スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が仮面ライダーを作ったらどうなるのか?
・今回のレビュータイトル
 「桜蘭高校ホスト部#13」
え~「仮面ライダー」と言うものは、今まで数多く作られてきました。
そして、「対象年齢は高めで、エンターテーイメント的な要素を強く打ち出しさえすれば、話自体は難しくとも良い」的な特殊な製作コードを持った特撮番組だったりします。
その人気と製作コードの特殊性から、二次創作的な「俺ライダー」が多い作品でもある訳です。
で、今週のカブトを見て思ったのは「仮に自分が1年間TVシリーズを任された時に、どういうライダーを作るか?」でした…何故カブトを見てそんな事を思ったかは察してください(^_^A
で、その答え。

ライダーは一人しか存在せず、その代りに敵の組織内にに幾つかの軍団を作り、魅力的な軍団長(理想を持った俺様キャラや、仲間の暴走を諌める筋の通った奴、暴力馬鹿(笑)等の個性豊かなキャラ)を5~6人前後配置する事で子供の興味を引く。
また、ドラマ的な部分は、全怪人が人間体有りでカバー。

敵も味方も改造人間=元は人間で、望む望まざるに関わらず兵器の体を与えられており、「兵器の体が(緊急時において)優れている」と言う事だけでなく「兵器の体だからできない事(主に一般生活)」を描き、それにより生じる主人公の苦悩を描く。

警察も事件解決の為に動いており、主人公にできない組織的な活動、捜査を視聴者に見せたり、主人公とは異なる主観、異なる正義を見せるのが担当。

敵は完全に人間だと「色々と話に辻褄が合わなくなる」ので、軍団長とかには「理想国家建設」とか「今の世界は歪んでいる」とか、崇高な理想を匂わておいて(「個人的な破壊衝動を満たす為に暴れている」ような奴とかも出して)、実は首領の本心は「理想国家」など全く無関心で、おまけに宇宙人。
首領は自分の星では出来ない「非合法」な実験を偏狭の惑星(地球)で行っていただけであり、悪の組織は「実験作」であったライダーを試す為にお膳立てしたモノであり(首領の構想としてはライダーが先にあり、ライダーの為に組織を立ち上げ、満を持してライダーを作る)、つまり悪の組織の存在理由はライダーを戦わせる事だけ。
行っていた実験は「感情をエネルギー化する実験」とか尤らしい理由で、悪の組織の行動が、偶然にも主人公の心を揺らす様な出来事に発展するという現象に必然性を持たせる。
組織の改造人間は、ライダーのプロトタイプ(軍団長の内の何人か)や、感情をエネルギー化するシステムそれを持たない従来型の強力な兵器(基本ポテンシャルはライダー以上)。
組織が壊滅しかけると、首領は「こんな局地的なテロで、本当に世界を変えられる訳が無いだろう」とか「ライダーの正義や軍団長の理想は、事を操り易いように与えた仮初の記憶がもたらしたもの」とぶっちゃけて、軍団長達&ライダーのアイデンティティーを崩壊させて地球から去る。
それでもライダーは今まで積み重ねてきた仲間達との絆の為に、敵は新たに自分達自身で掲げた理想の為に、自分達の「戦う理由」の為に戦う。

主人公は敵と同じ改造人間であると言う理由で、仲間に恐れられながらも利用される「孤独」なライダー。ライダーの正体を知る中年刑事から「化け物」とか「戦闘兵器」と罵られたりもする。
中年刑事は、第1話で妻子を組織に殺された悲劇の人だが、復讐鬼と言うよりは「同じ悲劇を繰り返させない」と言う、少々ヒートアップしがちだが筋は通った人物。敵と戦う上でライダーの力を必要だと考えつつ、それ以外では「何の制約も無い一個人が大きな力を持つという事は、それだけで社会を脅かす事になる」という「実に尤も」な考えの持ち主。

そんな中で、ライダーの孤独を理解する第二ヒロインを1クール中盤で登場させ、ヒロインのおかげで次第に仲間とも(表面上の付き合いではあるが)打ち解ける様を描き、2クールのラストで、その第二ヒロインをライダー自身のミスによって死なせる。

3クール目序盤は復讐に駆られて仲間の元を離れて戦い続け(中年刑事は「それ見た事か」と騒ぐ)、それによって仲間達はやっとライダーの孤独に気付き、第二ヒロインの様にライダーを本当の意味で理解してゆき、それにより3クール中盤でライダーの目が覚める(中年刑事との奇妙な信頼関係も深まる)。これ以後、終盤に向けて各軍団長を消し始める。

4クール目の40話ぐらいで、警察が対改造人間の決定打を開発して警察大活躍、45話くらいで悪の組織壊滅(首領逃走)。
最終エピソードでは、警察側の最終兵器を悪用する「人間」の登場(当然、中年刑事の見せ場)、アイデンティティを喪失した軍団長の熱血君が「世界を巻き込んで自殺(身勝手な人間の行動で、最終的に警察側の最終兵器も熱血君が手に入れる)」を図り、理想家君は生ける屍。そんな中、「例え今までの全てが偽りでも、ライダーとの決着は付ける」と言うライバル君(熱血君阻止の為に一時ライダーと共闘)や、「俺の思いは奴から与えられたものでなく、仲間と築き上げてきたものだ!」と言うライダーの「いつもと変わらぬ行動」を見て、理想家君も自分を取り戻し、ライダー&ライバル君の危機に現れて熱血君を阻止。
理想家君は一から新たな組織を作り「誰もが争わなくてすむ理想社会」の夢をかなえる為に姿を消す。
最後の最後にライダーとライバル君との大バトル&決着(燃えるテーマソングをBGMに、両者人間状態でボロボロの体で、「相打ちで互いに吹っ飛ばされた」と言う感じに地面に横たわる両者。生死はあえて不明だが、表情は満足げ)を描いて終わり。おまけとしてスタッフロールに合わせてライダーの仲間のその後を台詞無しでチョットだけ見せる。(全48話)


いやぁ、自分では視聴者の子供の事にとかに配慮したつもりなんだけど「俺的要素」が強いなぁ…当たり前だけど(^_^A

一応、「ライダー達のアイデンティティー崩壊>立ち直る」と言うのは、受験とか意味無いようなものを親だの社会から押し付けられたり、社会に出ても型にはめられ続ける訳ですが、「そこから何を掴むかは自分次第」みたいな事を伝えたい(子供とか大きなお友達に(^_^A)ってエピソードですね。
周りから理解されない孤独なライダーも、「何も言わないのに自分を理解してくれる理想的な人物なんて、そんなの滅多に居ないんだから、理解して欲しいと思っているなら、建前的な事だけでなく、(本当の自分を出して、それで受け入れられない事を恐れていても)理解してもらいたい自分を出していかなければ、誰も理解してくれる筈がない」みたいなメッセージですかねぇ…分りやすく中年刑事に、そのものズバリを言わせても良い。一応、子供向け番組として、子供に伝えたい内容を入れていくべきだと思うので。
井上敏樹氏に「異色作」的な話を数本やってもらえば、作品全体の中で栄えそうです(^_^A

個人的には、私の巡回先でライダーを見ている方々の「1年間TVシリーズを任された時に、どういうライダーを作るか?」も知りたい所ですねw
「面白そうだなぁ」とか「自分ならこうする!」とか思った人は、日記のネタにどうっスか?(^_^A

…あ、12時回ったどころかホスト部始まった(--;
こりゃ、水曜日の日記に回すか…レビューの無い火曜日の日記ならちょうど良かったかもしれないけど、水曜日のネタにしては長いよ(^_^A

> ホスト部
さて、漫画版の「アリスネタの特別編」のアニメ版だと思ったのですが… え~と…これは…
06062801.jpg
「ポン!(電球が点いた音)」
総集編!総集編だコレ?!Σ(゚ロ゚)

1151423815577ec67.jpg
しかも、完全新作カットのみで更正された、斬新な総集編!
コレは、同じ日に総集編を放映した「ガラスの艦隊」と大きな差がついたなぁ…あっちは映像を編集しただけで、ナレーションすら無しだもんなぁ…ボンズとゴンゾの差が出たか?(--;
原作のアリス話は微塵も有りません…と、思ったら、ラストでモリ先輩以外は原作の配役でコスプレしてた(^_^A
1151424144437adc5.jpg
1話
1151424310693c334.jpg
2話
11514241898266830.jpg
4話
11514242036834a0e.jpg
5話
115142383992301aa.jpg
6話
1151424022747e721.jpg
9話
11514249005592cee.jpg
10話
11514240465155ec4.jpg
11話
115142448776196f4.jpg
12話…
スゲェ…スゲェよ!
身体検査とプールと海の話以外は、ちゃんとカバーしている!(気付いてないだけで、それらの話もカバーしてるかも(^_^A)
ちなみに、再生ゲストキャラ軍団のトップバッターは「ハルヒの夢」の話なだけに、ナルトと同じ声の小学生ホスト。残念ながら、「ネズミ」なので音楽室の扉を開いたときも「チューチュー」しか言ってませんでしたが、人語に変換したらきっと「いつもの命台詞」を言っていたでしょう…いや「螺旋丸!」では無く、毎週日曜の朝に言ってる方のw
06062802.jpg
舞台演劇的な夢の世界は、まるで「少女革命ウテナ」そのままでした。
本当に気に入っているんだな、ウテナの頃の仕事が(^_^A
06062803.jpg
「ここは何処の鳳学園だΣ(゚ロ゚)」って感じですよw
「ここ桜蘭学園ですよね?」と言うハルヒの台詞は、ウテナ見た事が有る人なら、違う意味でメチャ頷ける台詞かも?(^_^A
そして、(ハルヒの将来の夢と思われる)弁護士としてハルヒを法廷に立たせたり、
11514246862374127.jpg
れんげが糾弾される理由が、実は「ハルヒの両親が糾弾されるべき事」であり、それをハルヒが弁護すると言う展開など、総集編の夢オチドタバタ話なのに、ピンポイントで私のツボをついて来ましたw
1151424930192e381.jpg
実に良い仕事をしているなぁw
あと、王様は中の人の演技によって「クルーゼ」にしか見えないw
しかし、コレが最終回でもあまり違和感無いなぁ(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ハチクロⅡ
ワールドカップの時差のせいで、この頃寝坊気味なColtraneです。体内時計が狂いまくり…。デブ化傾向でなければよいのですけど。

ホスト部もいい感じですが、明日の深夜からハチミツとクローバーⅡがフジテレビ系列で放送されるそうです。脚本はもちろん黒田洋介氏。
原作はまだ終わっていないから、オリジナルで2クールやるのでしょうか。なんにせよ見てのお楽しみ、ということで。
Coltrane | URL | 2006/06/28/Wed 23:04 [EDIT]
モリ先輩…
ねずみ姿が、ちょーカーワーイーイ!!(*=∀=)(笑

これは、「超絶」楽しみだw

しかし、榎本氏はホントにイイ仕事してますねぇw
毎回上手く纏めてるなぁと思います。
12話のオチ以外は…(苦笑)
紅桃 | URL | 2006/06/29/Thu 03:18 [EDIT]
re:Coltraneさん&紅桃さん
> Coltraneさん
ハチクロⅡはホント楽しみですw
放送していないエピソードは残り僅かな感じもするのですが、前作で削られたエピソードも多いので(森田さんの自分探しとか、ローマイヤ先輩とかw)何とかなりそうではあります。
しかし、森田さんの家の事やはぐの手のことも描くでしょうから、かなりヘビーになりそうですよね(^_^A

> 紅桃さん
モリ先輩のネズミは、非常にウケましたw
あないな姿で、真顔になるなんてΣ(゚ロ゚)
12話のオチについては、紅桃さんのブログの方で…
黒川 | URL | 2006/06/29/Thu 20:13 [EDIT]
先輩達
ローマイヤ先輩はDVDで出演しているそうですよ。ちゃんとハムの差し入れを持って。w
脇役のエピソードを前作では削っていますから、やはりそちらをメインに展開することになりそうですね。リカさんとか間宮さん(でしたっけ?)とか。
なんにせよ暗い人が結構いるので、本当に重くなりそうです。

>モリ先輩
無駄にクールでかっこいいのがあの人の持ち味ですからねぇ。w
あんな格好できめられても、ギャグにしかならないのがまたすごい。
Coltrane | URL | 2006/06/29/Thu 20:19 [EDIT]
re:Coltraneさん
> ローマイヤ先輩
マジっすか?Σ(゚ロ゚)
みっ…見てぇぇぇぇぇっ!!!

>モリ先輩
しかも、直前までハナちょうちん作って、台詞終わったら、またハナちょうちんですからねw
あのギャップがw
黒川 | URL | 2006/06/30/Fri 00:01 [EDIT]
濃い!!
流石、黒川さんですね!じっくり読んでしまいましたw
超神機メタルダーとかの匂いと同じ感じがしたんですけど、気のせいですかw
これそのまま東映に寄稿してください!
ブレイドあたりなんかより全然面白いっすよ◎◎◎
映像化されたら面白いのにw
jujun | URL | 2006/06/30/Fri 00:08 [EDIT]
re:jujunさん
ほめすぎッス(^_^A
敵がカッキリした組織というのは、平成ライダーには無いので、あえてそれに挑戦したのですが、確かに軍団はメタルダー入ってますね(^_^A
黒川 | URL | 2006/06/30/Fri 23:28 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。