スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜サボると大変だ(--;
・今回のレビュータイトル
 「魔弾戦記リュウケンドー#45」「ライオン丸G#07」
 「のだめカンタービレ#05」

ちょっと、日曜日に所用が出来て日記の更新が出来なかったので、
今日、いつも2日に分けていた日曜分のレビューを一気に書く羽目に…
マイメロを大幅削減したのに、地獄を見た(--;
それでも、ライオン丸のgifアニメは思わず作ってしまったw

> リュウケンドー
ジャマンガの幹部がそれぞれ魔法探知機を手に、SHOT基地を探しながら全員同時に侵攻して来る。それに対する為に、Drウォームにはリュウケンドーが、レディゴールドにはリュウガンオーが、ブラッディ伯爵&メカニムーンにはリュウジンオーが対峙し、フリーのロッククリムゾンはSHOT機知に迫る…さらに主人公もパワーアップするとなれば、本来なら前後編を使って描いても良いぐらいの要素なのですが、
06111320.jpg
探知機が壊れたら、諦めて帰っちゃう…それがリュウケンドーテイスト!
せっかく、4方向からバラバラに攻めているんだから、それぞれの探知機を連動させていれば、場所分かったのにね…幹部の仲が悪いって大変だなぁ(--;
06111321.jpg
新しいリュウケンドーも、白地に金と言うカラーリングがカッコ悪いし(^_^A
いや、しかしコレは白いクウガ(グローイングフォーム)の様に、まだ本来の力を発揮していない仮の姿かも?
ロッククリムゾンは不死身の再生能力が売りなので、今度もまた復活するのかと思ったら…
06111322.jpg
葬式出されてるーーーーーーっ?Σ(=ロ=;
流石はリュウケンドー!

てか、ファンファン大佐を思い出しました(^_^A

> ライオン丸
さて先週、オーナーが刺されて重体だった訳ですが、何とか病院に運び込まれました。ふぅ…これで一安心。
何せ、どんなに重症でも、病院に収容されれば何とかなると言うのが特撮ヒーローモノのお約束ですから。
そんな訳で…
06111323.jpg
「ジョーさんは本当は優しい人なの!親が夜逃げして、借金だけが残って、学校ではその事でいじめられて、自殺まで考えて、借金のカタに戸籍と内臓を売ったけど、それでもまだ足りなくてゲイ専門の風俗に売られて、弄ばれるだけ弄ばれて、だから今まで自分に被害を与えた人間に復習する為に、強くなる事を選んだの!」というサオリの作り話にも、安心して突っ込めるというものです…
とか思ってたら、
06111324.jpg
様態急変って何だ!Σ(=ロ=;
1159786802944.gif
ええ、そうでした。この話に「特撮ヒーローモノの常識」とか求めちゃいけないんですね(--;
何か、医者に向かって「覚悟って何だよ!」と掴みかかる獅子丸が(つД`)
そして、オーナーをこんな目に合わせた連中の一味(と、獅子丸は思っているし、実際もそう)であるジョーに対する怒りが爆発。
Animation1.gif
殴った!暴力的な事から逃げ続けていた獅子丸が、自分からジョーを殴った!
Q.「いったいどんな人生送ったらそんな人間になるんだ………なぁ?教えてくれよ!」
06111325.jpg
06111326.jpg
06111327.jpg
06111328.jpg
A.なかなかスゴイ人生送ったみたいです(^_^A
それにしても、殺陣はなかなか良かったし、クウガ最終回の様な、生身の獅子丸やジョーが戦っているイメージ映像なども、オーナーの為に戦っていると言う怒りの描写として良かったのですが、変身してからもジョーに1発入れて欲しかったなぁ…倒れて、武器もなくなった後に、さらに立ち上がって1発入れるかなぁと思ったら果心居士が制止に入るもんなぁ…オーナーの為に、武器がなくなっても戦おうとする位やってくれても良かったと思うのですが、構成的にこの段階でそこまで獅子丸が吹っ切れちゃうのはマズイって事なのかなぁ(^_^A
まぁ、勘違いの上に私憤である訳ですから、確かにそれでジョーに一矢酬いても、意味合い的にマズイと言うのは有るか…「怒りのハイパーモードはいかん!」という奴ですねw
ジョーの過去話も触りの部分が明らかにされ、この話でちょうど中間点を過ぎた事になるライオン丸G!
今後も目が離せません!

> のだめ
理事長のデブ疑惑や、
20061113214840.gif
マングースの説明が削られてた…orz
てか、ニナ・ルッツ音楽祭が無くなっちゃったので、シュトレーゼマンと千秋のつながりが弱い。さらに三木さんの立ち居地は勿論、黒木や菊池や沙悟浄が出てこない…orz
てか、黒木は日本編が終わってからも登場するレギュラーキャラなのに(--;
あと、エリーゼが日本人なのは個人的に違和感が(--;
てか、日本人はいいから、竹中直人みたいにインチキくさい日本語じゃないのがバリバリ違和感Σ(=ロ=;
日本語が流暢過ぎるって問題だなぁ(^_^A
でも、和製ビッグバンドなどの演奏シーンは良かったし、シュトレーゼマンの台詞も分かり易くなっていたのは、読みながら考える事とかできないドラマ向けの演出で、旨い改変ではあると思う。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。