スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクランブルエッグは炒り卵ではない!
・今回のレビュータイトル
「ハチミツとクローバーⅡ#12」
シュレッドチーズ1キロを購入した為に、最近はチーズリゾットだの
グラタンだのと言った、チーズを使った料理を作っています。
その中で、チョイ変わっていておいしい料理が有ります。
スライスしたたまねぎと細切りにしたジャガイモ(好みによってはベーコン等も)をしんなりするまで塩コショウで炒め、チーズを加え、卵を割り入れて手早く混ぜ合わせます。たったこれだけ。
ポイントは卵がトロトロの状態にして固まらないようにする事。余熱も計算した方が良いですね。
スクランブルエッグよりもチョットだけ生に近い感じです。
良く「スクランブルエッグ=炒り卵」と思っている人がいますが、完全に火が入って固まったスクランブルエッグはスクランブルエッグでは無いんですよね(--;
つまり、スクランブルエッグを炒り卵と訳すのは、料理に全く関心の無い人物の横暴による野蛮な誤訳です!
シチューを肉じゃがと訳すような物ですかねぇ…まぁ、それも雰囲気としては伝わりますし、肉じゃがもシチューの一種と言えなくも無いですが、肉じゃがは肉じゃが、シチューはシチューであるように、スクランブルエッグはスクランブルエッグです。

卵がそれぞれの小さな塊に別れ、完全に固まっているのが炒り卵であるのに対して、トロっとした感じが残っていて、初めてスクランブルエッグです。これには余熱の計算が必要なので、フライパンの中で上手くできていても、余熱で固まってしまう場合も多いですし、それを避ける為に火の通りが不十分で、傾けたら生卵が流れてくる(多少は仕方ありませんが)という事もあり、基本中の基本で有りながら、ちゃんと作るのが難しい料理です。
火を止めた後も、フライパンの中で調理を続けるのがコツですかねぇ?
トロっとした感じを活かす為に、基本的に具材を入れる時には、それぞれの具を同じ大きさに細かく刻む事も特徴です。

> ハチクロ
うわ…竹本くんの声が違うのは事故で仕方がない事ですが…
竹本くんの出番を増やす為に、竹本くんのシーンは全く削らずに、あゆと野宮さんのシーン全面削除&「真山は森田さんをどうやって捕まえたか?」がカットされている…
20060717183647.gif
以前も書いた様に、本能のジャッジのシーンは結構好きな所だし、フィクションでは…特にこういった恋愛を描いた作品では「人生の中で恋愛が一番大事」といった描かれ方が多い中で、「恋愛が一番ではない」というはぐが理解できないあゆは視聴者の代表意見でもあり、それを納得させる為にも削らない方が良いと思うんですけどねぇ…
いや、それが有っても(原作を見ても)「竹本は負け犬」とか言い出す人間もいるから、アニメでは「分からん奴には何を言っても分からん!」で説明を省いたと見る事もできるのですが…だとすると乱暴な話だ(--;
20060915204917.gif
あと、そこ削ると、連鎖的に最終回で2番目に良いシーンだなぁと思ったココも無くなっちゃうからなぁ…
さて、無いものを嘆いても仕方が無いので本編。
0609151.jpg
この家族は、アメリカのホームドラマの様な気の良い人たちですね(^_^A
息子が、技術者から企業家になった父よりも、技術者であり続けた祖父を評価していたり、娘が園芸家だったりというエピソード削られてますが、そこは、娘が園芸かであることを調べて、森田さんや城山が社長一家がこの家を手に入れられる様に裏から手を回したんだろうな~というヒントになる部分なので、そこ削ってカオルが理解するのも不自然だと思うなぁと(^_^A
そういったトコを削って、ナニを大事にしたのかといえば
0609153.jpg
竹本!
自転車のシーンや寮を出るシーンで間を大切にしたのは良いとして、OPの竹本のモノローグや卒業したというモノローグを付け足すなんてしなければ、娘が園芸家、息子が祖父を評価の説明ぐらいできたのでは?
0609152.jpg
そしてもう一つは森田さんの映像。
原作では
20060915214427.gif
森田さんが職場のライブ映像をネット配信していて、はぐは森田がいないのにもかかわらず、森田の仕事部屋を楽しそうに見続けているという「深い」表現が有りまして、さらに先生は森田を見ているはぐを見守っているという構図が泣けたのだけど、アニメ版のTVに出演している森田を見ているはぐと、それを見ている先生だとチョット薄い(--;
森田を見せる事でファンサービスという意味が有るのでしょうが…ちょっと方向が違うかなと(^_^A
森田が留年を続けて浜美に居続けた理由を、先生が(自分と同じである事に)気付いていたといった事を入れたのは良し。
そういや、浜美って浜田山に有る事になってるんだよなぁ…むっちゃウチの近所ジャン(^_^A
ちなみに、モデルとなった武蔵野美術大学は、漫画家の聖地「チキジョージ」のさらに先ですw
【総評】
非常に分かり難い作品だと思う。
「恋愛モノ」という決め付けで見ると、本当に理解できないのでは?
そういった見方だと、「竹本=負け犬」「はぐ=ビッチ」という意見も理解できるし。
そうやって価値観固定して見ちゃうと、この作品はわかり難いと思いますが、価値観なんて人それぞれなんだという見方をするだけで、大分理解できるようになるかと。
この作品は「立ち止まっている人」を描いた作品でも有るんですよね。
父親の会社を乗っ取られ、父を亡くし、復讐に走る兄と共に生きる森田さん。
青春時代を共に過した無二の親友(夫)を亡くしてしまった先生(リカさん)。
叶わない事が分かっている真山への思いをずっと抱き続けて、変化を拒むあゆ。
人生に悩み、自分探しまでしてしまう竹本。
0609154.jpg
そんな彼らが、歩き出すまでの物語…

あれ?

先生ははぐと過しているうちに立ち直って、リカさんも真山のおかげで歩きはじめて、森田さんは復讐終了>カオル帰還&はぐの「ずっと見ている」攻撃でこれも復活、竹本は悩んでいた時間や実らなかった恋が無駄じゃなかった事を悟って、一回り大きくなってスタートを切る…

って… アニメだと
あゆが歩き出して無ェッ?!Σ(=ロ=;

20060915204917.gif
何故削るΣ(=ロ=;
野宮さんの良いシーンなのに…orz
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

野宮ー!!(TДT)
野宮さぁーん!あゆー!!!゜・゜(ノД`)゜・゜

竹本くんより、野宮さんを(私に)ください。(何

原作読まずにアニメ見て、泣いてるヤツなんですが(笑)
やっぱ、原作読んだ方がわかりやすいですかね?


…不覚にも、ピータールーカスの(*´3`)の顔に萌えた(爆)
か、かわいい…

あと、ハチクロって、動物が可愛くって仕方ないです。(唐突)
あゆを守ってるユニコーンは、笑えたけど(笑)
紅桃 | URL | 2006/09/16/Sat 04:03 [EDIT]
ハチクロ終了
とうとう終ってしまいましたね。漫画もアニメも。

改めて見ると本当に奥が深かった作品だと思いました。
竹本、山田の行動はモノローグで語られているのでわかりやすかったのですが、以外にも他の人物も行動動機がしっかりと描かれていて、作中で生きている雰囲気があったと思います。

終るのが名残惜しいと思った漫画は久しぶりです。

>スクランブル・エッグ
違ったんですか!ずっと固まったのがそうだと思っていたのに!
子供の頃初めて手がけた料理なので、そのままこの年まで来てしまった…。
Coltrane | URL | 2006/09/16/Sat 08:23 [EDIT]
ハチクロ新刊買ってなかった・・・!
明日買ってこよう・・・。

>>スクランブルエッグ
難しいですねぇ。
未だに巧く作れませんよ。黒川さんの料理知識には脱帽ですw
裸ヴ本 | URL | 2006/09/16/Sat 20:54 [EDIT]
re:紅桃さん、Coltraneさん、裸ヴ本さん
>紅桃さん
野宮さん良いですよねw
私の場合は年齢も近いせいか、どうも感情移入してしまいます(^_^A
アニメの最終話は削られているシーンも多いですし、原作は最終巻だけでも(何とかして)読む事をお勧めします。
そう言や、最終巻出てたんだった…(--;

>Coltraneさん
終わっちゃいましたねぇ…
人間の嫌な部分を描写する事で、キャラクターを人間らしく描写する作品は多いのですが(今回取り上げた、井上氏の作品なんかモロに)、ハチクロの場合、そういった部分は最小限で、強烈なエゴで人間性を出してましたからねぇ…いや、何かマイナスの意味で使われる事の多い言葉ですが、エゴって大切ですよ?
「フルバ」もそろそろ終わるし、終わったら読んでいる少女マンガはNANAとホスト部だけか…
いや、ホスト部は紅桃さんお勧めだったので、アニメ化を機に読み始めたので、昔から読んでるのはNANAだけに…NANAも終着点が見えてきたし(--;

>裸ヴ本さん
聞いた話では、単行本では番外編の他に加筆部分が有るそうで、ぜひ読みたいのですが…手近な本屋に無い(--;
しまった、渋谷で見かけた時に買っとけば良かった(--;
スクランブルエッグは難しいですよねぇ…料理の知識は趣味だし、自炊なので(^_^A
黒川 | URL | 2006/09/16/Sat 21:51 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。