スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理は愛情…orz
そうそう、キャベツと麺は一緒にゆでるよなぁw
と言うのは、今日のスーパーニュースの特集を見た感想。
和洋中のシェフが、卵、キャベツ、ひき肉の食材を使ってひとてま料理を作ると言うもの。
その中で中華のシェフが麺とキャベツを一緒に茹でてたのですが、私の実家でもまかないの冷やし中華(主に母が食べる奴)はそうやってます(^_^A
VTRの様にキャベツは後から投入して、シャッキリ感を残すのがポイント。
ちなみに、三人の料理を見る前に私が食材を聞いてピピッと考えたのがホットサンド。
軽くトーストした食パンを6分割位(一口サイズ)に切って、その上に塩茹でしたキャベツを水気を良く切ってからパンの上に敷き、トマトと卵を炒めた物にマヨネを混ぜ(紅西柿鶏蛋の味付けをマヨネでするって事です)た物を乗せ、薄く小さく焼いたミニハンバーグを乗せて完成。
みたいな物をイメージしました。作った事ありませんが、味のバランスとしては(ハンバーグ薄く焼くので、マヨネでこってり感を足し算して、トマトとキャベツで引き算。)悪くないかなと。食い辛くなりそうなので、最初から一口大にしてあるし。
パンとキャベツの間にバターを塗るかどうかは実際に作って味見してみないと何とも言えないなぁ。作り方によっては必要かどうかも違うだろうし。

前にも書きましたが、TV観てる時なんかでも「自分ならどうする」を瞬間的に考えるのはTRPGをプレイする上でのトレーニング的なもので始めた事ですが、そう言った発想を養うトレーニングみたいなのはTRPG以外の所で、いろいろ役に立ってたりしますw

ちなみに、番組内では和食のシェフは肉団子とキャベツを酒、しょうゆで味付けしながら炒め、具を取り出した後、フライパンに残った汁に水を加えてあんかけにし、そこに卵を投入して卵とじにし、少量の梅肉を上にのせて完成。
洋食はのシェフは、ひき肉とたまねぎ、キャベツ、あまりご飯、チーズ、スープでケチャップ味のリゾットを作り、そこにバターと生クリームたっぷりのオムレツ…では無く、形を整える前のトロトロの半熟状の卵をかける(さらに仕上げに削ったチーズをもう一回)という、おそらくリゾットに触感を合わせたと言う工夫のオムレツ。
中華のシェフは、ひき肉を甜麺醤で炒め(やると思った)、さらにゴマダレ(ひとてま料理なので、鍋などに使う市販のタレを使用)で味付けをし、前述したキャベツと一緒に茹でた麺の上に乗せ、日々を入れた卵を電子レンジで調理した温泉卵を上に乗せた坦々麺(本場の汁無し)と炸醤麺のあいのこの様な料理を作ってました。

それにしても…洋の料理を食った主婦が「仕事で遅くなって帰ってきた主人なんかに、チョコちょこっと作って出すのに良さそう」とか言ってましたが…それは、リゾットちょこっと温めて、卵にチョコッと火を通すだけで手間をかけた様な料理に見えるので、旦那ではなくあんたの都合で「料理する気の無い時にイイ!」ってだけでしょΣ(=ロ=;
遅く帰ってきた夫に、こんな重い料理を出す奥さんの気が知れません…
てか、自分の事しか考えてない人だって事は理解できますが、酒飲んだにしろ、空腹で帰って来たにしろ、そんな胃に、しかも寝る直前にこんな重い料理が良いとか平気で言っちゃえる程に夫の事を考えてない夫婦ってどうよ?(--;
料理は愛情…深い言葉だ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。