スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放送禁止3
・今回のレビュータイトル
 「RED GARDEN #03」「ヤマトナデシコ七変化 #03」
「放送禁止:解剖編」第三夜目です。
事実を積み重ねていく事が

必ずしも真実に結びつくとは限らない…

この番組は細部にまで目を凝らしてご覧いただきたい

あなたには隠された真実が見えるだろうか?



放送止3 ~ストーカー地獄編~
本編の視聴はサブタイトルをクリック!


本来の取材目的
ストーカー被害に苦しむ女性、希美さんを扱ったドキュメント。
今回は、フジTV局内で考えられた企画ではなく、ストーカー問題に関心の高いフリージャーナリスト、筒井さんが持ち込んできた企画。

経過
筒井さんが、ストーカー被害にあっている希美さんを取材する(取材中も何者かがドアを叩く。希美さんにはストーカーの心当たりは全く無し)。
隠しカメラを設置(その後ストーカーを尾行するが、新宿で見失う)。
ストーカーが残した写真から、その正体が三年前に交際していたAさんだと分かる(妻子持ちであったAさんとは三年前に別れたのだが、その直後からストーカーとなって付きまとっており、その為に今住んでいる場所に引越しをした。Aさんがストーカーだと分かった希美さんは非常に動揺、しかし、顔見知りである事から警察には届け出ないと言う)。
筒井さんがAさんを説得しようとする(直接対面では逃走。希美さんは、精神的なショックで閉じこもり状態。Aさんの会社に連絡すると、3年前にAさんが事故死しているとの証言)。
Aさんの住む家を訪れ、家族に取材(Aさんが地下鉄のホームから飛び降り自殺したと判明。警察は、事故と自殺の両面で捜査するも未解決)。
希美さんにAさんの死を告げる(取材中断)。

その後…
今回は無し!

真実
(以下、あぶり出し)
何と言うか、ストーカーの正体にまったく心当たりが無いワリには、Aさんの事がわかった途端に、以前ストーカー被害を受けていたと証言する希美さん…分かり易すぎですな(^_^A
今回は、随所で解説を行っている専門家や、被害者の話が重要なポイント。パート2の様にそのものズバリでは無いですが、ヒント多いですw
また、取材を行っている筒井さんの兄が死んだのも、新聞社をやめてフリーになったのも、Aさんが死亡した時期も三年後と言う一致。Aさんの遺影の傍に飾ってあった、Aさんの家族と筒井さんが一緒に写っている写真。そして、決定的なのは「この企画が筒井さんの持ち込み企画である」と言う事実。
つまり、希美さんが受けたストーカー被害は、実は純粋な(?)ストーカー行為等ではなく、希美さんを精神的に追い詰め、ある事を明らかにする為に筒井さんが仕込んだ罠。最後に、筒井さんと仕込み役のストーカーが一緒に写っていますし、これは間違い有りません。
3年前のストーカー事件は実際に有りましたが、それはAさんによる希美さんへのストーキングでは無く、希美さんによるAさんへのストーキングであり、被害者と加害者は逆だったのです(Aさんと希美さんが写っている写真が裏焼きされていたのは、暗に被害者と加害者が逆であると言う事を示唆しています)。
そして、三年前の事故は事故などではなく、希美さんによるAさん殺害であり、ストーカーの正体がAさんであると分かった後の態度の変化は、自分が殺した筈の相手がストーカー行為を行っている(写真に書かれたメッセージも、そう考えると「死者のメッセージ」っぽい)という異常な事態への恐怖。
最後に希美さんが話した事は、希美さんがAさんを殺したと言う証拠となりえる証言でしょう。たぶん、「ごめんなさい」「成仏して」と言った事と一緒にわめき散らしたのではないでしょうか?
Aさんの子供の「新幹線がお父さんを殺した」は最後のニュースの「新幹線のぞみ」のヒントで新幹線=希美さんと言う事を暗示していると分かりますが…聞き取り難い上に分かり難い!Σ(=ロ=;
ちなみに、希美さんが逮捕されたのであろう事も、ニュースで匂わせてますね。


あなたには真実が見えましたか?


あなたに見えた「真実」はどうだったでしょうか?
良かったらコメント欲しいです(ネタバレ部分は出来れば「白色」に変換して(^_^A)。

> ヤマトナデシコ
え~、ナベシンと言えばハチャメチャで壊れた作品作らせたらちょっと右に出るものがいないと言うアニメ監督で、同時に、非常に出たがりである事も良く知られています。
てか、普通はこういったスタッフの出たがりって、どうでもいい脇で出る事が多いのですが、彼の場合「メインキャラ」で出てくる事が凄い所。
しかし、まぁヤマトナデシコは原作付きだしナベシンも…
06101711.jpg
って、で、出~た~w ナベシン自重Σ(=ロ=;
そうですね、エクセルサーガにも原作ってありましたよね…たしか、はれときどきぶたにも(--;
ちなみに、ヤマトナデシコの原作1巻を読んでみましたが、いい具合にオバサンの変人度が上がってますなぁ(^_^A
4話と5話と言う、別の話のミックスのさせ方も絶妙だし、原作との変更具合は「エクセルに比べれば物凄く忠実」と言えますが、一般の監督に比べると、「思いきって変更しまくり」です(^_^A
いやぁ…原作ファンはどう評価しているのやらw

> RED GARDEN
ギャクやりまくりのライオン丸Gと、サイコホラー調のこの作品には、実は共通点が有ります。
それはキャラの心情の変化(仕切れない部分)を丁寧に描く事です。
そして、両作品とも未だに変化出来ないのでいる為に、展開が非常に遅いのですw
それが良い部分なのか、悪い部分なのかは評価が分かれる所ですが、私は非常に良い部分だと思っています。
さて、このアニメは以前も書いたようにアフターレコーディングではなく、プレスコアリングで録音しており、声優の演技力を重視している所が大きいのですが、
06101710.jpg
このシーンが、正にそんな感じw
所々に、アクセントとなるキャラのアップも入れて欲しかったのですが、「誰をメインに描くべきか判らない」と言う感じになってます。
しかし、そこがアニメやドラマみたいな作り物っぽくないと言うか、海外の映画っぽいと言うかで、声だけ聞いている分には凄く面白いシーンです。
後は、監督のコンテを切る力量さえ不足していなければなぁ…
プレスコになれてない事からおきた不味さだと思うのですが、声優の人の頑張りに、コンテが付いて行かなかったと言うのは残念です。
このシーンでは、4人の性格の違いも現れていて、基本的にレイチェル(オレンジ髪)とクレア(黒髪)がハッキリとモノを言うのに対して、ケイト(ダーティーブロンド)とローズ(赤毛)は内向的。レイチェルとローズが感情的なのに対して、ケイトとクレアは理性的。何だか、話を作りやすいバランスが取れています(誰か一人が圧倒的に孤立するのでも話は作りやすいけどw)。
さて、今回は、死亡時の状況も少し判って来ました。
4人の共通の友人リーズが失踪。
リーズと交換日記をしていたケイトは、リーズと親交があった他の三人と(偶然出会って、あるいはリーズの手がかりを追っていて)一緒にリーズを探す事になり、交換日記に書かれた
06101712.jpg
「彼氏」の家を探し出して尋ねた所、怪しげな物やリーズの死体を発見してしまい、
06101713.jpg
口封じに殺されていたのでした。
その後、クチビルゲルゲ達に救出され、吸血鬼化して甦った訳ですが、何故彼女達にそんな事ができるか?、クチビルゲルゲ達と「彼氏」の関係等は不明のまま。
さらに、一緒に救出されたリーズは、仲間の不手際で奪い返され、死体で見つかった…と言う事の様です。
何と言うか…まだまだ謎が満載ですね(^_^A
ちなみに、今回は歌いませんでした………orz
何か、歌がないと物足りなくなっている自分がいるw
あと、声優陣は良くやっているので、プレスコに慣れてないとか見てる側には言い訳にもならない事なんだから、監督は、ちゃんとそれを活かすコンテ切ってくださいよ(--;
第一話のときに「ローゼンのスタッフは好かない」と言ったのですが、こういう形で、明らかに監督の力量不足が目に見えてくるとなぁ…(--;
まぁ、ホント頑張れ!早いトコ慣れろ!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。