スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと…
・今回のレビュータイトル
「ソルティレイ#22~最終話」「ハチミツとクローバーⅡ#02」
え~、本放送は3/30の時点で終了したソルティレイが、
この度、Gyaoでも最終話を迎えました。
本放送の時には舞-乙HiME2話、ソルティ3話が一気に放送されると言う信じられない放送スケジュールとなっており、とてもじゃないが5本分ビデオ見てレビュー書く事などできなかったので、「後日レビューを書く」と言う事で、ソルティは総評に留めておりました。
が、その「後日」はどうやら今のようです。
そんな訳で「作品評価は高くは無いけど、私が好きなアニメ」であるソルティレイ22話~最終話のレビュー行ってみましょう!

> 22話
21話のラストから時間を戻して、アクセラが巨大ゾイドに乗り込む経緯から始まります。
冒頭のシーンで、「ローズがアシュレイに加担しているなら俺はそれを止めなきゃならない、(血の繋がった)親の責任としてな」と言うロイに対し、「(育ちの)妹の不始末は兄として責任がある」と言うアンダーソン兄弟が(゚∇^d)
愛されてるなぁローズ。
そこで、アクセラが囮になると言ってロイたちを逆に利用し、巨大ゾイドに乗り込むのに成功!
そして、ロイの所に送られてきた
0607141.jpg
これは、RUCのサブルームのキーであり、一時的にRUCの全機能をシャットダウンさせるものでした。アシュレイを止める事ができなかったジョセフが、アシュレイを止めようとしているロイに渡すと言う良いシーン。
そして、ロイ達ごとRUCビルを吹っ飛ばそうとするアクセラと、それを止めようとするソルティ。
0607142.jpg
あの小さな体でジーン砲(Byゾイドジェネシス)をひん曲げた!Σ(゚ロ゚)
流石に吹っ飛ばされますが、
0607143.jpg
それを助けに来るローズ!
自分の出を舞台の脇で待っていたかのような絶妙のタイミングw
この「ローズはアシュレイに協力をしているものの、正規市民と未登録市民と言う壁を壊すと言う理想が有って協力しているだけで、操られている訳ではない」と言う構図がポイントですね。
0607146.jpg
しかし、ローズはアクセラを止める為にアクセラを撃とうとしており、ソルティはローズを止めるべく、ローズとも戦う羽目に!
まぁ、一番のアレは、そんなソルティごと撃とうとしているアクセラですが、巨大ゾイドとリンクしてかなり興奮気味ですしね…地が出たのかも知れませんが(^_^A
結論:大人しい奴はキレると怖い
さて、前回から引き続き、地上ではアシュレイの行動を止めようとして、エウノミアがリゼンブルを操って街に混乱を起こしているのですが…アシュレイは街なんてどうでも良いので、足止めどころかアシュレイを止めようとするロイ達も、暴走リゼンブルに足止めされてるし…馬鹿だなエウノミアは(--;
一番可愛そうなのは、何も事情を知らない市民ですが、そんなリゼンブルに襲われる市民のシーンで…
0607144.jpg
八百屋の親父と猫耳幼女が登場だ!
未登録市民が、正規市民を助ける為に武装蜂起すると言う良いシーン。
何というか、野生動物の場合は良くある事と聞いていますが、人間だと「パニック時に普段差別している連中を助けるとか言う事は無く、むしろ邪魔になるようなら殺す」とか言う話も聞くなぁと思ったりもするのですが、そこまでの恐慌状態でなく、理性を持って振舞う事ができる状況で、さらに八百屋と猫耳が「トムとジェリー」みたいなモノだった様に、実は未登録市民と正規市民はそんなに仲が悪くなかったと好意的に考える事にしましょう。
それだったら起こっていそうな未登録市民を助けようと言う運動は、アシュレイが片っ端から潰していたのです。悪い奴だな~アシュレイw
0607145.jpg
そして、ロイとアンディを行かせる為に、ラリーが犠牲になると言うのもお約束ですが燃えます。最終話に向けて、燃える展開目白押し!
0607147.jpg
しかし、やっている事はキラと大して変わらないのに、言っている事が具体的なだけで、ここまで心象が違うのかなと(^_^A
まぁ、具体的な何かが無いのに暴れまわっていると言うのが、キラに共感できない最大のポイントなんですけどね(--;
あと、キャラの性別もあるなぁ…キラみたいな理屈で戦うなら、キャラは女の子の方が良かったかもしれない。「母性」と言うものが有るか無いかでだいぶ違う。ソルティにはそれが有ったのが大きい。
そんな、ソルティやローズも自分とは違ったやり方でシルビアやアクセラの死に報いる為に行動していた事を知り、復讐を捨てようとしますが、一度チャージしてしまったジーン砲の制御が出来ません。そこで、ソルティ達を守る為にジーン砲発射の瞬間にゾイドの口を閉じて…
0607149.jpg
アクセラさん壮絶な自爆(普通死にます)!
暴走リゼンブル(エウノミアを含むRUCの全システム)もロイ達により停止し、後はアシュレイだけという状況で…
0607148.jpg
アシュレイさんが先手を打ってきました(^_^A
ロイさん大ピンチ!

> 23話
えっ? この話が最終話だっけ?
…途中まで見てそう思ってしまい、ラストで驚かされる非常に上手い話。ソルティのラストは密度が濃いです。
ハイ、そんな訳で…
06071410.jpg
アクセラは生きていました。死んだシルビアやセリカの立場がねぇ(--;
そんな訳で、ローズはアシュレイを止めようとするソルティに加担する事に。
アシュレイは「エウノミアを停止させてくれた」ロイを、自分が目的を達成する瞬間を見届ける観客として選び、自分のことを話し始めます。
アシュレイの目的は、連絡が途絶えた軌道上の移民船に戻り、恋人に再会する事(勿論、もう生きている筈が無いですし、倒錯した感情なのですが)。
06071411.jpg
12年前のブラストフォールも、アシュレイが軌道上へ戻る為の試みの最中に起きた事故だった事(23話時点で)がロイに明かされます。
そんな事を聞いて、大人しくしているロイではなく、銃を奪い返して反撃に出ますが
06071412.jpg
力の差は歴然!
06071413.jpg
そんなパパのピンチに駆けつける、愛娘二人!
06071414.jpg
「パパはよせ…」
うぉぉぉぉぉっ!ロイさんマジツンデレ!Σ(゚ロ゚)
ロイさんは、アニメ史に残るツンデレ親父です!
ソルティは本当に良い子ですが、ロイさん有ってのソルティです。どっちか片一方では、ソルティレイと言う作品をこんなに好きにはならなかったでしょう。
そんなホームコメディに付き合っていられないアシュレイさんは
06071415.jpg
触手!触手出してきたよ!Σ(゚ロ゚)
06071416.jpg
さらに、「二人の内のどちらかを撃てば、残った方は助ける」と言ってきます…コイツ、そんな嫌がらせをする程にホームコメディを見せられた事を腹に据えかねていたたのか(--;
まぁ、2百年間ずっと孤独だった訳だしね、ロイに嫌がらせの一つでもしたいと思うか。
そんなロイの選択は…「自分の娘を撃つ選択など持ち合わせていない!」と、隠していた銃で、触手に囚われた銃を吹き飛ばす!
そんな選択に怒ったアシュレイは「ならば君が死ね」と、
06071417.jpg
ロイさんを触手で串刺しに!
そんなパパの死(死んでませんが)に、
06071418.jpg
「イヤボーンの法則(命名:竹熊健太郎)」によって娘二人が発動(^_^A
なんとエウノミアを再起動します。
「怒ると凄いパワーが出せる」そんな理不尽な展開は、アシュレイも想定していなかったでしょう(^_^A
ラスボスらしく最後まで戦いますが、最後はロイを殺そうとして飛び掛る途中で、エウノミアの触手攻撃でダウン。
06071419.jpg
半死半生のアシュレイは軌道上に残った者達が既に全滅した事は気付いていたと、ロイと自分は同じだった(ロイも失われた娘を求めていましたから)が、愛するものを失った事を忘れたのだと言います。
ロイはそんな自分を「変われた」と言います。コイツ等が居てくれたから変われたと。
ローズはインテグラ達が居たあなたも変われた筈だと。
ソルティは伝えます、アシュレイ(本名ロック)の恋人、イルミナの残したメッセージを。
06071420.jpg
そして、アシュレイはイルミナの幻に抱かれて息を引き取ります。
エウノミアもまた、ソルティによって活動を停止します。
06071421.jpg
全てが終わり、今までに登場したゲストキャラや町の復興の様子が流れ、各キャラのその後も描かれます…まるで、これで終わってしまうかのような穏やかな展開の最後の最後で、ソルティは
06071422.jpg
「エイレネがこの街を消す為に落ちてくる」事を察知します…ナニその急展開!
FFで、ラスボス倒したあとに「暗闇の雲」が出てくるような感じです(^_^A

> 最終話
エウノミア、エイレネ、そしてソルティ(ディケ)は、移民管理コンピューターであり、エイレネは移民船のコアコンピューターでもあります。
そのエイレネがこの地の人を滅ぼし、始めから人の歴史をやり直す為に落ちてくる。それを阻止する為にソルティが一人で宇宙に上がる。
TOP絵で使った時に、「ロボの自己犠牲エンドだったらへこむ orz」と書いていましたが、予想通りのロボの自己犠牲エンドにまっしぐらだよΣ(=ロ=;
06071424.jpg
そんな訳で、登録市民も地下都市へ避難。画像の二人は「ソルティに初めて友達ができた>友達を助けるためにパワーを使って脅えられ、拒絶される」という話で出て来たメリルと、「目の見えない娘の為に、父親である事を黙って援助を続けてきた犯罪者」の話に出てくるリタですね。
しかし、エイレネが落ちてきたら地下都市もただでは済まない訳で、やはりソルティがやらなければ、皆は助からないという展開。
06071425.jpg
正規市民と未登録市民の映し鏡として描かれてきた子の二人も、「もし生き残れたら…」と、「最後の日」な雰囲気を出してきます。
アシュレイが作ったゾイドの中枢部分を直して、ソルティを宇宙に飛ばすという計画が進む中、それぞれがソルティに対する思いを語ります。
06071427.jpg
ジョセフは、ディケだった君は苦手だった、恐怖さえ感じた。だが今は良い笑顔をする…と
(ロイのおかげか?と言われてはにかむソルティが(゚∇^d))
06071426.jpg
カーシャは、ソルティが行かなければ皆死んじゃう。私だって死にたくない。でもソルティに行って欲しくない…と
06071429.jpg
ローズは、今度は自分のやり方で理想を実現させる。その理想の中にあなたも入っているんだから帰ってこい…と
06071430.jpg
そしてユーとは、ソルティちゃんは必ず帰ってくるから、今は何も言わなくていい…と

そんな中、我等のダメ親父ロイは…
06071428.jpg
ソルティから逃げ続けますw
会えば、皆の命をソルティ一人に背負わせて、帰ってこれないかもしれない場所に送り出す事を認める事になる。愛する者を失い、今また失うかもしれない。それが怖い、認めたくない。だから逃げる。
そんなダメなロイが好きだ!
06071431.jpg
そして、ロケットの発射の本当に直前。ソルティがハッチを閉めようとする瞬間になって、ロイさん登場!
ココでAパートも終わり、ロイさんの発言に注目が集まります。
そのロイの発言とは!
「行くな!宇宙へなんて行くな!ここに居ろ!」
宇宙船の破壊に失敗すれば皆死ぬ。しかし、破壊に成功しても、破片が街に直撃すれば、結局は同じ結果になる。どうせ同じならここに居ろ…と
06071432.jpg
「そうだ、ドライブに行こう。それとも遊園地がいいか、まだ行った事無かったろう。楽しいぞ。
お前の作った弁当持って行こう。そうしよう」
愛する家族を失った男がやっと取り戻す事ができた家族を、今また失うと言う現実に直面し、必至にすがり付いて守ろうとする。その愚かで惨めな姿に泣いた!普段はぶっきら棒なロイの愛情の深さに泣いた!
そんなダメなロイが大好きだ!
06071433.jpg
そしてソルティは、機械の自分を娘だといってくれたロイや皆の為にエイレネの待つ宇宙へと向かいます。
なんつうか、私は時々(原油流出で油まみれになる野鳥だの、虐殺された野良猫のニュース見たりとかで)人間であるという事に罪悪感を感じてしまう人で、だからこそ、人間でないモノが人間との絆の為に(人間の事が好きだから)、自己を犠牲にして助けてくれるという話には弱いのです。
まぁ、EVAのTV版最終回の「だって、そういう事にしておかないと、辛くて生きていけないじゃないか!」と言う話の締め方に、非常に近いものですが(^_^A
そんな2重の意味で、ロボの自己犠牲エンドは凹みます。
06071434.jpg
そして、エウノミア同様、ディケ(ソルティ)も暴走したと看做したエイレネによって、ソルティvsエイレネの死闘が開始されます!
戦いの中で、ブラストフォールもエイレネが仕組んだ事だと判明。
06071435.jpg
そしてエイレネは「死んだ人間をデータとして保存し、データの中で再生する(ゼーガペインは、この発想?)」「人の感情は自分の存在を脅かす、故に最も効率的なデータと言う形で人を管理する。人と共に永遠である為に」という考えを持っています。
SFと言えば「コンピューターの反乱」はお約束な訳ですが、実にストレート!ある意味ラスボスに相応しい。
そして、「あなたは人にはなれない」と言うエイレネの言葉を認め、それでも自分を待ってくれている人たちが居ると、自分を娘だと言ってくれた人が居ると立ち上がり、そんな「ディケ」の行動が理解できないエイレネに言い放ちます。
06071436.jpg
「私はソルティ=レバントです!」…と
06071437.jpg

そして5年後…
06071438.jpg
未登録市民の猫耳の幼女が、八百屋の娘になってますw
06071439.jpg
ローズは正式に「リタ=レバント」として政治家に。
06071440.jpg
カーシャはその秘書になってます。
そして、「ソルティは帰って来る…ここで俺達家族が待っているんだから」
06071441.jpg
そんな締めで、エンドロール流れました。
「23話に比べてあっさりしてないか?」と思ったら…
06071442.jpg
Cパート始まった!
06033106.jpg
「馬鹿ヤロウ…あんまり遅いから、迎えにきちまったぜ…」
ある意味、アシュレイが果たせなかった事であり、仮面ライダーアギトの「お前は手を離すな!」的展開です。
そんなロイさんが、私は大好きだ!
ソルティレイは穴が多く造りも粗いので、胸を張って人に進める事ができる作品ではありません。
しかし、ソルティレイと言う作品が好きだという事は、私は胸を張って言えます。
そんな訳で、現在、Gyaoで最終話やってます。
「ソルティ好きだったなぁ~」って人で録画していない人や、見た事が無い人で、ロイとソルティの今までの積み重ねを想像で埋める事ができる人は、配信が終了する前に一度は見て起きましょう。

…って、長っ!Σ(=ロ=;
舞-乙HiMEの最終回も2話分で凄い事になってたけど、流石に3話分だけあってスゲェ長っ!∑( ̄皿 ̄


> ハチクロⅡ
ハイ…
06071443.jpg
はぐちゃんの出番終了!
06071444.jpg
リカさん… 怖ぇ~よ、マジ怖ぇ~よ(--;
この時点では、修ちゃんはリカさんの事好き何だと思ってたので、こんなんなるまでほっとくなよΣ(=ロ=;
と、思ったものですが…修ちゃんがそこまで頼りになる人だったらねぇ…話がかなり違う方向行ってただろうなぁ(^_^A
リカさんは、本当に自分を大切にしない(と、言うか出来ない)人で、森田さんのお兄さんともまた少し違う業の道を歩んでマスよねぇ…(--;
森田さんのお兄さんは、自分を思ってくれている人がいる事がちゃんと分かっていて、自分を粗末に扱う事も出来ないという袋小路な人ですが、どっちが楽だとか、どっちがより辛いとか言えない状態ですな(--;
06071445.jpg
そして、徹底的に不器用で、まるで「雨の日の捨て猫の如き、放っておけないオーラ」を出す山田さんに。
06071446.jpg
野宮さんがイグニッション!
いやぁ…九時間ですか、マジ男ですね!
06071447.jpg
いやぁ、美和子さん。話的には十分グッジョブ(゚∇^d)
男の努力の7割は無駄だったりしますし(^_^A
06071451.jpg
青春スーツ装着状態との間で揺れる野宮さんの演出はいい感じだったけど、やっぱり「暴れ馬は疲れた(完全に失恋した)所を捕まえるのが定石」と語った直後に、定石無視して思わず「好きだ」と言ってしまうのは残した方が良かったと思うなぁ。
さて、次回は真山が男を見せる話ですなw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ソルティレイ
アドバイス通り「最終話だけ」見ました。たしかにあのロイのダメっぷりは素晴らしい!!あのダメダメさがあるからこそ「娘は親の言うことを聞くもんだ!」というセリフが生きてますね。
個人的には、エイレネとの決戦がちょっと淡白すぎて、GP03よろしく武装ラックを背負ってレーザーミサイル乱舞や、艦内進入後もドンパチやって欲しかったけど、尺と予算が厳しかったのかなあ。劇場版0083並にさらっと流せば何とか入ると思うのですが。
まある | URL | 2006/07/17/Mon 01:38 [EDIT]
re:まある
何気に初コメだねw
「ロイのダメダメっぷり=見せ場」と言うのを分かってくれて、実に嬉しいよ。
エイレネとの対決は、確かにドンパチやっても良かったと思う。
例え、「ドンパチやったら、エイレネに侵入して自爆コードを起動させた時、それ以前に物理的に破壊してしまった事が原因で、一部で上手く自爆が働かずに、大きな破片ができてそれが町に…」と言う可能性が有ったとして、そういった理屈を優先するよりも、絵的な盛り上がりを演出する為にドンパチを見せると言うのは有っても良かったと思う。
黒川 | URL | 2006/07/17/Mon 20:11 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。