スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺を笑い殺す気かw
・今回のレビュータイトル
 「RED GARDEN #20」
さて、レビューはしていないけれどもみているアニメと言うのも有りまして…
20070228195655.jpg
デスノの新OPは視聴者を笑い殺す気か!Σ(゚ロ゚)
相沢が最高ですなw
てか、この曲って「アカギ」のマキシシングル(その名も「ざわ・・・ざわ・・・ざ・・ざわ・・・・・・ざわ」w)出した時の収録曲だよね(^_^A
日テレも安上がりな作り方してるなぁ…(--;
1172593680587e687.jpg
ちなみに、火曜日のアニメではヤマトナデシコも非常に面白い。初回レビューの時に書いた様に、ナベシンの作品はウチでやる様なレビューに向かないというだけで。
オーラで空中を飛びながら拳を打ち合ったり、拮抗縛りにされた人体模型に3人の女子高校生が体擦り付けて悦に浸っていたり(画像はその三人から人体模型を奪還した主人公w)する少女マンガ(が原作のアニメ)はこれだけでは無いかと(^_^A

> RED GARDEN
おおっ、今回ついにアニモス側の呪いが明らかになりましたねぇw
学園長やクチビルゲルゲはアニモスそのものだと思っていたのですが、彼女たちもケイト達と同じく仮の体で生きている存在。
アニモスにかけられた呪いと言うのは…
07022810.jpg
自由を奪われた状態で、死ぬ事も出来ずに生き続けると言うある意味で「カーズ様」の様な状態ですな(^_^A
死ぬ事も出来ないので、生物と鉱物の中間的な存在になって考えるのを止めたというw
彼女達の場合は、まだ死ぬ為の方法が残されているから「仮の体」を使ってドロルの呪いの書を奪い、死にたいと行動している(?)訳ですが…動けない彼女達の代わりに「仮の体」を与えられた女達が動いているとして、動けない彼女達の為に、最初に仮の体を作ったのって誰なんだ(^_^A
まぁちゃんとした説明が有るまでは、何百年も前は、呪いを免れた彼女達の親族とかが必死こいてサポートしていたけど、ドロルとの戦いの中、現在ではその一族は滅びたとか解釈しておこう。
07022811.jpg
さて今回、エミリオを初めとしたドロル側の名前のあるキャラがエルヴェを残して大量処分された事も有って、だいぶ話の構図が分かり易くなってきましたが、
07022812.jpg
クレアの父親との確執に決着が付いた事は大きい。
この話の終盤で、クレアの最大の問題点であった父親との関係が決着した以上、もうクレアをメインで扱う事は無いって事ですからね(^_^A
しかし、それだけにツボを押さえた見せ方で、実にイイ感じ。
父親のマフラーを「タバコ臭い」と言う照れ隠しとか、「こんな男物のマフラー付けてたら勘違いされんジャン………だから分かってないんだよなぁ……馬鹿だなぁ」と言う「父親への文句の様で、実際は自嘲」とか、実に良い感じです。
後はクリスマスにローズの父親が家族の元に返ってきて、レイチェルが友達と和解するだけかぁ…うん、まぁ、ちゃんとあと2話で終わりそうだ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。