スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときメモとD.Gray-manとオリジナルのTRPG
・今回のレビュータイトル
「ときめきメモリアル ~Only Love~」「D.Gray-man」
昨日に引き続き、秋の新番組のレビュー。
> ときメモ
何と言うか…
06010031.jpg
奇人変人と
06010032.jpg
ヒロインキャラの差が大きすぎて、同じアニメの登場人物に見えません(--;
奇人変人が大挙してこのアニメに登場する理由は、オンラインゲーム内の珍妙なアイテム(猫耳やアフロ)等を、アニメの中の「一般生徒」にも再現している所にあり、それを浮いた存在にしない為、
06010033.jpg
「心配するな、新しい薬の究明だ!成功したら、お前のパンチのスピードは倍になる!! 」
みたいな変人を大量に出してるからです(^_^A
ちなみに、この変人さん達の中の人が豪華で、この偽アミバ様は勇者王の人、オカマの音楽教師はカミーユの人です…何だ、この無駄な豪華さは(--;
そして、ヒロインはそういったノリから完全に保護してるんで、まるで別のアニメのキャラに(^_^A
アホなアクセサリーが優秀生徒の証なら、ちゃんとヒロイン達も付けろよ(--;
あと、この学校の校風は「自由」だそうですが、完全に自由を履き違えてます(--;
こういうのは、単に「滅茶苦茶」とか「お祭り好き」とか
06010034.jpg
生徒をどう扱うのも「生徒会の自由」とか言う物では…(--;
まぁ、自由というのは何が起きても自分で責任を取らなきゃならないって事で、
06010035.jpg
生徒会長がちゃんと好き勝手やった責任を追及されてるのは良し。
かなり微妙というか、話し自体は期待できないと言うかなのですが、とりあえずしばらくは見てみようかなと思います…レビューは無しで(^_^A

> D.Gray-man
うわ…何か、色々な部分で私が作ったオリジナルTRPGのアンデットと、対アンデット僧侶、退魔士(エクソシスト)に設定かぶる所が有るな…エクソシストって名前がかぶるのは当然として(^_^A
しかし、かぶると言う事は、こういう設定好きって事なんですけどねw
1159866330150b3db.jpg
あと、メガネの婦警さんがいいんですよ!
1159866416069d463.jpg
メガネの婦警さんが!
まぁ、婦警さんは単発キャラみたいだし、レギュラーキャラが出るのは二話め以降なので、「設定が自分の趣味に合っていた」としか言えません(^_^A
この作品の悪魔は、死者の魂を
11598672343915cc3.jpg
機械(思いっきりプラもみたい(^_^A)に封じ込めた殺人兵器であり、機械を作った「伯爵」の命令に逆らうことが出来ない。死者の魂を機械の中に封じられるのは、死者に強い思いを抱く人物だけ(だったかな?)。そして、悪魔は人の皮をかぶって人になりすます。
11598672689290be4.jpg
1話では、結婚式当日に奥さんを失った花婿に、「奥さんの魂を蘇らせる事が出来る」と言って奥さんの魂を使って悪魔を作り、その奥さんに旦那を殺してその皮をかぶらせ、旦那になりすませていたと言う話し。
イイ感じにグロテスクですね…人の死体を着るとかでなく、話しの作りが(^_^A
設定は好きですが、話しがどうなるのかアヤシイので(かなり、ハガレンっポイし(^_^A)、やはり視聴は続けますが、レビューは多分パス。

で、この作品の悪魔とわたしのTRPGのアンデットがどう似ているのかと言うと、私ントコではこういう感じになってます。
(以下、コピペ)

リブルアースの生物が死ぬと、その魂は冥界の海に転移し、安らぎと幸せの中をたゆたい、今までの人生の全てを冥界の海に流し去って、完全に真っ白な魂になった後に地上に生まれ変わる(通常は1d3年+生前の累計EXP×1日かかる)。
それではこの世界には地獄が無いのかと言うとそうでもない。
どんな悪人にも罪悪感は存在する。通常、それ以上の快楽や罪を日常化させる事で罪悪感を麻痺させているのだが、肉体を失い、快楽や日常が失われた瞬間、今まで無視してきた罪悪感が一気に蘇ってしまう。
この時、あまりに強い罪悪感を抱くと、その苦しみと恐怖、後悔の念がDFとなって魂を捕らえ、スピリッツと呼ばれるアンデットとなってしまう。
憎悪や悲しみ等の強い不の感情を抱いて死んだ場合も、やはりそのDFが魂を捕らえて、ゴースト等のアンデットとして実体化してしまう。
その他、邪悪な魔術師がアンデットを作り出したり、高位のアンデットに殺害された犠牲者がアンデット化する場合も、(外的な方法では有るが)魂をDFでコーティングし、冥界へのシフトを阻止すると言う基本は同じである。
DFとは不の感情が生むエネルギーの事。通常は意識界に生まれて邪神(デーモン)となるが、死者の魂をコアとしてリブルアースに物質化、半物質化したモノがアンデットである。
スピリッツと化した魂は、己の罪の意識の中に閉ざされ、誰の許しも施し設けられぬまま、恐怖と苦しみを味わい続ける事となり、これが先に述べた『地獄に落ちる』と言う現象である。
『死の女神カラム(ポットコート(注1)での名は大日如来)』は冥界に住まい、死者の魂の安息を願う退魔の女神であり、DFを消し去り、アンデットの魂を救済するのがカラムとその眷属(五大明王)に仕える僧侶「退魔士」の使命である。


要するに、魂を閉じ込める(魔法使い等が人為的にそれをやった場合は、当然意のままに操る事が可能な兵器になる)と言う発想や、エクソシストがアンデットと戦う理由は魂を救済する為であり、滅ぼしたり、戦ったりするのが本分ではない辺りが似てます。

ちなみに、エクソシストと言う特別な存在が居る事から、何となくお分かりでしょうが、このゲームでの僧侶は、どの神様でもアンデットに強いとか言う事は無いし、回復呪文が出ないに等しい神様も居ます。
その代わりに盗賊技能を修得した上に呪文もそれ系(鍵開けたり、罠外したり)がボコボコ出る神様や、攻撃呪文がドカドカ出る神様、魔法がほとんど出ない代わりに通常攻撃力がファイターより強くなる神様等、信仰する神様によってまったくできる事が違ってきます。
カラムの妻である天月読毘売(注2)の僧侶等は、僧侶自身は殆ど攻撃力を持たない(僧侶どころか、神に仕える騎士でさえ武器持っちゃ駄目)にも拘らず、自分の守護天使(注5)を体に宿す事で、素手の攻撃力が馬鹿みたいに上昇します。
ルーク神族という所の神様(機神(デウス))に仕える僧侶なんかは、魔神(マシーン)という機械天使を召還し、融合する呪文(あと、セイバーというホーリーシンボルから光の刃を出す呪文)しかありません(^_^A
てか、呪文が出ない僧侶が殆どなので(注6)、僧侶と言うジョブは教会と言う巨大な組織の後ろ盾がある事が強みだったりします。
だから、教会が無い(事が殆どの)下級神の神様は、何が何でも呪文が出る様にキャラを作らないと、殆ど旨みが無いです…まぁ、下級神の僧侶は呪文がカスで、アンデットに対してのみ有効なトゥルーシーング(注7)が常にかかった状態になる等、呪文以外の特典が旨い神様ばかりですが。

注1 リブルアースで言うアジアチックな文化圏。

注2 高天原神族という、異なる神族の神様。要するに政略結婚。彼女自身は争いを好まない。邪神戦争(注3)が起こる度に狙われる月読を守護する為に、彼女の眷属は冥界に住まう歴戦の勇者である悪魔(注4)達から神話の時代の格闘術『コスモス』を学び、強力な武術を身につけている。神に仕える騎士の上級クラスであるセイントは、本来は月読の眷属の事を指す。月読に仕える騎士は武器が持てない為、他の騎士とは別のジョブだと思って良いほどの差が有る。

注3 リブルアースには100年に1度『魔王の因子』を備えた者が誕生する。その全てが魔王となる訳ではないが、魔王の因子を持つ者が発生させる怒りや悲しみ等の不の感情(=DF)が臨界点を超えた時、その者は血と、肉と、魂を兼ね備えた邪神=魔王となり、意識界と冥界を繋ぐゲートができる。
この時、魔王を守護していた上位の邪神(グレーターデーモン)は邪神将(デーモンロード)となり、軍勢を率いて冥界に攻め込み、月読を
手に入れる為、月光宮を目指す。このデーモンの一大侵攻を邪神戦争と呼ぶ。
また、この世に魔王が現れている期間にはアンデットも大量に発生するが、これは邪神戦争の影響で、この期間に人間の世界で生き物が死んだとしても、魂が冥界へ転移しない為、この世界に死者の魂があふれかえる為である。冥界へのゲートを開けば、魂を冥界にる事ができるが、そのゲートから邪神が現れる可能性も高い。

注4 死後も冥界に留まる人の英雄達。人界を神々から守る監視者。神に弓引く者=悪魔。神であるアムスは潜在的な敵ではあるものの、信頼関係が結ばれている。

注5 呪文が使える僧侶(注6)一人一人の背後に憑いている天使。僧侶の呪文は僧侶自身ではなく、僧侶の祈りを受けた守護天使が使用している。守護天使を実体化させたり、僧侶の体に降臨させる呪文等も存在する。

注6 2d8(8面体のサイコロ2個を振る事。2~16の乱数が出る(当然、9が出易く2や16は1/64の確立でしか出ない))を12回行って、12回分それぞれの出目を9個有る能力値に好きな様に割り振る事で初期能力値が決まるのですが、幸運が14以上無いと、僧侶は呪文が出ません(^_^A
故に、PCではない(平均的な能力地の)大多数の僧侶は呪文が出ません。
ちなみに、能力値に使われなかった3つの出目を合計して、生来の特殊能力を習得できる為、宵で目を能力値に集中すると、特殊能力が習得できなかったりします。

注7 高位の探知呪文。呪文の系統によって効果と名前が変化し、僧侶呪文の場合は「ザム・マナ・テクト(広囲・魔法・探知と言う神聖語)」。
視界内の魔法の存在が光って見える様になる。光の色と強さで、その魔法がどの魔法に属し、何レベルかもある程度解かる。
幻影、不可視の生物やアイテム、アンデット、アウタープレーンクリーチャーも同様に光って見える。
魔法などで姿を変えている者も看破する事も可能。ただし、この魔法によって、相手の不可視や変身を見破った場合も、真の姿が解かる訳ではない(光って見えるだけ)。
また虚言を見破り、真実がどうであるのかも知る事ができ、相手が神を信仰している場合はその神の名も知る事ができる。


そうそう忘れてた…

060100310.jpg
コイツ、ときメモのキャラ(女の子の情報を教えてくれるキャラ)なんですが…
kib.jpg
この人に見えて仕方がありません(--;
キバヤシ「○○何だよ!」
主人公 「何だってーーー!」
みたいなネタやらないかなぁ…
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。