スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふはははは、何だこれは? 何なのだw
・今回のレビュータイトル
 「コードギアス 反逆のルルーシュ#22」
いやぁ、コードギアスの22話!
のだめの反応を見る為に某掲示板の実況スレを覗いた際に、ちらっと画像とか目に止まってしまって、スレ乱立してるは、エライ盛り上がりそうだなと思って、今朝録画した映像を見ましたよ…
良し!
先週の予想の1万フィート上行ってた!

ってな訳で、今回はギアスのレビューの拡大版!
全然日記になってませんな…まだ、今日と言う日が始まったばかりだし(^_^A
そんな細かい事は気にせず、メビウスのレビューは明日に回して今日の日記を更新!
これでいいのだ!Σ(゚ロ゚)

> ギアス
いや、先週書いたよ。紅桃さんのブログのコメントで「悲劇を描く前に、まず幸福な状態を描くのが鉄則」って書いたよ。
しかし…
07032310.jpg
その鉄則を徹底的にやったなぁw
「先週上げた後に今週下げる」ユフィ的には確かにそうでしたが、ルルーシュ的には「先週上がってたハッピーゲージが、先週のラストで急降下→下がったまんま行くと思ったら、ユフィによって上がる→ドン底」と、今週も悲劇を描く前に上げて来ましたからねw
しかも、「ユフィの行動は、普通の作品なら主人公が行う筈の事」と書いた様に、行政特区日本には問題が山済みでも、その問題に対処していくのが主人公本来の行動であり、まさに紆余曲折しながらそう言った方向に話が収まりかけ
07032311.jpg
「君は…俺にとって最悪の敵だったよ。フン…君の勝ちだ。この行政特区を生かす形で策を練ろう…部下になる訳じゃないからな」と、ルルーシュのルルーシュらしい負けの認め方にニヤリとした所で
07032312.jpg
突き落とす!
正統派主人公になったルルーシュでは、この作品の魅力は半減ですからねw
ルルーシュの行動が「誰の目にも正しい」とかなってしまったら、この作品が終わる時です…或いは、この第一期だけで終了だった場合は「特区日本設立→最初の試練を乗り越える」と言う展開で風呂敷を畳んでいたのかも知れませんが…幸か不幸か二期目が決まった事ですし、風呂敷を畳む訳にも行かないところ。
そうそう、ルルーシュが「うっかりすぎ!Σ(=ロ=;」と言う意見をよく目にします。確かにルルーシュはうっかり屋さんではありますが、今回のはうっかりと言うか、もっと違う視点で見た方が分かりやすいように思います。「例えば日本人を皆殺しに…」と言ってしまったのはうっかりだとして、何故そんな例えが出てきたのかと言う事です。
先週、チラッと書きましたが、ルルーシュの怒りは単純に黒の騎士団を無力化されただけでなく、「ユフィ姉さま、スザクさんと上手く行ったんですって。お似合いですよね…お二人なら」の直後の畳み掛けるような攻撃だった為、感情的になりすぎてしまった部分が有ったと思います。
コーネリアが私人としての自分を殺して、公人として「公の場で発表された政策を公認し、首脳部が双頭の蛇あると言った不審を民衆に持たせない」と言う対応を取った以上、先週私が予想した単純な暗殺では事態は解決しません(ここら辺「コーネリアの本質は軍人で政治手腕は未熟」と考えていたのですが、全くそんな事はありません…てか「アニメ的単純な悪役」に反感を持ちながら、それに慣らされてコーネリアを見縊っていたようです)。
ですから、殺す前に何かユフィにヘマをさせる必要が有る訳で、最終的にルルーシュが選択した策が「ユフィに自分を撃たせる」というものだった訳です。
しかし、一番先に(おそらくは怒りに任せて)思いついたのが「ユフィに日本人を虐殺させる」という物だったのででしょう。ゼロがクロヴィスを殺し、肉親の敵である以上、騒ぎが収まれば「騙まし討ちという行為は認められないけれど、心情は理解できる」と言った意見が主軸となり、ユフィが死にゼロが生き残れば「悲劇の皇女」「ゼロ自業自得」みたいな形に祭り上げられる可能性も有ります。仮にそうなった場合、黒の騎士団が求心力を失っており、コーネリアが特区日本を認めている以上、ユフィの死と自分の奇跡の生還でも特区日本は潰れない可能性があります(と言うか、ルルーシュの計画通りだったら、シュナイゼルがユフィを祀り上げて、「悲劇の皇女の最後の事業」として特区日本を起動に乗せ、ルルーシュは出し抜かれていたような(^_^A)。
「ユフィに自分を撃たせる」はベストではないのです。
けれど、さすがに「日本人虐殺」は思い止まった。ディートハルトなら兎も角、ルルーシュは甘いので(しかし、その甘さ…良心がルルを「キラ」の位置まで落とさない重大なポイントでも有る訳で)、流石に関係の無い者達を虐殺する様な策は普段であればそもそも論外とも言えたでしょう。
そんな普段なら歯牙にもかけない策が心に残っていた、だから「例えば」で「本来ユーフェミアにさせたかった事」が思わず出てしまった…あるいは、ルルーシュが17歳と言う歳相応に頭の中桃色の性少年だったら、「例えば」は服を脱げぐらいで済んだ筈なのに(^_^A
(実況板にそんな漫画がありましたw 「ユーフェミア様に何をした!」「あやつやりおった!」「まさか、ここまでするとはなw」って漫画が)
07032313.jpg
そして、「救世主」イベント。
ルルーシュは民衆を利用する為に「正義」「救世主」を名乗っていただけなのですが、自分が利用していた人間達が、自分にどんな思いを託していたのかを最悪の形で思い知る!Σ(゚ロ゚)
ユフィへの、そして今までのルルーシュの「悪意」が実を結んだのが今回の話であり、きっかけが「うっかり」でしかなかっただけで、何れルルーシュは自分の悪意のツケを支払わなければならなかったでしょう…それにしても最悪ですがw
まぁ、今後ルルーシュは「正義を騙ったツケ」を支払い、自分の罪を償う為に真に日本人を救う為に行動するのか、それとも「これほどの犠牲を出した以上、今更後戻りはできない」と復讐者であり続けるのか…ターンポイントですね。
ダールトンにかけたギアスがコーネリア暗殺なら後者、コーネリアへの伝言等であったなら前者ですかねぇ?

もう一つポイントなのは、争いは善悪があって存在するのではなく、物の見方や立場の違いが有るから存在するのだと言う事。
これは、先週比呂さんのブログのコメントに同じ様な事を書いたのですが、前回は冒頭で11の間での意見の差、メインの学園祭で「11とか関係ない」と言えるブリタニア人とそうでないブリタニア人を描き、世論が一元化されていない事。そして一元化されていない世論の中からユフィは「11なんて関係ない」と言う層に目を向け、ルルーシュは11とブリタニア人の対立を見ている。故に、ルルーシュは黒の騎士団を抜きにしても「特区日本」を夢物語と否定する…それが彼の目に映っている「正しい事」だから。
しかし、自分の復讐を「ナナリーの為」と思っていながらも、そのナナリーは自分と一緒に居られれば他に何もいらないと言う。自分やナナリーは多くのものを失い、ナナリーも自分と同じものを見ているのだと思っていたし、だから復讐を奪われる事がナナリーの居場所を奪われる事と考えていたのに、ナナリーは自分とは全く別の方向を見ていた。「ナナリーの為の世界を作る」その見方が間違ってた事を認めるしかなかったんですよね。
だから、「夢物語」と一笑に斬り捨て、自分とナナリーの居場所を奪うとさえ考えていたブリタニアとの共存の道に取り組もうとする…物の見方がが変わったから(そして、今までとは違った物の見方もできる様になったのに、「出してしまった犠牲」の為に方向転換を許されないw)。
要するに、特区日本は非現実的だとか、ルルーシュが正義だとか、スザクは偽善者だとか、ユフィの頭の中は春だとか、シュナイゼルは悪だとか言う事をこの物語は描いているのではなく、それぞれの人間が、それぞれの立場で、自分が正しいと思った事を行っている。その正しい事がそれぞれ違うから争いが生じるのだと言う事を描いた物語なんですよね。
07032314.jpg
Aパートの露骨に嫌な小物貴族のシーンも、明らかに貴族が悪役に描かれていますが、それに対してルルーシュが述べた「上から見下ろす」「借り物の力を実力と勘違い」って、見方を変えればそのまんまルルーシュ自身の事ですからね…ナイス脚本(^_^A

今回は、先に述べたルルーシュの負けの認め方や、「ユフィの揺るがない強さ→でもギアスに翻弄される」とか意外にもニヤリとするシーンが多かったです。
07032315.jpg
初登場時以来小物認定していたのに、再登場以来その忠誠心で私の中の評価鰻上りのパドレー将軍の「これで、クロヴィス殿下を食い物にしてきた奴らを…」の台詞。
07032316.jpg
ゼロの行動を様々な角度から分析し、予測ていたであろうシュナイゼルの「何だこれは?!」(そりゃ、こんな事態は孔明と言えど予想できねぇw)。
07032317.jpg
皇帝の「あ奴!やりおったか?!」(「か?」と疑問形になっている所がミソで、「ゼロがギアスの力で事態を起こした」という事態の真相を指している可能性や、ギアスの力の暴走について何かを知っていて、それについて述べた可能性以外に、「(影で蠢動している)シュナイゼルがギアスを手に入れた」という勘違い発言である可能性もある訳ですね(^_^A)。
07032318.jpg
扇の脳みそが、先週の冗談予想通り桃色だった等、「ルル山君のうっかり」と「ユフィの不幸」に持っていかれたものの、今回の話は見所満載でしたよw
EUや中華連邦がゼロの正体を掴んでいるとか…何処からの情報よ?(^_^A

しかし、今後の民衆心理に影響は無いでしょうが、ゼロと二人きりになった直後のユフィの豹変は、どう考えてもゼロが何かやったとしか思えないよなぁ?(^_^A
ディートハルトは当然そう思ってるし、ダールトンもゼロが何かやったと思っている。キョウトですらユフィの豹変を不審に思っている…
まぁ、今回のユフィの豹変に何の不審も持っていないのは
07032319.jpg
この人ぐらいでしょうね…きっとユフィの死後は彼女の遺志を継いで、日本人皆殺しの為に凄い事やらかしてくれるでしょう(^_^A
1期のラスボスか、2期で悪の女幹部として「キャラ変わりすぎ!レイズナーか!Σ(゚ロ゚)」って感じにイメチェンするのか、或いは全然予想が外れるのか分かりませんが、コイツは予想しにくいですね(^_^A
「自分の受け入れがたい事をユフィがやっている」と言った意味では、前回のあの表情は「裏切られた事へのショック」とも言えるでしょうが、今週、それに対して反発するのではなく、自分の中で矛盾していても受け入れようとして心のバランスを狂わせてましたしね(--;
あと、核がどうのと言うのは、別に核爆弾で日本人殲滅とかでなく、ルルーシュの母親の機体に何か組み込むって事のようですね。このシーンを見る限り(ロイドが興味を示した事だし)。


あ、レビュー書くのに集中してたらデルトラ(赤ずきんは最初から見てません)見逃した…orz
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

今週は開始10分前からテレビの前でスタンバっていたので無事見れました(^_^A

小難しい事はまずはおいておいて、これだけは言わせてくれ!
(#゚Д゚)扇コノヤロウ!!キッチリとセクシャルフュージョン完了してやがって(爆)
まぁあの状況で拒否出来る程の鋼の精神力を持っていたら、黒の騎士団はもっと立派に活動していたことでしょう。
それにしても案の定人生守りに入っている扇君。これまででもっとも力強く発言しております。気合が違いました。そして黒の騎士団自体は結構安定してて驚いた。少なくとも上層部は惑わされていない。そう、我らが玉城ですら!凄いぜ!重要な局面なのに足を引っ張らなかったぞ!(マテw

しかしルルーシュの例えばが『ルルおにいちゃん大好きな妹になれ』だったら、平和だったのに(爆)

ルル「そうだな、例えば『ルルおにいちゃん大好きな妹になれ』と命令すれば」
ユフィ「うん、大好き!近○相○って素敵よねルルーシュ」
ルル「!? や、やめ、俺にはナナリーが」
ユフィ「逃げちゃだめです。同じ妹でしょう?」
ルル「あ、ああ、あっ、あっ、いやあああああああああ!」
殉教者、ゼロ

Σ(´Д`)ハッ。いかんいかん。変な妄想をしてしまった(汗)
それにしても次回どうなるのか非常に気になる展開ですなぁ。次回も要チェックや!w
黒姫 | URL | 2007/03/24/Sat 18:22 [EDIT]
>もっと違う視点
なるほど、いうなれば己の深層心理が“うっかり”という形で出たというわけですね。
なんというか目から鱗が落ちるっていうのはこういう事なんだなぁと実感しました。


小難しい展開になると自分の無力さを痛感させられて複雑な気分です。
比呂飛鳥 | URL | 2007/03/24/Sat 20:46 [EDIT]
re:黒姫さん&比呂さん
> 黒姫さん
いやぁ、扇はいい歳した大人ですし、ヤる事ヤってるのはむしろ自然な訳ですが、すっかり人生守りに入ってましたなぁ(^_^A
ホント、最近のギアスは要チェックです!

> 比呂さん
何でうっかり「日本人を殺せ」が出て来るのかという所からの考察ですが、スザク絡みの私情や「最初に思いついたのがこれだった」が外れたとしても、特区日本を潰す作戦としてユフィに日本人を殺させると言う考えが全く無ければ、日常的にうっかり口をつく言葉でもありませんし、それに関しては間違いは無いと思っています。
うっかり口をつく言葉というものはそういうものでしょうから…ルルーシュが妹属性全開なら、黒姫さんの妄想みたいな展開だったでしょうし(^_^A
黒川 | URL | 2007/03/25/Sun 20:24 [EDIT]
何?この凄まじい展開は!?
某動画サイトにて視聴しました。
何でこうも救われない展開に持って行くのか、わかってはいるけどやりきれない。
これほどインパクトを受けたのは、ベルセルクの蝕以来ですよ。
他の作品の主人公も似たような事はやっていますけど(トライガンのヴァッシュとかTOAのルークとか)、取り返しのつかない事をこうまで意識させる展開はお目にかかったことはなかった。

こうなるとスザクに嘲笑を浴びせ、心中では血の涙を流して決別、という展開が王道でしょうけど、この捻くれた監督がどうするのか。
本当に予測できない…
Coltrane | URL | 2007/03/25/Sun 23:45 [EDIT]
re:Coltraneさん
いやぁ、これだけ反応があると、作っている側としては「してやったり!」ですね(^_^A
今日紹介した「ぼくらの」のゲームの参加契約も、取り返しのつかなさと言うレベルでは同じか上回ってますが、演出や映像的な見せ方はギアスの勝利ですw

スザクに関しては…
「日本人を殺せvs生きろ!」で、スザクがユフィを殺すと言う予想が主流の様ですが、私はもっと何かが有りそうな気がします。
黒川 | URL | 2007/03/26/Mon 21:23 [EDIT]

Track Back
TB*URL

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」 & 皆様にお知らせ
コードギアス 反逆のルルーシュ 3ブリタニア初となる行政特区日本の立ち上げが、ユーフェミアの発表により決定した。そして、その記念式典が行われる。だが、そこにガヴェインに乗り込んだゼロが現われた・・・。  [続きを読む]
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2007/03/25/Sun 05:20
Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。