スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蛙男劇場3作
・今回のレビュータイトル
 「月面兎兵器ミーナ #02」「ファイテンション☆デパート #02」
さて、NEWS23内での蛙男さんのアニメ「蛙男劇場」は、第一回の
「6本ギヒルズ」だけ取り上げたのですが、それ以外の作品が駄目だったかと言うとそうではありません。風刺の効いた良い作品ぞろいでした。
てな訳で、3本ほど纏めてレビュー。ちなみに、各話タイトルクリックで、視聴可能なページを開きます。

美しい家庭
07012213.jpg
国を家庭に例えた作品。愛国心って国が国民に「愛国心を持ってくれ」とか「あなたには愛国心が無いのか?」と言う様なものじゃないよね(^_^A
てか、後者の方を国が言い出したら、その国はもうダメだ(--;

角落ち
07012214.jpg
「角」使用禁止のキム永世名人とアベ三段の攻防を扱った作品。駒が全部右に偏って、しかも英語表記と言うアベ三段もさる事ながら、キム名人が単に名人ではなく「永世名人」と言う所が風刺が効いてますね(^_^A

した事にして
07012215.jpg
履修漏れ問題を扱って居る様で、一部企業の景気が良いだけなのに「全体的に好景気である」様に発表する政府への批判が入ってきます。
今回の、アイフルの大規模リストラでも分かる様に、金が一部に集まってるだけなんだけどね(--;
巡り巡って話題が保険体育に戻ってくるのも、巡り巡ってやって来る、政府が何れ支払わなければならないツケを暗示させています。

全体的に、政府批判色が強いですが、NEWS23で放送するアニメですし(笑)、風刺の内容も左に傾いている訳でもなく、比較的ニュートラルな目線だと思います。

> ミーナ
07012210.jpg
大月ミーナが…大月ミーナの出番が
最初の数十秒だけだなんて…orz

今回は、世界観の説明と、
07012211.jpg
主人公美奈の「頑張り屋」、
07012212.jpg
ライバルキャラであるエスカルティンの「意地悪&薄倖ぶり」と言ったキャラ固めに主眼を置いた作りになっています。
まぁ、馬場と猪木の対戦を求めたロッタ星人には、せめて「グラップラー刃牙 外伝」でも収容所に差し入れしてやるぐらいの情けをかけても良いかなと思いました(^_^A
いや、馬場が生きていて、人目に晒されない場所で、のんびりと趣味の絵を描いて過ごしている…そういうオチって良いよね!

> ファイテンション
レビューしない方向だったのですが、ちょっと軽めに…
20070122192343.jpg
まずは土管くんですが、相変わらず蛙男さんのギャグはテンションが高い(^_^A
ところで、良い子の皆は「立った兄さんと立った兄さんが並ぶ=いかがわしい!」と言う意味が分かったのだろうか?
分かったとしたら、今の社会は問題がある(^_^A

20070122192333.jpg
アームズラリーの方は、滑腔砲を「かっこうほう」と読ませた!
自衛隊でさえ、現場レベルでは間違った読み方である「かっくうほう」の方が通りが良いので、そっちを使ってる事も多いのに!その誤読から「滑空砲」なる謎兵器が、巷に氾濫しているのに(^_^A
流石は弥栄堂だw
あれだけの大爆発で「人が死んでいない」事を見せる事で、作品の方向性を明確に打ち出したなぁ。
コレで「不殺攻撃」の呪縛から解き放たれましたね。
ちなみにこの滑腔砲、現在製作中の14話のシナリオ内でも、
20070122200101.gif
ジオン軍の軽ホバー戦車「ガッタ」(でっち上げ)の主砲として登場し、「滑腔砲→ライフル砲(砲弾が回転すると弾道が安定する為)→滑腔砲(特殊砲弾を使う為)と変化してきた大砲が、宇宙世紀で再びライフル砲に戻ったのは何故か?」と言う小ネタに使われています。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。