スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーンの翼のレビュー3
・今回のレビュータイトル
 「NANA #30」
ちょっと気になったんだけど、竜巻被害の時って消防は何をやるんだろう?
勿論、火災ではないのでポンプ車等は出番なし。救急車で怪我人を搬送するのは消防の仕事ですが…もしかしてそれだけか?
うん、まぁそれだけなんだろうなぁ…他に何かやり様が無いし(^_^A

さて、今回で3回目になるリーンの翼のレビューです。

第四話

いや、この四話って、大きなターニングポイントなんだけど…何か
06110613.jpg
06110614.jpg
06110615.jpg
06110616.jpg
エロいよ?
「私はコモン人とキモチノイイ事しかしてないよ」とか
「SEXって、ありゃ戦争なんだぜ」
「ええっ?あれ、なかよしするもんでしょ?」
「だから若いってんだよ」とか、監督どこを脚本してるのかが一目瞭然な所が凄いなぁ(^_^A
で、大きなターニングポイントである四話の感想が「エロい!」の一言か(^_^A

第五話

冒頭の戦国自衛隊発言がw
戦国自衛隊かよ!Σ(゚ロ゚)
過去の世界の漂流者となったサコミズ王とエイサップですが、「リーンの翼は父の野心に応えたのでしょうか?」と言うリュクスの台詞、
06110618.jpg
そしてサコミズとエイサップが見せられた過去。
東京大空襲を見せられ、それを食い止めるべくB-29(の幻)を切ろうとしたエイサップに、サコミズ王が「過去の事実はリーンの翼でも消す事は出来ない」と(涙を流しながら)静止したり、エイサップにそう言っておきながら、リトルボーイ投下では
06110619.jpg
先行したエイサップを追い抜いて、リーンの翼を顕現してまで、広島の悲劇を止めようとする(当然、止められずに広島の惨劇を目の当たりにする)。そして、エイサップが母親のお腹の中にいる頃の両親や、サコミズが特攻作戦に参加した沖縄戦…それらは、リーンの翼が二人を結びつける為に、そしてエイサップにリーンの翼と言うモノが何であるのかを見せたものの様に思えます(戦乱によって散った命がリーンの翼であり、だから世が乱れた時に顕現し、それを扱う聖戦士は乱れた世を治める使命を負う)。
06110620.jpg
が、そうやって戦争で死んでいった人達(主に非戦闘員)の命の羽根を受けたオウカオーとサコミズ王が、やっと戻ってきた東京。
その変わり果てた姿に憤る訳ですよ。あれ程の犠牲を出し、命を懸けてまで自分達が戦った上に築かれたのが、この世界なのかと…いや、まぁ、そういった変わってしまった日本を見たくないと言って、帰国拒否している旧日本兵も居るみたいですしね(^_^A
そんな旧日本兵10人に核ミサイルを持たせたら、3、4発は東京に核ミサイルが振ってきそうですね…いや、皇居があるから東京には撃たないか?
そして、王の不在とオーラバトラーが地上に出た混乱から、ホウジョウ軍や米艦隊に不協和音が出始め、この混乱を利用しようと皆が動き出す訳ですが、この組織が一枚岩では無く、利益が同じだから協力しているだけで、出し抜く機会があったなら…と言う辺りが、昔から変わらぬ富野アニメ(^_^A
06110621.jpg
中でも、生まれてくる時代を40年ほど間違えた学生テロリスト2人が、もう死んでも良い位の馬鹿です。いや、生きてたらいけないレベルです(--;

> NANA
いやぁ…
06110910.jpg
ここ、そんなにエロかったか?Σ(゚ロ゚)
動きとか声が入ると、途端にエロくなりますなぁ(^_^A
それにしても、矢沢あいの話の流れの作り方は上手い上手いと以前から言い続けていますが…
06110911.jpg
カレー談議から
06110912.jpg
ナナのカレーの試食のバイトに持っていって、さらに
06110913.jpg
「普段は忘れてるのに、うっかり思い出すと無性に恋しくなるのは何でだ?」さらには
06110914.jpg
「産まなきゃ良かったんだ」に繋げると言う一連の流れが本当に上手い!
ちなみにナオキ…惜しいな!生卵は白身の部分がドロドロしてるのが余りカレーに合うとは言えないので、「黄身が生状態になる様に、高温の油でフライドエッグにする」がカレーに一番合うのだ!
当然、私的意見ですw
カレー談議は盛り上がるよね。
そして、つわりの時は炊き立てのご飯の香りが、本当に辛いそうですが、原作で呼んでて「怖いよ~」とか、意味も無く「どうしよ~!」とか思ってしまったのは男だからか?(^_^A
後に京助も同じような反応してるし(^_^A
そして、タクミ目線で見直すと、一連のイベントは本当に悪魔が仕組んだようなタイミング(^_^A
前回のレビューでも書いた様に、タクミ的には「あんな電話一本で、どうやったら別れ話だと思えってんだ!Σ(゚ロ゚)」ってな状況ですし(奈々的には、タクミにとって自分はその程度で関係が終わる軽い存在だと思っている認識のズレがそもそもの問題な訳ですが)、
タクミ「思い出すと無性に恋しくなるのは何でだ?(奈々の事)」
レン 「何だかんだ言って好きなんジャン?(カレーの事)」
で、
06110915.jpg
やっぱ俺ってそうだったのか?
と自覚しちゃう悪魔の様なタイミング!Σ(=ロ=;
夏休み中は友達が泊まりに来てるから合いに来ないでというのをしっかり守って「早く終わんねぇかなぁ………夏休み」と、奈々的には関係終わっている事にされているのに呟いちゃう所が、男として涙を誘います(つД`)
さらに、そんな「奈々の事そんなに好きだったのか?」と自覚した直後に妊娠発覚な訳ですから、正に悪魔の様なタイミング!Σ(=ロ=;
そして、シン。
今回、触れられている様に、シンの出生は現在のハチの状況に似ています。
要するに、母親が外人と浮気をしている中でシンが産まれた。夫の子供なのか浮気相手の子供なのか分からない…と。
少なくとも父親は自分の子供ではないと思っているし、それで家庭環境ガタガタな訳ですし、シンの過去にここで触れとおく事で、今後のハチとの関係に含みを持たせる。
いやぁ、矢沢あいって、本当に話の流れを作るのが上手いですね(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。