スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放送禁止
・今回のレビュータイトル
 「魔弾戦記リュウケンドー#40」「お願いマイメロディくるくるシャッフル#29」
 「ライオン丸G#03」

え~、コメントの方はそうでもなかったのですが、
検索では「しじんの村」「フジ」「放送禁止」等がえらいヒットしており、この際なので、今週は「放送禁止:解剖編」をやってみようかと思います。
この「放送禁止」シリーズは、最低2回見ないと深いトコまで分かんないと言った作りになっていて、困ったものなのですが「2回も見てらんねぇよΣ(=ロ=;」って人用に、この話に隠された「真実」もあぶり出し形式で書いてあります(^_^A
ちなみに、ここで扱われる「真実」は、私が感じた真実であり、劇中の中で実際に起こった「現実」では無いかもしれません。


事実を積み重ねていく事が

必ずしも真実に結びつくとは限らない…

この番組は細部にまで目を凝らしてご覧いただきたい

あなたには隠された真実が見えるだろうか?



放送~廃ビルにかかわり失踪者続出~
(本編の視聴はサブタイトルをクリック)


本来の取材目的
幽霊が出ると言われているビルを訪れ、その時一緒だった他の3人のメンバー全員が失踪したという青年と、問題のビルの取材。

経過
青年に話を聞く(青年は、その時の事を録画したビデオを見せる)。
そのビルの管理人に取材。
オーナーの許可を得てビル内部を取材。
3番目に失踪した看護学生の家を取材(ビル3階に書かれた「Z」の落書きが、彼女の教材にも書きなぐられているのを発見)。
ビルのオーナーへの電話取材(突然、ビルから消えた会社が有る事が判明。さらに、その会社が、自称超能力者「乙骨瞬時(本名、藤堂俊二)」の会社である事が判明)。
藤堂氏に取材をする為に、藤堂氏の別荘を取材(テープを残して、取材スタッフが消息不明となる)。

その後…
藤堂氏、ビルのオーナーも失踪。
藤堂氏の別荘をスタッフが訪れた日に、おなじ場所でUFOの目撃例が有った事が判明する。

真実
(以下、あぶり出し)
実は、このパート1はかなり不透明な話で、「確実にこれが真実だ!」と言えるモノは無いんですよね(^_^A
ただ、取材フィルムのあらゆる場所にビルの管理人が映り込んでおり、この管理人を除いて、全ての関係者が失踪している事から、この管理人がこの連続失踪事件の黒幕である事は間違いないでしょう。
藤堂氏に力を与えたと言う人物も彼である筈です。
ただ、心霊現象やアブダクションと言った事が本当におこったのでしょうか?
私が思うに、UFOの目撃例は、ただの偶然であり引っ掛けです。
劇中で専門家が言っている様に、集団ヒステリーや催眠と言った現象(特に、催眠はエンドロールでもその場面をわざわざ切り取って言っています)である可能性が高く、乙骨が見せた超常現象もトリックであると考えられ、超常現象などと言う不確かなものの関与は無いと思われます。
恐怖による催眠、洗脳と言ったものが、ビルの管理人が用いた「犯罪の手口」では無いでしょうか?

ここからは少し発想が飛躍します。管理人が黒幕と言うのはほぼ確実ですが、ここからは推測の域を出ません。

失踪事件が第三者の手によるものであれば、それは誘拐、あるいは拉致事件となります。
乙骨という名前から連想される人物に、共産党系のメディアで活躍するジャーナリスト、乙骨正生氏が居ます。
さらに、いかにも関連のありそうな失踪事件を「事件性も関連性も無い」として、本格的な捜索を行わない警察の対応。乙骨の「彼らは自らの意思で消えた」と言う発言。取材班を常に監視する(様々な場所でカメラに写りこんでいる)管理人。その管理人の取材カメラを隠そうとする仕草…

謎を紐解く鍵は、この作品が作られた時期に有ると私は考えます。
これが放映されたのは2003年4月1日(エイプリールフールだからw)。製作が企画されていたであろう時期は2003年の初めから2002年の末。その2002年と言う年は、10月15日にある重大な出来事が起きており、製作が企画された時期は、その出来事に関係する「ある問題」が日本中の関心を集めていた頃でもあります。
そして、この推測を行うに当たって、私がこれまでに挙げたポイントは、その「ある問題」を示唆していると取る事ができるものばかりです。

以上の材料から私が導き出した「仮説」が真実であったならば、何故このパート1の真実が、他のシリーズに比べて、極めて不透明な作りであるのか、その理由も明らかです。
勿論、私の推測は的外れで、「方向性がまだ決まっていなかっただけ」である可能性も高いでしょうw
ここでは、その仮説を口にはしませんが(ヤバ目だし(^_^A)、「管理人が何者だったのか?」「乙骨に力を与えた『彼ら』とは?」「失踪した人々は、今何処に居るのか?」その疑問に、私がどんな答えを出したのかは、今までのヒントでご理解いただけるかと思います。
あのビルは「管理人の仲間」のもので、ビルのオーナー、そして取材班や失踪した青年達はそれと知らずに近づいた為、秘密を知られたものとして狙われた…と言った所ではないかと推測します。


あなたには真実が見えましたか?


あなたに見えた「真実」はどうだったでしょうか?
良かったらコメント欲しいです(ネタバレ部分は出来れば「白色」に変換して(^_^A)。

> リュウケンドー
さて、今回はブラッディの開発した毒によって死にかけたリュウジンオーが、リュウジンオー好きの弱虫の少年が作った人形になり、ジャマンガやSHOTがその人形の争奪戦を始める中、弱虫の少年が勇気を振り絞ってリュウジンオーの人形を守る…というある意味でヒーローものの典型といえる良い話。ライオン丸Gも、その内こういう話があるだろう…弱虫なのは主人公だけど(^_^A
それにしても…
06101610.jpg
06101611.jpg
不動さんと剣二は、弱虫なガキの目にはこう映るのか(--;
この少年を見ると、争いと言うのは強い奴が起こすんじゃなく、弱い奴が相手への恐怖に耐えられずに起こすんだという自説を再確認します(^_^A
少年がリュウジンオーに憧れるのはその強さから、鋼一が少年を放っておけないのは、弱かった自分を重ねているからと言った構図も面白い。
そして、弱虫の少年がリュウジンオーを必死に守り抜き、少年をいたぶったブラッディは、
06101612.jpg
「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ…オラぁッ!」
と、これがJOJOだったら顔がボコボコになる程リュウジンオーに殴られた上に、斬龍神乱撃を喰らってアボーン!
えっ?ブラッディ退場?

> マイメロ
さて、今回はマイメロをライバル視し、パティシエを夢見る香取さんの話。
そして、話には関係ないが、どうしても私には突っ込まざるおえない事が…
06101613.jpg
美紀ちゃんシュー生地絞りすぎ!
シュー皮の殆どは空気なんだし、天版にクッキー程度に絞ればいいんだよ!
そんなに大量に記事を絞ったら、生地自身の重さで、上手く空洞が形成されないだろうし…ってか、焼いても大きさ変わらないって…その生地、シュー生地じゃないよね(--;
クリーム入れる時に「中身をくり貫く」という「料理駄目子さんが、バラエティ番組で披露する様なシュークリーム」ですか(--;
ちなみに香取さんのシュークリームとマイメロのシュークリームの違いは、何を目的に作ったかですね。
香取さんのシューは「店で出すスイーツ」で、見た目も重視しています。おそらく、粉砂糖が有れば、上から振っていたでしょう。
マイメロのシューは「お母さんが作るおやつ」で、見た目は考えていません。が、見た目を重視した香取さんのシューは食いづらい(正式なマナー通りに、上の生地を取って、クリーム掬って食べるとかしないと(^_^A)、マイメロのシューは気軽に食べられる。仮に、味の上で互角なら、調理実習後でわいわいやっている時に、どちらのシューに人気が集まるかは自明の理。なのに、香取さんは、その場の状況や、食う時のことを考えずにあのシューを作った…
kib.jpg
要するに、香取さんのシューは、自分の技術を見せ付ける為だけのシューなんだよ!
と、今回の話の内容は、実は開始5分もしないで要約できるんですね(^_^A
まぁ、それはそれとして…
06101614.jpg
カトリーヌ!このネズミ、カトリヌとか言い出しやがった!
お前は
1159657230195.jpg
マラソンで優勝し、ディスカビリ家の財政を50万円分立て直した坊ちゃまか!Σ(゚ロ゚)
(ネタ、古いですね(^_^A)
06101616.jpg
そして、今回はバク母ちゃんは必要だったと思えるけど(「評価(勝負)なんてどうでも良い」「これは(家族の元を離れた)バクの為に作った料理」という展開に、不覚にも、ちょっと感動しちゃったし(つД`))、
06101615.jpg
ウサミミ仮面はいらなかったよね…まぁ、開始早々答えの出た話の結論を、何処まで先延ばしに出来るかが今回のポイントだった訳ですが(^_^A
そして、マイメロのケーキ…いや、あんこが隠し味って、隠れてないだろΣ(=ロ=;
てか、あんこは生クリームとも相性がいいのでケーキに使う事はそれ程珍しい事じゃないけど、あんこ使う場合はそれがメインな感じになるよね(^_^A
こしあんを生クリームに混ぜて赤紫のクリームを作り、それで「隠し味はあんこ」なら、まぁ分からないでもないけど(味の上では隠れてないけど、見た目は隠れてる)、たい焼きに使うつぶあんでは、何をどうやっても隠し様が無いし(^_^A

> ライオン丸
キラーカーンの店…カンちゃんの事かーーーーっ!Σ(=ロ=;
だから、東京の人間にしか分からないギャグは…まぁ、キー局テレ東か(--;
(ちゃんこ出してる歌舞伎町の居酒屋です)
まぁ、カンちゃんは置いといて。
あらすじ…あらすじになっていないのは良いとして、落ち着けw
あらすじで吹いたw

てか、前回ジョーにおべっか使ってたのに、内心ではそんな風に思ってたのね(^_^A
マジで小さい男だw
監督と役者のアドリブが凄くて(「コレ放送できるのかな?」と言うぐらいアドリブだそうです(^_^A)、脚本通りになんかやっていないそうですが(笑)、それが非常に良く出ているあらすじですな(^_^A
ちなみに、先週予想したとおり、タイガージョーに対決を迫られた獅子丸は、
06101617.jpg
逃げました!サオリとコスKを放り出してw
前回のオザキに心酔する教師が数学でもオザキを題材に使っていたり、今回も色々子ネタが有るのですが、今回、ちょっとお笑いやりながらもマジな部分がw
偽スカルアイの売人にボコられた獅子丸は
06101618.jpg
「調子こいてんじゃねぇ… テメェみてぇな雑魚」
06101619.jpg
「俺がライオンに変身すればなぁ…」

そういって、キンサチに手を伸ばすのですが…

06101620.jpg
抜けない!
またあの姿になるぐらいなら、チンピラにボコボコにされるほうが良いという、ある意味でこれ以上無いぐらいの人間的な葛藤!
変身すると言う事への恐怖を、三話になっても克服できないヒーロー!
正に子供が見ていないからこそできる手法です。
原作レイプ、原作レイプと言われてますが、こういうトコは、本当にビープロの魂を受け継いでますよ。

そして、子供が見ていないからこそできる事…
06101621.jpg
今回のJrさんの変身は大工のコスプレなんですが、豪山興業(当然、組長はゴースンな訳ですが)を裏切ったチンピラの回想シーンでは、日本兵の姿も披露しています。
その日本兵。おもむろに活けてある花を捨てると…
06101622.jpg
剣山を取り…
06101623.jpg
その剣山を手に、コミカルに行進
06101624.jpg
06101625.jpg
06101626.jpg
06101627.jpg
06101628.jpg
06101629.jpg
「バンザーーーーーイ!
 バンザーーーーーイ!
 バンザーーーーーイ!」

ヤバイって!Σ(=ロ=;
Jrさん、ベテラン役者さんだけあって、凄く上手いんだよね…
何と言うか「殺し屋イチ」の変態ドMヤクザの様な怖さがあります。

それはそうと、「俺は許しても獅子丸Jrは許さねぇ!」の後の「せいばいだ!せいばいしてやる!」は、漢字で書くと「成敗」じゃ無いような気がしたのは、私だけではない筈だ(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。