スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェストサイドストーリー
・今回のレビュータイトル
 「魔弾戦記リュウケンドー#48」「ライオン丸G#10」
 「のだめカンタービレ#08」

さて、14話の登場人物のアイコンが、かなり増えてきている訳ですが、

登場人物の見分けが付かないと言う問題から、最終的に街の不良にまでアイコンをつくる事に…(--;
20061204182018.gif
そんな訳で、ジェット団のリフ&エニィボディズのアイコンが出来た訳ですが、この二人(&ジェット団の名前)は当然「ウェストサイドストーリー」からと言う事で、
SpencerHoward.jpg
今年の夏、開かれた日本公演のリフ&エニィボディズ(の役者さん)を絵的なモチーフにしてます。
何か、ここだけのチョイ役にするにはもったいないなぁ(--;
所で、このキャラアイコンをHP上で公開する時に「オリキャラ」になるのかなぁ?(^_^A

> リュウケンドー
敵を倒す為には、リュウガンオー&リュウジンオーの攻撃と同時にリュウケンドーが敵に飛び込んで、相手の体内からアルティメットキーを奪うしかない。
「この手で、剣二を殺してしまうかもしれない」と鋼一はその作戦を拒否しますが、不動さんは「俺はやるぜ」と言い切ります。
06120517.jpg
「剣二が俺たちを信じている限り、俺も剣二を信じる」と…このシーンは最高!
両親の復讐の為に戦い、仲間を作る事を拒絶していた鋼一が、自分の攻撃で剣二を失ってしまう事に恐怖する事も良いですが、不動さんと剣二のお互いへの信頼は本当に強い。
そんな二人を見て「お前達は馬鹿だ!」と言いつつ、最後は「俺も馬鹿の仲間入りだ」と言う鋼一も。
リュウケンドーは、こういった事をやってくれるので好きですよw

> ライオン丸G
今回、前説から飛ばしすぎだ!!!!!!!Σ(=ロ=;
そうか、あの丁寧な前説は、ホストならではの気配りだったのかw
2ちゃんはノーチェックなのですが、双葉の実況をチェックしたら、昨夜も盛り上がっていたようですw
てか、歌った!Σ(゚ロ゚)
♪行く~ぞ獅子丸とライオン~丸~!
何処までも!Σ(゚ロ゚)

何と言うか、前回がシリアスで、今後は最終回へ向けたシリアス展開が予想されるわけですが、その分、今回は大ギャグ祭り!
最早、この面白さは言葉で語れません!
(ギャグは、説明すればするほどつまらないし(^_^A)
06120510.jpg
この本の作者は失踪(いいのか(^_^A)、I-PotやDSが180円と現在のファミコン扱いw
(ライオン丸の舞台は2011年です)
06120512.jpg
芸人が劇中で芸をw
06120513.jpg
至上、最も最低な理由で変身しようとする主人公w
06120515.jpg
「酔っぱライオン丸<ジョーさん<ホストのその場のノリ」と言う文句のつけ様が無いパワーバランス。

そして、ある意味で今回一番のサービス…
06120511.jpg
本人が!Σ(゚ロ゚)
尾崎豊がカンちゃんカレーを好きだったのは実話。当時は1100円で、現在はサラダ付きで1000円、ライオン丸Gで800円なのはデフレの影響か、あるいは私が情報を得た当時よりもさらに値下げ?
いや、ちゃとシリアスの複線も有るんですけどね…
06120516.jpg
僕らのヒーロー海堂さんが、獅子丸&ジョーの抹殺指令を受けてたしw

> のだめ
ハリセンが真面目に「もじゃもじゃ組曲」を作ってるところがカットされてる!
20061204232232.gif
ここ、スゲー好きなのに。・゚・(ノД`)・゚・。
いや、おなら体操になった事は良いんです。ドラマなので動きも欲しいし。
私が言いたいのは、そういった馬鹿な事でも、音楽である以上は真面目に取り組むと言う、ハリセンの音楽への熱意…言い換えればがドラマだと感じられない!
あと、教育実習が先送りになった事を告げられるシーンが無いのは、(おじさん一家のイベントがカットなので)由衣子ちゃんに怪我させたりとかもカットなのと併せて、のだめの保母(先生)になる夢と言うのが「ただ漠然とした夢」として、このまま有耶無耶になりそうな感じが…
まぁ、「リカちゃん先生」がのだめが「先生」を目指す原点出は無いかと思っているので、あの話しをやれないなら、それで良いかなぁと(^_^A
三木さんのイベントは(今回に限った話じゃないけど)、軒並み何かが違う(--;
最初の三木さんの寝違えのシーンでカイ・ドゥーンを出して、峰の当て馬にすると言うのは本当にどうかと思った。原作では、会場で音を聞いた峰が、三木さんに何かがあって演奏が駄目だった事を一発で聞き分ける訳ですが、何故師匠をわざわざ出しておきながら「君なら当然1位だと思った」で三木さんの前から去らせるのか?
カイ・ドゥーンの耳は、峰よりも悪いと言うのか、あるいはカイ・ドゥーンにとって、三木さんがその程度の弟子だと言いたいのか…
そして、音楽祭が無い為にカイ・ドゥーン以外のベルリン弦四重奏団を出す必用も無くなって、彼のツンデレな所が見られず仕舞い…いや、それよりも、ベルリン弦四重奏団を使う事で千秋の母親が音楽関係の仕事をしていると言う事が強調されているのに、ドラマでは母親の仕事が不透明になりすぎ(--;
と、原作との違う所の不満が有るには有るですが、キャラを整理した事(佐久間さんの爺バージョンともいえる大川先生とか)は「自分のペースで読める漫画」では単なるマイナスですが、ドラマとしては必用な事です。
また、ラストの催眠術のシーンの演出は非常に良かったです。原作よりも格段に印象的なシーンになりましたね。
あ、でも試しに飛行機で北海道に行く事になるイベントで、俊彦くんの出番はカットなんだろうなぁ…おじさん一家のイベントがカットされちゃった影響で(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。