スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと眼帯外れた…って、それ所ではない orz
・今回のレビュータイトル
「魔弾戦記リュウケンドー#37」「桜蘭高校ホスト部#25」
結局、火曜までに目が治りませんでした。眼帯で仕事にならなかったです(--;
シナリオの方も三連休を使って進めようと思ったのですが、最初に無理して後はもう全然作業できなかったと言う…急がば回れとはこの事ですね orz
しかし、とりあえず復活しました!
眼帯付けていた(涙で皮膚がふやけた)事が原因で、目の周りに炎症ができましたが(--;

…と、今回はそういった方向の話を書こうとしたら…
曽我部和恭氏死去の一報が!Σ(=ロ=;
ブライトさんが肺ガンで逝った次は、ワッケイン司令が食道ガンかよ…orz
てな訳で、両目が開いて先ずやった(SRCがらみの)事は
20060920053707.gif
ワッケイン司令のアイコンを描く事でした。

ちなみに、私が彼の仕事で一番好きなキャラは「ガンバルガーのヤミノリュウス」ですけどね(^_^A
良いキャラなんですよヤミノリュウス。
大魔界と言う所の魔術師で、地球を大魔界にしようとする敵キャラ(しかもメインの)なのですが、人間の姿でいる時に主人公たちの担任教師に惚れられてからが彼の転機。
正体がばれた後も(先生は一時落ち込みますが)、先生はメガホン持って戦場に現れ「本当のあなたは良い人です!」とか言われて追い回され、ラストで復活した邪神が(復讐心から)地球を大魔界に変える事よりも、破壊しようとした為に(あと先生を守る為にw)邪神と対立して主人公たちに味方し、邪神を倒して地球を救ったあと
0609191.jpg
「全ては終わった…大魔界の魔道士ヤミノリュウスは、今日を最後に姿を消す…もう、お前たちの前にこの姿を現す事は無いだろう。さらばだガンバーチーム!本当に見事な戦いぶりだったぞ!」と言って姿を消します。
0609192.jpg
いやぁ、もう泣き崩れる先生がかわいそうでかわいそうで…
この後、平和な世界になったあとの主人公達の日常が描かれ、さらにEDで、その後の展開が描かれるのですが、他のキャラが明るいのに対して、先生はウェディングドレスのショーケースの前で、一人寂しげに佇んでいたりします…
0609193.jpg
…ってアレ? 何か映ってる(^_^A
0609194.jpg
大魔界の魔道士ヤミノリュウスは姿を消したけど、闇野さん(ヤミノリュウスが人間に化けた時の偽名)はずっと一緒らしいです(^_^A
「ちゃっかりしてんなぁ」と思いつつ、先生が幸せそうで良かったと思わずにはいられない、心に残る最終回w
ライジンオーとゴウザウラーは忘れましたが(^_^A
(校舎が変形してガクエンガーは覚えてますけど、アレは最終回1話前だった筈(^_^A)

他に、J9三部作の「真の主役」(バクシンガーならシュテッケン(土方歳三))、聖闘士星矢のサガ&カノン、セーラームーンのクンツァイト、ヤットデタマンの主人公等、印象深いキャラだけでも色々と演じられていました。
謹んでご冥福をお祈りします。

さて、SRCシナリオの3話冒頭をちょっと弄って、ワッケインを登場させるかな。

> リュウケンドー
ロッククリムゾンがまたまた復活する話。しかも、復活直後の記憶の混乱でいっちゃん&りっちゃんの
0609201.jpg
市子に惚れると言う話ですよ(^_^A
所で、相棒が主役だと言うのに律子は長期休暇と言う事で今回は出番がありません…この作品は去年の暮れには撮影が終わっている作品なので、時期的に考えて「仮面ライダー THE FIRST(映画)」か「正しい恋愛のススメ(TBSドラマ)」辺りと、中の人の撮影スケジュールがバッティングしたんですかね(^_^A
本来のプロットで律子の役目だったと思われる所に鈴が入っています
0609202.jpg
…だから、いきなり鈴が拳銃構えたりして(^_^A
それにしても「例え相手が岩だって、話せば分かる筈」「警官と岩石は…恋できないの」等、市子の迷台詞と、
0609204.jpg
魔弾戦士3人が絶妙のコンビネーションで放つ珍プレー(敵を囲んで、砂をかける…「いわタイプ」のポケモンであるロッククリムゾンに「すなかけ」は効果薄いぞ(^_^A)等、おかしな所が多いですが、あえてロッククリムゾンにトドメを刺したのが、
0609205.jpg
マグナリュウガンオーである事をおかしな所とは思いません!Σ(゚ロ゚)
…まぁ、またロッククリムゾンは復活する訳ですが(^_^A

> ホスト部
06092010.jpg
学園祭の話って事で、それを利用してゲストキャラの皆さんがさりげなく再登場。
しかし、アニメ版最終回へ向けての展開を作る為に、原作とは大幅に内容が変更されています。
全体的に話は暗めにしてある為、理事長のバカさ加減も抑え目に…
0609207.jpg
原作知らない人は「これで抑え目?」とか思われるでしょうが、理事長のバカ親ぶりは「自由人HERO(柴田亜美)のパーパ」を思い起こさせます…あの作品は、クラーケンと決着付けて終わりなら、間違い無く名作だったっスorz
ちなみに、原作のままだとシリアスな話に対して「面白すぎ」な為か、はたまた「ウェブスター = ジーン・ウェブスター = 赤毛のアンの作者」と言う事が分かりにくい為か、アニメでは
20060920153939.gif
このシーン無し…理事長の夢だったのにw
まぁ、この親子は夢が多すぎるから、1個や2個諦めるぐらいでちょうど良いって事で(^_^A
しかし、このシーン無しでハルヒに「おじさま」と呼ばせようとすると、エロ親父に見えちゃうんだよね(--;
また、シリアス重視な展開は
0609209.jpg
このキャラにまで及び、作品始まって以来の
「テンションの低いれんげ」が!Σ(゚ロ゚)
鏡夜にふられた時にも、(感情のふり幅として、マイナスの方に)ハイテンションだったのに、ローテンションのれんげって想像できなかったですよ?Σ(゚ロ゚)
何か、こんな演出されると最終回に「ハルヒが女だった事を、れんげはずっと前から知っていた」とか言うオチが来ても、おかしくない位置にれんげと言うキャラが来ましたね…見破っていた事をシリアスで告げたあとに、いつものハイテンションキャラに戻って「それも萌えですわ!」とか(^_^A
何だかんだ言って、初登場時の「ホスト部部員のキャラ設定」も、かなり的を射ていますし、「実は鋭かったれんげ」が最終回に来るのか?Σ(゚ロ゚)
さて、ここまでしてシリアスに持っていった理由などは、話の核心的なバレになってしまうので置くとして…私は8巻以降の話は知らないのですが
0609206.jpg
この人は、原作で登場しているのでしょうか?
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。