)、ガムシャラに練習するだけでも駄目だなぁと(--;

そんな訳で、日本のドイツワールドカップは終わりました。
「今日敗退したのではなく、オーストラリア戦に負けた時に、すでに限りなく敗退に近い状態だった」と言うジーコのコメントは、奇しくも私のオーストラリア戦後のコメントと重なる所がありますね(--;
しかし、3点差と言う惨敗に「ブラジルから1点とって(試合は負けて)、1点取った事で感動ムードに纏めようとするマスコミ報道が今から見えるなぁ…」って方の予想は、チョット外れ(ブラジルの無失点記録を持ち出して、そう言っている所も有るけど)(^_^A
そんな訳で日本代表の挑戦は終わりました。
しかし…
1151009600917.jpg
って訳で、後は日本代表を気にしなくて良くなったし、普通に世界レベルの質の高い試合を見るかw
あと、日本代表のプレーに怒りを覚える方も居るかもしれませんし、日本に戻ってきた選手に、叱咤や罵声は別に良いですが、何か投げ付けたりとかは無しにしましょう。
で、21時現在のギャオの投票
06062204.jpg
私も川口に入れたクチですが、サントス評価低~っΣ(゚ロ゚)



で、バクシンガーの37話~最終話

37話
近藤が死ぬ話。
前回の一件で、これ以上この場に留まって戦えば、民衆に被害が及ぶ事を、立場は違うものの近藤も西郷、桂らも感じていた所に、ヌビア(「ブライガー」のラスボス、カーメンカーメンの子孫の一派)も武装蜂起を始めます。
奇しくも、同じ理由でカーメンカーメンの子孫(沖田そっくりで、声優も同じ(カーメンカーメンとも))に会見を求めた近藤と西郷は、旧幕府軍はこの地を離れて蝦夷まで撤退(って訳で、この場所はまだ蝦夷じゃなく北陸と言った所でした)、薩長軍はそれを静観と言う方向で話が進む訳ですが、土佐が朝廷の命で独自に動き、それを一人察知した近藤は、新しいバクシンガーに一人で乗り込んで土佐の艦隊相手に大暴れ>最後は自爆で艦隊を壊滅させ、撤退を成功させて死んでゆきます。

38話
原田左之助と武市半平太が死ぬ話。
前半は近藤志望の後処理(近藤の遺言や、隊士および敵の動向)に費やされています。ビデオの中の近藤の「笑って送り出してくれ、俺も笑って死んで逝く」は、実にカッコ良かったです。
そして、五稜郭に逃げ込んだ新撰組に「新天地蝦夷での国づくり」を熱く語る榎本武揚と、「戦闘しか知ない我々が、新しい夢の建設に貢献できるなら」と榎本の夢に興味を持つ土方を見て、今年のNHK新春ドラマ「土方歳三最後の一日」を思い出しましたw
そして、原田左之助は蝦夷の地を山南敬助の妹と回っている途中で、蝦夷地に潜入していた武市半平太の部下にメッタ刺しにされて死亡。そして武市半平太も、駆けつけた沖田に斬られて死亡。
それにしても可愛そうなのは山南の妹だよ(兄が目の前で殺されて、今度は恋人が目の前で殺される)。

39話(最終話)
冒頭で近藤や原田の幽霊(?)が出て来たりするのですが、それ以上に山南さんの妹のつわりに驚いたΣ(=ロ=;
原田…やる事はやってたんだなぁ(^_^A
まぁ、史実だと妻子持ちだしな…バクシンガーだと結婚どころか…ですが(^_^A
そして、いよいよ最後という際に、土方は榎本に何が何でも生き延びる様に言って、これからの太陽系を任せるあたり「実は三谷幸喜はバクシンガー見てたとか?(^_^A」って程「土方歳三最後の一日」っぽかったりします。
さて、それに引き換え、榎本によってすっかり脇役に追いやられた徳川慶喜は、敵にやられるとかで無く、敵の流した偽情報で機雷原に突っ込んで爆死と言う地味~な最後(--;
後はもうどんどん死んで逝く(^_^A
沖田とヒロインなんかは何の見せ場も無くあっけなく死ぬし、土方は最後の最後「桂小五郎を轢き殺した」直後に、名も無いヤツにやられて死亡。さらに、例の大阪商人の娘が五稜郭までやってきて、戦場で新撰組の隊士達が死んでいる中を土方を求めて彷徨うという「土方マジ主役」な最終回。
正直な話、物語的にはその後の日本がどうなったのかとか、そういった事が全く描かれる事無く「戦争って悲惨ですね」という終わりなので尻切れトンボなのですが、そこら辺は幕末史をベースにしてある以上、想像できる範囲ではあります。
しかし、今のアニメに比べ、キャラの細かい心情描写に時間を割く事は無いので、少し物足りない感じは強いです。
また、近藤も原田も他の皆も「名前のあるキャラに殺された」と言う訳ではなく、全員名も無いキャラに殺されている辺りが「戦争」を描こうとしている努力として伝わってきましたし、そこは良い部分だと思いました。言うなれば「名も無い狂信者に太ももを撃たれて出血多量で死ぬヤン」とか「名もない新兵に不意打ちを食らって死ぬシェーンコップ」的な演出。
ある意味、こういった作品を見て育った影響で、井上俊樹は戦隊物の最終話で「敵を全部倒して平和になった後で、チンピラ(ただの人間)に刺されてブラックだかが死ぬ」みたいな話を作ったりしちゃうのでしょうか?(--;
俺は好きだが、戦隊モノは対象年齢低めなんだし、小さい子の手前やめようよ(^_^A

> ウイッチブレイドDVD1話/2話
ギャオでDVD版ウィッチブレイドの先行放送をしているのですが…
06062201.jpg
06062202.jpg
06062203.jpg
このエロさお分かりでしょうか(^_^A
変身後のコスチュームが、「地上放送ではヤバイかな?」ってぐらいになっています(^_^A
要するに、ボツだと思っていた
20060422150744.jpg
コレになってます(^_^A
そして、コスが変わった事で地上波では「乳」とか「体のライン」だけが売りだったエロ映像に、「尻」と「股間」をわざわざ新作カット(書き直しとかでなく、構図から完全に作り直し)で入れたりしてます。
力の入れ所が激しく間違っている気がするが(^_^A
ちなみに、エロ以外ではOPナレーションとかがチョコチョコと変わっていますが…OPナレーションはTVの方がいいなw
ちなみに、地上放送版は7/2の正午から1話~12話までを一挙配信開始だそうで、「OPナレーションとかどこが違うか気になったけど、地上放送版の1話と2話の録画持ってないよ∑( ̄皿 ̄」って人は、7/2の11時ぐらいにDVD版を見直して、12時にもう一度地上放送版を確認してもいいかも(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

>>DVD版ウィッチブレイド
(五千円を握りつつ)性欲をもてあます。

僕は、監督業としても関わって欲しくないなあと思います。
グラウンドでの泣き崩れといい、インタビューでのキレ具合といい、オーストラリア戦前日でのジーコとの口論といい、精神的に未熟すぎ。中学生じゃないんだから。

まあ、あれですね。
「日本と言えばイチローだな。彼がイチバンだ」
というクロアチアスタッフの言葉に、全てが収束されてると思います。やれやれだぜ。
エジソン | URL | 2006/06/23/Fri 23:52 [EDIT]
ま、こんなところですか
>ウィッチブレイド
ああいう方向って最近の流行りなんでしょうか?
露骨に見せることで逆にターゲットを絞ってしまうのは、商売としても作品としてもマイナスにしかならない気がするなぁ。

>ワールドカップ
逆転された時点で(私が)力尽きて寝てました。おかげで今日の講義をサボる羽目に…。
就活が一段落したから気が抜けているのかも。

ブラジル相手に点を取った時は「やるじゃん」と感心しましたが、その後の展開は「やっぱ駄目か」と思いました。やはり強豪はプレイが恐ろしく早いですね。日本と比較すると全てがワンテンポ早いので、全く対応出来ないのがよくわかりました。
最後まで食いついて欲しかったのに。

そこまで面白かったのなら、クロアチア対オーストラリア戦見りゃよかった…。
Coltrane | URL | 2006/06/24/Sat 00:17 [EDIT]
re:エジソンさん&Coltraneさん
> エジソンさん
中田はプレイヤーとしてのプライドがある為に、他人とのコミュニケーションが上手くいかない所も有ると思うので、コーチとしてもう少し人との接し方を学ぶのも良いと思うんですよ。
中田の技術や経験を後進の選手が学ぶ事は、確実にプラスになると思うので。
ただ、監督には向かなさそうですが(--;

> Coltraneさん
ロナウドとか少ない運動量で最大限の効果を挙げますし、プレイの効率が良いので速さが有るみたいなお手本ですね。
「もう少し動けばダイエットになる」とか嫌味言われてましたが(^_^A
日本は2年差になった後が、明らかに動き悪くなるんですよねぇ…本当に最後まで食いついて欲しかったです(勿論、頑張ってるの分かるんですが)。
クロアチア対オーストラリア戦はちょうど裏だった訳ですが(しかも、ウチでは視聴できず)、30分ぐらいに纏めたダイジェストで良いから見たいですよ。
黒川 | URL | 2006/06/24/Sat 07:54 [EDIT]
>講義をサボる羽目に
私も同じクチですw
てか、見始めた時点で、「今日は休もう!」と思いました(笑)

でも、結果は…orz
前半の玉田選手の先制ゴールまでは、日本代表も(今までよりは)かなりイイ動きをしてたんで(逆に言えば、何故その動きを初戦でできなかったんだ!って話ですがorz)、ワーワー喚きながらみてたんですが(近所迷惑)、ロスタイムの同点ゴールは、ホントに痛かった…。というか、日本代表は、前半の時間ですら、集中力が保てないのか!!と思いましたよ(´Д`)
そしてその後のダラダラな試合展開…。
少ない動きと正確なパス回し、縦に入れて貪欲にゴールを狙うブラジルに対し、パスは繋がらないわ、全然走ってないわ、縦にパス入れずに攻める気もないわ…orz
ホントにこの人たちは、プロなのか!?と呆れました。
プロとしてのプレー、そして観客を魅了するパフォーマンスが、全くありませんでした。
技術面、精神面云々もありますが、プロとしての自覚のなさもあるかと…(決定力が大事と言われてたFW陣が、練習でシュートを外してもヘラヘラ笑ってたとか)

中田の最後の姿は、印象的でした。なんだか、すごく「孤立無援」なカンジがして。ここからも、日本代表がまとまってなかったのが伺えますね。

>ギャオの投票
つ、通訳の鈴木さんも何故入ってる!?(笑)
サントス…。結構(ダメダメの日本代表の中で)イイ動きしてたのになぁ…。

では、長々と失礼しました(´∀`;)ゞ
紅桃 | URL | 2006/06/25/Sun 03:20 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。