スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堅頭竜大暴走
・今回のレビュータイトル
 「リュウケンドー#27」
さて、泣いても笑ってもこれで今年のワールドカップは終わりです。
20060710060254.jpg
そんなワールドカップ決勝で、何故パキケファロサウルスなのか?
それは、最後まで読んでいただければご理解していただけると思います。

開始直後、自爆っぽい転倒でアンリ脳震盪!
さらに6分目に「えっ?アレがPK?」みたいな不透明なジャッジ(コレもマテラッツィのファールなんだよね)でPKを得たフランスが、ジダンのシュートで1点先取!
PK自体は不透明でしたが、バーギリギリ所かバーに当ててゴールすると言う技術は、さすがジダン。
対するイタリアも、19分にコーナーキックからマテラッツィの高さを活かしたヘディング!同点に追いつきます。
ゴメン、点の入らない試合だと予想してたけど、早い時間に動いたよ!
その後もイタリアが攻め続けます。特にピルロのコーナーキックは機械の様に正確です(^_^A
が、前半はこのまま終了。
後半に入ると、逆にフランスが押します。
1152472416176.jpg
しかし、イタリアがゴール前で凄い密度作って、フランスに点を取らせません!
そして後半15分、ペロッタとトッティが二人とも交代。トッティ最後まで良いトコ無しか…と思った直後に素早い攻めでイタリアゴール?!しかし、これはオフサイド。トッティが居なくなるの残念だなと余韻に浸る暇もありゃしない(^_^A
1152473525452.jpg
そしてこのプレー、トニオダメすぎ
見ての通りハンドですが、この直後に相手DFのスパイク目掛けて蹴りを入れて自爆します(--;
そして後半40分、ついにイタリアは三人目の交代としてデルピエロ投入です!
しかし、やはり得点は動かず延長戦突入!
イタリアが交代を全員使い切ったのに対し、フランスは肉離れで戦線離脱したヴィエイラで1枚のカードを切ったのみです。
交代戦略としてはフランス有利と言ったところか?
てか、ちょっと寝れるかなと思ったのに寝ないまま仕事か(^_^A
まぁ、夕方まで寝てたんだけど、やっぱちょっと眠いぞ(--;
疲れが出て、ジダンがクタクタに見えたのですが、延長前半終了間際に頭で合わせる鋭いシュートを見せてくれます!
決まっていれば神でしたが、ブッフォンが片手で弾き出しました。
このままPK突入か?
1152475810633.jpg
思わず叫ぶジダン!
「ブッフォン!空気読めよ!」とでも言っているのかw
そして延長後半開始直後、何とそのジダンが一発レッドで退場!
スタジアム大荒れ!
何が有るかホントわからねぇ!Σ(=ロ=;
マテラッツィに何を言われたか知りませんが
1152476222008.jpg
頭突きです(^_^A
何やってんだよジダン(--;
ジダンの最後のプレーはヘッドバッド>一発レッドと言う極めて不名誉なものに…orz
これはフランスに帰った後、マスコミから叩かれるぞ~!
しかし、何を言われたんだ?
やはり移民と言う事で馬鹿にされたのか?
まぁ、単純に「禿」かもしれないですが(^_^A
前半の得点と言い、マテラッツィがイタリア勝利の立役者である事は確かです。
そして、延長後半でも点は動かずPKに。
1152477744868.jpg
PKでは悪いイメージしか無いイタリアが、5回目のキックをフランスにさせないまま優勝を決めました!
しかし、スッキリしないなぁ…ジダンのヘッドバットで全てがぶち壊し。言い訳を聞いてみたいものだ。
ホント、マテラッツィは何を言ったんだ?
てか、こういう前科持ちを国の代表として送り出すイタリアもちょっとな…勿論、頭突きをしたジダンが一番悪いが。
瞬間湯沸かし器vsチンピラ(--;
もう、表彰式なんてアホらしいですわ∑( ̄皿 ̄
ウィキペディア(Wikipedia)のジダンのページが速攻書き換えられている辺り、サッカーファンは凄いな(^_^A

仕事に出て帰っ来る間に、YouTubeでは問題のシーンの映像がアップされていました(^_^A
それにしても、コレだけやらかしてMVPに選ばれたと言う辺り、ゲームとしてはジダンに100%非が有っても、人としてマテラッツィに非が有ると言うFIFAのメッセージか?
あれだけの事(単にバッティングと言う事でなく、決勝戦ぶち壊し)をしたジダンがMVPと言う事は、FIFAは事情聴取をして事態の経緯を掴んだんだろうから、公式なコメントとして「あの時二人の間に何が有ったのか?」を発表してもらいたいものです。

> リュウケンドー
オンラインゲームに嵌った子供達が、幻の世界に閉じ込められ、剣二も幻の世界に…と言う話なのですが、
0607091.jpg
0607092.jpg
幻の世界の不気味描写は良いですね。
特にこの直後の「テケテケさん的な母親」は本当に不気味です。TVの前の良い子が2~3人泣いたかも(^_^A
そんな状況にあっても剣二は呑気なもので、
0607094.jpg
0607095.jpg
目の前に謎の物体が出現し、それが鈴の尻だと分かった次の瞬間に取った行動がコレです(^_^A
正義の味方…(--;
この不気味な世界で、子供達に恐怖を与え、マイナスエネルギーとして回収するのが、今回のジャマンガの作戦のようですが、その世界にやってきたリュウケンドーを見て敵は慌てます「子供達に配信したアイコン(それをクリックするとこの世界に来てしまう)を、どこかで入手し、この世界にやって来た」と思ったからです…実際の所、剣二は全くそんな事を意図してはいませんでしたが(^_^A
そんな剣二を助ける為…
0607096.jpg
あの人が帰ってきました!
リュウケンドー界の(と言うか、剣二にとっての(^_^A)ローマイヤー先輩(ハチクロ)、不動銃四郎!
例え、マクー空間で、魔物のパワーが100倍になっていようと
0607097.jpg
「まずは素手にてつかまつる」という、「覚悟のススメ」的な演出もサイコーw
やはり、生身でゴウリュウガン撃ちまくったり、アクションやるのが不動さんのステッキーな所w
0607098.jpg
新しい変身シーンは「タイムレンジャー」か何かみたいな、全身タイツ装備です!(^_^A
0607099.jpg
そして、マグナリュウガンオーさんが、ついに登場!
二丁拳銃ですが、
06070910.jpg
連結して重火器として使用可能になります…
うん、こういう「理屈的に穴だらけだけど、カタルシスはメッチャある武器」って言うのは、本来こういう低年齢層がメインの作品で出すものだよな。「子供対策は、穴だらけだがカタルシスはあるMSや武器」だけで、シナリオはお子様おいてきぼりでなく(--;
カブトもコント部分を強化する事で、ドラマ部分すっ飛ばしの子供でも、特撮シーン以外も楽みを作ってあるのは評価すべき所。
リュウケンドーや戦隊物はの場合、ドラマ部分も出来るだけ子供に分かる様に作って有るので、作り方としては正しいし、だからドラマ部分が子供だましと言う事も無いのは凄い。
ボウケンジャーがコント部分少ないのに対し、リュウケンドーは
06070911.jpg
コント部分多いと言う作品カラーの違いは有りますが。
ここで「何となくオチ読めた」で…
06070912.jpg
溜めて溜めて…
06070913.jpg
どーん!みたいな「ギャグの基本」ができてるし。
寒いかどうかは別にして、子供ウケではあるし、不動さんが帰ってきたシーンの「何故ハマグリΣ(=ロ=;」とか言うシュールなセンスは大人用の笑い所だし、バランス取ろうと試行錯誤しているのが伺えます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

チクショーーーーーーーー!!
見逃しました。ものの見事に。
胃の限界まで紅茶を飲み、ガンガン冷房を効かせたにもかかわらず、気が付いたら朝でした。
結局決勝戦も3位決定戦も見られなかった…。

ワールドカップ特集で名場面を振り返っているのを見ると、ドス黒い妬みが湧き上がってくるのを覚えますよ。
「俺の目の届かないところで何楽しんでんだ!てめぇら!!」
という若干オリビエ・ポプランが入っているかのような。

しかし、特撮系は幼稚園以来見てませんが、意外とリュウケンドーは楽しそうですね。
最も最後に見たのは戦隊モノの「ダイナマン」でしたけど。w
Coltrane | URL | 2006/07/11/Tue 00:01 [EDIT]
re:Coltraneさん
私の場合3位決定戦は根性で、決勝は夕方まで寝ていると言う対策を取りました(^_^A
結果としては「三位決定戦は文句なく楽しめた」でした。
決勝は…それまで(延長後半まで)が良い試合だっただけに残念でなりません…orz

> リュウケンドー
ホント、リュウケンドーは意外な拾い物でしたw
特に不動さんが活躍する話は良いものが多いです。
次回も不動さん話だしw
黒川 | URL | 2006/07/11/Tue 19:24 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。