スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皐を産んだのは誰なのか?
・今回のレビュータイトル
 「NANA #34」「エンバーミング -DEAD BODY and BRIDE-(笑)」
アニメのNANAも盛り上がっている所ですが、今回はタイトルどおり
20061207133008.jpg
この子、皐ちゃんを産んだのは誰なのかと言うお話し。
皐が奈々とタクミの子として育てられているのは確実な訳ですが、今現在奈々のお腹の中にいる赤ちゃんが皐である証明はなされていない訳です。
それどころか、原作を読み直してみると、所々に不審な点が出てきます。
20061207133737.gif
いや、これは半分ギャグですがw
て、言うか「NANA」と言う作品の下地にはフォーエバーフレンズ(米1989)という映画が有ると思うのですが、この映画のラストを知っていると、皐は「ナナの子なのでは?」とさえ思えてきます。

ちなみに、この映画は安田成美と中森明菜の主演で、「素顔のままで」と言うタイトルでドラマ化されていますが、内容はNANAよりもフォーエバーフレンズそのまんまなのに、公式にはその事に一切触れていないんですよね(^_^A
「韓国のドラマが日本のドラマをパクって、視聴者にはそれを伏せている!」とか言うよりも、こういう日本のドラマ製作を弾劾すべきでは有ります…まぁ、日本もこういう事やってるので、韓国にパクられても大事にしない訳ですが(--;

話を元に戻すと、NANAの下地には、ほぼ確実にフォーエバーフレンズが有る訳ですが、そのまんまなぞるつもりは無いでしょうし(そのまんまなぞったら、(素顔のままでと同様に)奈々が死んで、奈々の子供をナナが育てる訳だし)、作り手の目で見た場合、皐の存在と言うのを見る側に印象付けようとする演出が、何か裏を感じさせるんですよね…少なくとも、私がこういった演出をする場合は「NAANと言う物語のクライマックスの結果が皐」という場合だけです。
そう考えると、
20061207132247.jpg
皐の出生にナナの失踪が絡んでいる事になって来ますし、
20061207134045.jpg
「皐がナナとタクミの子」と言う事を、この時点で読者に印象付けようとする理由も「血縁は無い」と言うどんでん返しの為である様に思えてくるんですよね(^_^A
母親になる自信の無いナナや、
20061207135132.jpg
そのナナの母親をここに来てメインに描くと言う辺りとかも、皐がナナの娘ではと思わせる要因です。少なくとも、この話の作り方で、ナナが子供を妊娠しないと言う展開は無いでしょう。

いや、後半は単に「私ならどう作るか?」と言う話になってしまいましたが、元よりこのブログの趣旨はそういう事だし。

> エンバーミング
いやぁ、武装錬金のアニメ化の勢いなのか、昨夜一話こっきりの特番で放送されたエンバーミングですが、
06120710.jpg
ジョン・ドゥさんはアニメになっても凶悪ですなw
20061207202946.jpg
流石は目覚めた瞬間に続編の主人公の足を切断し、ヒロインをぶっ殺しちゃう様な奴は違いますw
取りあえず、エンバーミングⅡも放送してくれないかなぁとか、このままメディアミックスで企画進むのかなぁとか、色々と期待が持てますね…

ええ、勿論でっち上げの嘘レビューですが(^_^A

本当は、武装錬金の10話内で放映されていただけですw

06120711.jpg
それにしても、次週はいよいよコレの続きですが、何処まで原作通りにやれるのかなぁ?
てか、これを原作通りにやるための深夜枠放送か?(^_^A
だったらスゴイw
エンバーミングもエグイし、和月はハッピーエンドを望む割には何気にエグイよなぁ…流石、
1138309490840.gif
この人と意気投合して、同人誌を出してしまうだけの事は有るw

> NANA
06120712.jpg
改めて、ナオキは奈々と同じタイプの人間だなぁと再確認(^_^A
一人で勝手に妄想して盛り上がる(--;
勿論、悪気はありません!Σ(゚ロ゚)
また、ナオキやレンがタクミ側で意見を言うのも、多くの視聴者、読者がノブや奈々の側で見ているであろうけれども、タクミの側にらこの一件を見たら、当然こう言う見方になる…と言う、いわば読者にちょっと引いた目線でこの件を考えさせようと言う演出でも有ります…しかし、最初に原作読んだ時はナオキやレンに反感を覚えたし、やっぱNANAは、テレビや映画で流し見するには向かない作品だなぁと言う事も再確認。
NANAをアニメで見て、原作知らないと言う人には、今コンビニとかに並んでる
06120713.jpg
コレはお徳かも?
何回か読み返して気付く所の多い作品なので、私が「ココまでNANAを押す理由が分からん!」と言う人は、原作を色々考えながら読んでみると、「矢沢あいって話しの作り方が上手いな」と思っていただけると思います。
06120714.jpg
そして、ヤス!
ナナと言い、レイラと言い、追い詰められた時に頼るのがヤスですな(^_^A
まぁ、ヤスは自分の気に入った奴の為に、捨て身で尽くしちゃう様な所が有る人で、しかも自分が悪役になる事を買って出る人だったりします。
そこにシビレる憧れるゥ!Σ(゚ロ゚)
いやぁ~、是非とも友人に欲しいタイプの人ですな。NANAの登場人物では珍しい事です。
ラストのシーンは
06120715.jpg
アニメの方が、グラスが割れてハチがショック受けてるシーンの演出は上手く行っていると思う。
夕日を使う事で、夕方になるまで割れたグラスを片付けられずにいたという印象が強くなっている訳ですが、よくよく考えるとやりすぎ感は有りますな(^_^A
勿論、「それだけショックを受けていた」と言う事でも、全く違和感が無い訳ですが。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。