スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歳を考えろ…(--;
・今回のレビュータイトル
 「NANA 最終話」
え~、美少女とか言う言葉はほめ言葉であるはずなのに、最近は
恥ずかしい言葉である様な印象を受けます…

1175043092748.jpg
例えばこんな作品のせいで(^_^A
少女じゃないジャン!Σ(=ロ=;
4月の新番組の中で取り分け問題が大きいと思われるこの作品、これで深夜枠で無いと言うのだから、
1160430659223.jpg
企画した人間の正気を疑ってしまいます(--;
さらにその内容は…

ストーリー
私、新庄由美子。
杉並区在住の、かなりの美人!?主婦です。
夫の健介と結婚して、幼稚園に通っている娘の理沙と三人で平和に暮らしています。


1153354307840.jpg
風俗か!Σ(=ロ=;
ってか、これは駄目に駄目を重ねてカオス展開に持っていく気かも知れん…脚本が、「ポワトリン」や「トトメス」の人だし(^_^A
何だか駄目すぎて、1話はとりあえず見てみようと思わせる設定ですね。

そんな「美少女戦麗舞(セレブ)パンシャーヌ~奥様はスーパーヒロイン!~」は、テレ東系で、4月3日夕方5:30分スタートだそうです(^_^A

> NANA
07032910.jpg
アニメの皐、6歳児にしては声が微妙だなぁ…(^_^A
彼女の考察に関しては以前取り上げたので、今更書く事無いなぁ…
そうそう、花文庫に関しては、今回のタイトル奈々にも当てはまるなw
と言うか、そういう着付けができる事に「しっかりした大人の女性になった」と感じるより、「そうそう、初詣の時とかにもデキルから、遊んでる女の子も自分で着付けできる子が多いよね(結んだ後、結び目を180度回転させます)」とか感じてしまうのは奈々だからか(^_^A

携帯がかかってくるシーンは、原作で「瞬間思考」だと思って読んでいた為、モノローグ中にリアルタイムで流れる携帯の音が違和感…と言うか、そんなに間が有ったら一度切らないか?(--;
花火が終わった後、前回のラストで奈々が章司と出合った事で感じた思い(ナナとノブはそれ+α)をブラストの面々が感じている訳ですが、前回のラストと被る為に奈々の方は省略されているだけで、奈々も同じ思いだった事はモノローグでも分かる所。

楽しかった夏の思い出→関係が壊れる→夏に中止された花火大会がこの時期に開催

と言った流れで、(恋愛関係は兎も角として)すれ違ってしまった人間関係の回復を、花火大会に重ねる事で暗示させつつ、そう上手い事は行かずに、結局は失った事を再確認。普通ならそれで終わりな話作りを、冒頭で「数年後の花火大会」をブラストのメンバーと過す奈々を描く事で、話に深みを持たせてます。
まぁ、この手法の欠点としては「このエピソードの締めくくりであるにも拘らず、読者(視聴者)の興味が皐に行ってしまい、物語の焦点が分散する」と言う事ですが、皐に興味が行ってくれなければ困るし、「取り戻せなかった夏の補完」と言う形をラストにもう一度持ってくる事で、伝えたい事は十分伝わると思うし、欠点よりも長所がより多いと思います。
で、アニメ版(1期)はこの話が最終回な訳ですが、そういった最終回演出は無難な線だったかなぁ?
あ、皐はヤスによく懐いてるとは思ってましたが、
07032911.jpg
膝枕はw
膝枕ってのは、よほど気を許した相手で無いと無いですよねぇ…ネコでも人でも(^_^A
いや、警戒心無いのも居ますが(ネコでも人でも)。

恒例の総評は無し…だってこの話、終わってないもん(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。