スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製作状況
・今回のレビュータイトル
「桜蘭高校ホスト部#26」
さて、14話はアドベンチャーパートで色々イベントを用意しているので、
予想以上に手間取っている訳ですが、現在何処まで完成したかと言うと…
20060927083959.gif
イデイベントを完成w
「ガンダムオンリーの話なのに、何故イデオンが?Σ(=ロ=;」と思われるでしょうが、イデオンって戦争を語る上で、非常に分かり易い話なんですよね。ガンダム世界のスペースノイド(コーディ)とアースノイド(ナチュ)の対立などの場合は特に。
イデオンは、異性人同士(片っ方は地球人ですが)が出会ってしまい、未知の相手に対して過剰に反応してしまい、争に発展するという話なのですが、この相手を知らない「無理解」から相手に恐怖し、過剰に反応して争いに発展すると言うのは、戦争の根幹には必ずある事なんですよね…だから、理解し合えれば争いが無くなると言う理想論がガンダムではニュータイプと言う形で描かれている訳で…
いや、私の作品の中で「相手を理解すると言う事と、それで相手を受け入れられるかは別の話」と、アムロやララアの夢想をぶった切っちゃってますけどね(^_^A
「例え相手を理解できなくとも、受け入れる事は出来る」と言うのが、この話の結論なので。

で、ガンダムの作中にどうイデオンを絡めるのかと言えば、実はこの2つの作品が絡んでいるガンダム作品が有るんですよ。しかも、ちゃんと大真面目な話として。
私の作品の中では、この設定を採用して「ヨシユキ・トミノの小説を基にしたアニメ」として放映されています。
「アニメキャラ」と言う事で、アイコンのデザインも私の画風の影響を極限まで排して、出来るだけアニメのまま描いています…と言いつつ、目の描き方(バランス)とか、どうしても私的に許せない所が、自己流に修正されています(^_^A
そうそう、イデオンまともに見たことが無かったので(笑)気付かなかったんですが、バッフクラン人って「眉毛の輪郭線が無い」んですね(^_^A
発動編ぐらい(TVでやってるのを途中からではなく)、レンタルしてちゃんと見よう(--;

ちなみに、キャラはアニメのままに描いたのに対して、
20060927090945.gif
イデオンはかなり自己流(^_^A
ちょっとモーターヘッドが入ってますよ?Σ(=ロ=;
これは、Zガンダムの終わり辺りの話で、勝利条件を満たせないと、2話ぐらい「逆襲のギガンティス」ルートをやって終了…と言う流れの予定なんですね…何年後だΣ(=ロ=;
そんな先のアイコンを、せっせと描いてどうする(--;
いや、描いたからには顔見世で出しますけどね…しかし、14話でイデイベントを出すと、ギャブレットは大幅強化(精神ポイント+10)される代わりに、かなりのイベントを取り逃すという罠が(^_^A
まぁ、「このイベントを出す為には、かなりのイベントが犠牲に…」ってのは、イデイベント以外にも有るので、それこそプレイヤーによって全然見ないイベントが沢山有ると思いますが…ちなみに、イデイベントと両立しない(これもリスキーな)イベントでは、ランダムでアイテムを入手できたりします。
ってな訳で、「コレが完璧な正解!」ってのが出難い方向で、14話のイベント作成中です!

> ホスト部
バレになる事は極力避ける方向でレビューしますが…
0609271.jpg
結論から言うと
続き(第2期)を作れる様に作って、さらに最終回としての一応の締めくくりもビシッと決まっている仕上がりになっています。

てか、
0609275.jpg
アドゥレセンス黙示録?!
(劇場版ウテナ。ただし画像のシーンは「姫宮~っ!手を…手を伸ばして!」と言うTV版ウテナの最終回w)
何か、ラストの激走シーンは劇場版ウテナを見ている様だったので、試しに「疾走(ホスト部ED)」がバックで流れているシーンに「輪舞-revolution~アドゥレセンス・ラッシュ(劇場版ウテナのクライマックスでかかる曲)」を流してみました…
流石に、クソ長い曲なので後半は合いませんが(でも、エクレールの告白とアドゥレセンス・ラッシュの後半の盛り上がりが5秒ズレていたら、ED部分がアドゥレセンス・ラッシュの変調後にかみ合う(^_^A)、特に「♪レ ヴォ リューション」の「ン」で
0609272.jpg
ハルヒが馬に手綱を入れたり、
「♪現じ~つは がむしゃら~に 来るし~」の「来るし」で
0609273.jpg
馬車が道路に乗り上げなど、鳥肌立ちましたw
さて、各人の見所。
0609274.jpg
一年生'Sを行かせる為に、武装したプライベートポリスの群れの中に降り立つ3年生'S…てか、ハニー先輩の男っぽい叫びを聞いちゃったよ(^_^A
その後、カワイ子ぶられてもなぁ…
0609277.jpg
そこでかぼちゃ畑なんだ?Σ(=ロ=;
0609278.jpg
ハルヒ父にも見せ場が!Σ(゚ロ゚)
0609279.jpg
環は完全に姫状態(^_^A
06092710.jpg
鳳鏡夜恐るべし!マジ恐るべし!Σ(=ロ=;
そして、馬鹿が二人に…(--;
いやぁ、アレは鏡夜パパの勇み足なのか、パパはちゃんと鏡夜の事を(そういう鏡夜自身が気付かない所を)分かっているのか…

【総評】
1クール目は原作を分かりやすく改変しようと言う試みが非常に上手く、NANAとは好対照でしいた(^_^A
ただ、中盤からは最初のキレも無く、「?」と思う様な部分も有りましたが、それでも他のアニメに比べると高い水準にあったと思います。
てか、今週の「絶望先生」にも有ったけど、最近のアニメは数ばかり多くて豊作貧乏…(--;
そして、環の演技が非常に良い!
原作の環よりも馬鹿犬っぽいなつっこさを感じます(^_^A
06072610.jpg
そうそう、犬といえばアントワネットが庶民デパートの出身と言う改変も、愛すべき馬鹿犬アントワネットに親近感が出ますね…いや、やんごとない出身の犬って、子犬の頃からちゃんと躾けられていますし…こういった細かい改変にも、アニメ版の特色が有ります。
全ては「尺合わせ」と「分かりやすさ」の追求。
原作が終わっていない作品ですし、どう纏めるのか気になっていましたが、そういった「原作の理解を根本に置いた改変と超解釈」をやってきたアニメだけ有って、良い感じに纏まっています。大満足ですw
11441673413249582.jpg
「少女革命ウテナ」を思わせる舞台的な演出が随所に有る事も特色。ウテナ好きなんだなぁ(^_^A
本当に、アニメ版スタッフの皆様、お疲れ様…































あれ、何か忘れているような…




















0607199.jpg
あ…




























1147797088612e203.jpg
06050305.jpg
れんげが出なかった!Σ(=ロ=;
06051104.jpg
れんげは原作では「本当にどうでも良いキャラ」なのですが、アニメでは非常にキャラクターがパワーアップしており、それに比例して出番も大幅アップ。
てか、アニメ版れんげは大好きだ!
コレでれんげが終わるなんて…orz
納得がいかんのだ!第二期!第二期を要求する!Σ(゚ロ゚)

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。