スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョンベネちゃん事件、容疑者逮捕
・今回のレビュータイトル
「桜蘭高校ホスト部#20」「NANA#19」
6月、容疑者でもあった母親が癌で死亡してニュースで取上げられたばかりの
ジョンベネちゃん殺害事件ですが、この度、タイで容疑者の身柄が拘束されたという事です。
捕まったのは、以前児童虐待(性的な意味で)で逮捕された経歴を持つ、元小学校教師。母親が死ぬ前に捕まえてやれなかったものかと、思わずにはいられませんね。

この事件は、10年前のクリスマス、コロラド州の資産家の娘(6歳)の誘拐事件が発生、翌朝事件が発覚し警察に通報。その日の午後の捜索により、被害者宅の地下室でジョンベネちゃんの遺体が発見されたというものです。
被害者が美少女コンテスト(こういう事やってるから、アメリカは幼児への異常性癖を持つ犯罪予備軍が量産されるのでは?)の常連で、全米に知られていた事。性的暴行を受けた後がある事、また被害者が裕福である事から、全米のみならず日本でも注目され、父親による性的虐待説、元ミスコンの出場暦を持つ母親の嫉妬による犯行説など、様々な憶測を呼んだ訳ですが、やはりと言うか何と言うかロリな犯罪者による犯行だった様ですね。

容疑者、ジョン・マーク・カーは、以前から捜査線上に上がっていた人物で、行方を捜していた様なのですが、アメリカ在住の人物とチャットしていた事で、タイに潜伏中である事がばれてしまったというなんとも間抜けな話。DNA鑑定でも一致し、犯人しか知りえない情報も暴露しているようなので本決まりでしょうが、このDNA鑑定の結果というのが、過去の逮捕されていた際のものだとすると、何故直ぐに解らなかったのかと言う話になります…が、アメリカって、各州警察のデータベースは、その州だけが保有するものであって、全米規模のデータベースって無いんですよね…州を越えて犯罪者を逮捕する事もできないし(--;
ちなみに、現在ではそれでは不味いという事で、全米規模のデータベースを作り「殆どの」警察署がそこにリンクしているそうです。
が、それはつい最近の事(少なくとも2002年の段階では、全米規模のデータベースは無かったそうです)。10年前ではどうしようもなかったという事でしょうか?
しかし、それで両親に疑いが向けられたまま、コロラドに住めなくなって引っ越す事になってしまうと言うのはちょっと…(^_^A
DNA鑑定では潔白が証明されているのですが、それでも疑う周囲の人は「父親は特殊な趣味」とか「母親の依頼殺人」とでも思ったのでしょうか?

なんだか、この事件ではアメリカと日本の違いみたいなものが浮き彫りになりましたね。
一つは、ごく幼い少女にまで美少女コンテストに参加させて、それが全米に中継されるような、漫画の性規制とか以前の「社会の認識」と言った問題。
もう一つは「州警察」と言った、縄張り意識の強い排他的集団が犯罪者を取り締まっている事(勿論日本もそうですが、アメリカ程じゃありません)。

> ホスト部
何つうか…
0608171.jpg
お姉さんの改変振りが…orz
アレじゃ「純粋な双子が悪いお姉さんに騙されて歪んだ」様に見えるジャン!Σ(=ロ=;
いや、実際そういう話の方向で改変されてる訳だけど、原作では「既に歪んでた双子が、プロの詐欺師のお姉さんから処世術を学ぶ」と言う心温まる(?)話だったのに…
アニメではお姉さんの事を好きだった双子が、好きだったから見分けて欲しくて「とっちが光る君でしょうかゲーム」をはじめ、そして裏切られると言う展開…
双子のキャラを(解りやすく)理解させるための大胆な改変な訳ですが…これだと
双子がお姉さんに懐いた理由が解らん!
20060817194504.gif
原作だと、ここら辺は実に解りやすいんですけどね(^_^A
0608172.jpg
それにしても、確かにこの女の子は酷いですが、それは双子も同じな訳で、自分たちが傷ついているから他の連中を傷付けてもいいと言った理屈はなぁ…(--;
この後、この子には環がフォロー入れた訳だけど、双子を理解させる為の話として作ったなら「双子改心>女の子に謝る」を入れるべきだったような気がします。
0608173.jpg
こっちの子には全くフォロー無しだし。
ただ、見分けて欲しいけれど、髪型を変えるなどの事はしない。これは当たり前かなと。
他人に受け入れてもらう為に、今の自分を変えるって言う事は、それは本当の意味では自分が受け入れられた事にはならない訳ですし。
勿論、髪形を変えるなどは些細な事ですが、それで見分けられても「相手は、光(馨)ではない自分を受け入れたのか?」と言った本質的な部分が未解決ですしね。
そういった事を視聴者に伝える為の手法としての「悪質などっちが光くんでしょうかゲーム」はOK。
女の子に何のフォローも無いのが、非常に不味い訳です。
そんな訳で、今回は多くの不満があったなぁ…

> NANA
毎回おなじみの冒頭のポエムですが、今回は「次に恋をするなら、少し冷たいくらいの男がいい。私の下らない我侭なんかいちいち聞いてくれなくていい。だけど、喧嘩した次の日には一輪の薔薇の花と愛の言葉をくれる…そんな男」…改めて聞くとタクミそのものジャンΣ(゚ロ゚)
そんな訳で、先週ヤスの事を書いたので今回は
0608176.jpg
この男の話w
オタに人気なさそうなだけでなく、婦女子からも蛇蝎の如く嫌われていそう(実際はどうだか知りません)なタクミです。
エゴイストだし、ごく普通に浮気してるし、他人を傷付ける言葉が無意識で出るし、ガキっぽいトコあるし、なかなかの最低人間なのですが、実際は、単に行き方が不器用なだけなんですよね。
大切な相手をどう扱っていいかも分からないような。
と、弁護してしまうのは、自分本位な辺りとか、計算高いくせに生き方が不器用な所など、ギャブレットと重なる所が多いからなのですが(^_^A

ところで…
0608177.jpg
この人の声、物凄く苦手だ…非現実的な世界観の作品ならいいのかも知れませんが、何となく癇に障る声です(--;
あと、レイラって気だるい感じもあるキャラで、そんなギャップが好きなのですが、普段がこれだと…orz
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。