スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミックマスターJ
・今回のレビュータイトル
 「エル・カザド #08」
メイド・イン・ヘブンの加速空間…この恐るべき力で、ジョジョの世界は
一度滅びた訳ですが、その滅びへと向かう加速空間の中、ペンに付けたインクさえあっという間に乾いてしまうと言う状況でさえ岸部露伴は漫画を描きました。何故?
20070522072559.png
世界が終わっても漫画を描く!
岸部露伴も誰に叱咤される事も無く、そう言い切れる漫画家だから漫画を描いたのです!
フィクションの中にはメイド・イン・ヘブンの加速空間の中でも漫画を描けるであろう究極の漫画家が三人居ます。
一人は、それを実証して見せた岸部露伴。
一人は、20分/ページの速度(魔ペン入手前)で、尚且つ寝ながらでも描ける酒井綾。
そして最後の一人は、報酬500万円のスーパーアシスタント…
20070522074415.png

J以外の二人は、登場する漫画の焦点が漫画を描く事でないのに対して、「コミックマスターJ」の場合は漫画を描く事…漫画に携わる者達の生き様が作品の主題になっている為、ちょっとフェアでは有りませんが、作画技術的な部分は二人と大差無いにせよ、(漫画家として自分の漫画を描いた場合)描いた作品の格が違います(^_^A
Jが(アシスタントでなく)自分自身の漫画を描いて世に出してしまうと、それを見た漫画家を始めとした多様な文化人達は、クリエターとしてのアイデンティティを喪失し、優れたクリエイターであり、生活の殆どをそれに傾けているが故に生ける屍と化す。後に残るのは、まともに作品を評価できない屑ばかり。世界は文化的に衰退し、そして「CLUB」によって人類は滅びる。
20070522082230.png
そんな、とんでもない漫画を描いてしまう男、それがコミックマスターJ!

創造主である神。その神と同等の力を漫画家は自分の物語の中で持ち、物語を創造する。そして、人が神を理解できない様に、神もまた神の創造を超えてしまった創造物…傑作を読む事ができない。その嫉妬が将来において神の創造を超えた漫画を描く事になる一人の少年に、人類を滅ぼす審判者…JUDGESの運命を与え、その運命を変える為に、JUDGESは世の漫画家達を自分のレベルまで押し上げようと伝説のアシスタント、コミックマスターJとして生きる事を決意します。
自分の作品を世に送り出す為に、誰しもが神の創造を超える作品を作り出す世界を築き、自分の漫画が世に出ても「世界を滅ぼす唯一無二の作品」ではなく「ありふれた漫画の中の一つ」として何の混乱も齎さない様にする。それがコミックマスターJの戦い!
そんなJが出会う、漫画家や編集といった漫画バカ達の物語…
熱いです!

ちなみに、主人公であるJの行動のバックボーンはこんな感じですが、それがこの漫画のメインではなく、漫画バカ達の生き様の方がこの漫画のメインである為、あえて主人公であるJに関してはかなりの部分バラしてます(^_^A
20070522100610.jpg
そんな「コミックマスターJ(全13巻)」お勧めです。
ああ、アニメに関係なく漫画を紹介したの「ゾンビ屋れい子」以来だなw
あ、ちなみに「れい子」の画像も、当時はファイルのサイズ中心で作成されていた為、今回アップしなおしました。

> エル・カザド
07052110.jpg
うわぁぁぁぁぁっ!Σ(=ロ=;
真っ裸で縛られてこの表情だよ…絶対、勃ってるよ(--;
変態のこと変態だと思ってたけど、ここまで変態だったなんて(--;
07052111.jpg
そして、そんなお仕置きをするメガネも変態だΣ(=ロ=;
07052112.jpg
更に、いつも敵からバンバン撃たれても弾に当たった試しの無いナディが、別にナディを狙った訳でも無い流れ弾に当たった?Σ(゚ロ゚)
腹はヤバイって、弾抜けば治る訳でも無いし(^_^A
07052113.jpg
詰めの甘い女スパイ(本業:学者)が、今度は食後のケーキ食べ過ぎでつっかえた?Σ(=ロ=;
「出直しだ」とかカッコ良く言われても…(--;
07052114.jpg
「♪タコス タ~コス アミぃゴタッコッス えへっ
「帰れ貧乳(意訳)」
マフィアの皆様は失礼だと思いますが「十分セクシーだっつーの!」と言う意見には賛同しかねるなぁ(^_^A
何だか今回は突込み所が多すぎるw
売店のおばさんがサザエさんみたいなのを差し引いても、こんなにも突込みどころが(^_^A
今回の話の焦点は、久しぶりに「家族」と言うテーマだった訳だけど、こう言った小ネタが多すぎて、ナディの家族に関する特別な感情といった方向には行かなかったし…と言うか、焦点となるべきサンチェスや親父、アウリナに関する話は、特に掘り下げられる事なかったなぁ(^_^A
一応、ナディがシメの一言を言ってましたが、感情的になって涙したり、しみじみと感慨にふけると言う訳でもなかったし…むしろ、エリスがメインだった。
所で、最後わざわざサンチェスが街から姿を消したとか言うナレーションが入ってるけど、跡目争いで消されたとか、エリスの秘密を見てしまったのでローゼンバーグに消されたとか、そういう意味で消えたんじゃないよね?(--;
答えは、聞きたくない(リュウタロス風)。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

少年の極意
TVを観て興味を持ち買ったのですが、はまってしまい、2日で読みきりました。すごく面白くて読み応えもあって良かったです。息子のプレゼント用に、1巻~12巻までまとめて購入しました。おもしろい10かんもみたいですね。。。。。。。。。。。凄い漫画です。久しぶり  [続きを読む]
コミックをいっぱい集めました 2007/06/06/Wed 08:11
Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。