スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスTOPの寿命は短い…orz
・今回のレビュータイトル
 「ウルトラマンメビウス#37話」「仮面ライダーカブト #46」
 「魔弾戦士リュウケンドー#51」「ライオン丸G#最終話」

え~、もうクリスマスは過ぎ去った訳で…
20061226045911.jpg
本館のTOP絵は正月絵に変更しました。
昨日、「いかに似てないか」って事で、のだめ(?)のラフにザカッと色付けて、昨日の日記に貼った後、2時までかけて正月絵を描き、力尽きました(^_^A
それにしても、TOP絵コメント書き直すまで、20日間「謎のミサ」だった事に気付かなかった…orz
まぁいいか、俺、キリスト教徒じゃないしw
しかし、謎のミサか…一気に怪しい雰囲気だなぁ(^_^A
(詳しくは、本サイトの新TOP絵コメント参照)

さてと、昨日書かなかった、「のだめ」の総評も書かないとな。

> メビウス
キリスト教圏以外にも配慮されているw
いや、まぁ日本も別にキリスト教圏じゃないのですが、「クリスマス」と言うイベントではなく、この世界でクリスマスに相当するイベントとして「ウルトラの父の降臨祭」にしてますw
やるな!円谷プロ!
そして、「父親が子供の寂しさを理解する」ではなく「子供が父親の立場を分かってあげる」と言う辺りが、メビウスの視聴層を子供だけではなく、そのお父さんたちに設定していると思わせます(^_^A
そして、お父さんも怪獣が出現して息子が危ないかもしれないと言う時には、仕事なんか放り出して息子の元へ駆けつけます。
もうね、この「パパなんか嫌い」>「パパの立場を分かってあげる」>「ピンチの時にパパが来てくれる」と言う流れが、「良かったなボウズ(つД`)」って感じで、イイ流れですw

> カブト
06122610.jpg
うわ、ちょっと剣ぃぃぃぃぃ!
いや、話のオチは、Aパートで入る爺やと天道の会話シーンで読めてしまう訳ですが(その前の坊ちゃまと爺やのシーンの後だし(--;)、坊ちゃまの今までの積み重ね(馬鹿ぶりと真っ直ぐさ)がある為に読めていてもいい話だ(つД`)
問題が有るとするなら加賀美。
06122611.jpg
坊ちゃまの心境としては「カッガーミは優しすぎるから何も話さずに済ませて、後は天道に託すしかない」と言う事なのでしょうが、それじゃ、最後まで「友達」は坊ちゃまの一方通行気味ですから、最後に全てを察した加賀美が「待ってくれ天道…剣の友達としてして最後にしてやれる事を、俺がしなければならないんだ」とか言う演出が欲しい所でしたが、所詮はカブトが活躍しないとね…子供が…いや、子供が納得しないと思ってるスポンサーが(--;
それにしても…
06122612.jpg
地獄兄弟は、山に篭っている内に、悟りでも開いたんだろうか(^_^A
坊ちゃまが死んでしまった以上、後はこの兄弟だけだなw

> リュウケンドー
さて、先週は大魔王が滅んで、一応の戦いは終わった訳ですが、「歌物語は~終わらぁなあ~い」ってな訳で、
06122613.jpg
メカニムーンがジャアクムーンとしての記憶を取り戻すと言うフラグを、敵の組織が滅んだ後で持ってきます!
そして、剣士としての最後の決着をリュウケンドーと付けるべく、リュウガンオーをメッセンジャーにする訳ですが、指令がそれを阻止し、剣二にジャアクムーンの事を伝えずにリュウガンオー、リュウジンオーでジャアクムーンを始末する作戦に…無粋だ(--;
「倒すべき敵」がジャマンガであり、大魔王だった訳ですが、剣二にとって「乗り越えるべき存在」としてジャアクムーンとの最後の戦いを持って来る。でも、ジャアクムーンさんは正直色々とねぇ…
魔物としての心と剣士としての心の狭間で揺れ動き、魔物のジャアクムーンがやった事は剣士のジャアクムーンは覚えてないとか、正直「実は父親だった」とか「実は古代の魔弾戦士」みたいな方向の話しの為の設定なのですがそういう方向には行かず、「魔物としてのジャアクムーンの個人的な目的」も分からず仕舞いでしたし…(--;
06122614.jpg
最後の戦いを「剣からなんか飛ばして倒す」では無く、正統派の剣戟で決着したのは良し!

> ライオン丸
06122615.jpg
「結局、獅子丸は誰の命も救う事ができなかった。それでも私は、あの戦いには大きな意味があったと信じている。二人の生きた証として、彼らと過ごした思い出をここに綴ろうと思う」
うわ~!物凄いビープロっぽい終わり方!Σ(=ロ=;
てか、豪山との決着付けた後の台詞が、先週予想したとおりだった…orz
詳しい内容は、エジソンさんやJujunさんと言ったyoutubeとかで見ている方々に、実際に自分の目で確かめて欲しいので、あえて書きません。
06122616.jpg
それにしても、最後までコイツはw
話の余韻、メッチャぶち壊し!カレー食ってる時にウンコの話しするしΣ(=ロ=;
ピープロ的なラストに、「ライオン丸G」の最後っ屁をかました感じですなw

【総評】
「選ばれし者」…
カブトの時に、私がアレだけ「ヒーローは選ばれた存在ではなく、我々と同じポジションにいなくてはならない」と、その言葉を否定したのに、何故ライオン丸ではそう言った反感が無かったのだろう?
それは、天道と獅子丸の立ち位置に有る様に思う。
天道は「特別な存在」である事を徹底的に描いたのに対し、獅子丸は下品で情けなく、通俗な男として描かれた。そう、天道が完全なフィクションのヒーローであるのに対して、獅子丸には血が通っていたのだ。
一話のレビューで書いた様に、終始一貫してビープロへのリスペクトを忘れなかった作品な訳ですが、そう言った事が判らなかった人は、一話の頃には「うしおそうじに謝れ」だのと叩き、最終回では「シリアスにする意味が分からん」だの叩きで、物語を全ての人に理解してもらうって大変だなぁと思い知らされます(--;
それにしても、特撮マニアしか知らなかった様な、昭和の不発弾的ノリな作品を、オタがチェックしている時間帯に放映しちゃうと、この後の特撮は大変だな…今後は「GARO」「ライオン丸G」レベルが要求される訳だから(^_^A
そんな訳で、普段は特撮見てない人、ライオン丸Gスルーしていた人。
DVDレンタルでもイイから見た方が良いぞ!
オタ相手には、メビウスよりも勧める事ができるw
現時点での今期特撮の評価は
メビウス&ライオン丸G>>リュウケンドー&ボウケンジャー>カブト
です(ただし、カブトのネタ的評価は高い)。メビウスとライオン丸は飛び抜けてましたw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

剣がいなくなるの寂しいですね。。。
じいやのセリフから落ちは完全に読めていましたが、まんまとハマってしまいましたw
じいやは本物の剣と姉を埋葬しているわけですよね、ワーム剣も同じところに葬るんでしょうか?(ウカワームの時もそうだったんですけど、死んでもワームに戻らないんですね。上級ワームだけなんでしょうか?)
どっかの掲示板であった「ハイパークロックアップで過去に戻って、本物の剣が殺される前に助ける」ネタはなかったですね。
上手くまとめるにはいいなと思ってたんですが残念です。でもワーム対人間の関係性を描くのがテーマですからしょうがないか。
後はホントに地獄兄弟だけですがw
どうやってホッパーゼクター手に入れたのかの話はあるんでしょうかね?
残りの話数的にスルーされそうな感じも。。。

ライオン丸は北海道では今週最終回のハズなので楽しみです☆(明日)
jujun | URL | 2006/12/28/Thu 23:06 [EDIT]
re:jujunさん
いやぁ…この話だけで見るといいんですが、予告でワーム出て来てるから「全てのワームを倒した」って事では無いんですよねぇ…orz
地獄兄弟のホッパーゼクターも「全てのゼクター」から見事にスルーされてたし(つД`)

ライオン丸は、ホント凄かったですわ(^_^A
黒川 | URL | 2006/12/29/Fri 18:13 [EDIT]
ライオン丸G楽しみにしてて見たら、最終回の一話前でした...orz
北海道2週遅れかよ!!
(今までYouTubeで見てたので勘違いしてました、、、)
来週こそは!(ていうか来年ですがw)
jujun | URL | 2006/12/31/Sun 00:09 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。