スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポーション
・今回のレビュータイトル
 「練馬大根ブラザーズ#09」「ノエイン#20」
青春バトンで思い出した事ですが、学生の頃は妙に反骨心を持っていましたね。
しかも、やっている事が若くて、今思い返すと実に恥ずかしい(--;
今はあの頃のパワーは無いですね…精々
ffxii02.jpg
「目に見えてボッタクリな『ポーション』なんか意地でも買うものか!」ぐらい?
これ1本630円、ボトルキャップ6種、カード全27種+レア3種はボッタクリにも程が有ります(^_^A
もし、在庫がだぶついて、半年後くらいに1本68円ぐらいで「つるかめ」で売りに出ていたら買うかな(^_^A
ちなみに、放送終了した仮面ライダーのソーセージは1箱16円ぐらいだったかな?34円だったか?どっちにしろ40円までは行かなかった筈w

> 練馬大根
今回、ミュージカル部分が少ないわ、作画が崩壊しているわで「製作状況の危うさ」を感じますねぇ(--;
さて、私がレビューしていない間も丸山弁護士やドンキホーテの社長などをターゲットとしてきたこの番組ですが、今回のターゲットは「新聞社とソフトボールチームをもっている地上げ屋」…それって
114166383082695fb.jpg
ナベツネじゃんΣ(=ロ=;
久しぶりの「私の大嫌いな人物」ですよw
ホリエモンなんかより先に、こっちを捕まえて欲しいものですが、本当に悪い奴が逮捕される訳が無いって事で(--;
ちなみに、ナベツネは冒頭で小泉首相(今回は声だけ)の強引な計画を聞いて「強気なお方だ…だが、そこにシビレル!憧れる!」と、ジョジョネタをやっとりましたw
今回はヒデ兄ちゃんがナベツネに騙され、ヒデ兄ちゃんの目を覚まさせる…と言う展開で、ヒデ兄ちゃんの代わりに
1141663830592dcdd.jpg
カラクリが練馬大根ブラザーズに入ります…刑事がギャング団に入るとは(^_^A
そして、今回はナベツネがヒデ兄ちゃんと逃げ切ると言う展開w
1141664168890f881.jpg
次回に続くのかよΣ(=ロ=;
流石ナベツネ、しぶといぜ(--;
しかし「悪人の破滅で閉め」という王道パターンが崩れただけでなく、ミュージカル部分も少なかった為、いつもの「テンポの良さ」が無いんですよね…テンポの良さが売りのアニメなのに(^_^A
主人公なのに悪の手先になってしまうゲイナーの様な展開といい、ラスボスっぽい存在(小泉首相)も明らかになったりとそろそろラストか?
でも、次回(10話目)で終わらないなら、12話までやるとして、12話でターゲットを小泉にすると言うのは、間が空きすぎかなぁ?
11話で小泉登場、ここで小泉に逃げ切られて、12話で真のボスでブッシュ登場ぐらいがテンポ良いかなぁ?

> ノエイン
06030701.jpg
大人のアイ再登場!
いやぁ、彼女は良いですね、影がある美人と言う感じでw
死んだユウをハルカが見たら「ユウが死んだ」と言う現象が確定されてしまう…「龍のトルク=観測者」と言う考えが、今回で完全になった感じですね。
モロに「シュレーディンガーの猫(注1)」ですが、現在のラクリマ自体が「量子的に不安定」と言う設定だからこそ出来る話ですね。
「逆算固定なんてできるなら、最初からそれやれよΣ(=ロ=;」とか思っていたけど、それをやると「ラクリマを認識している量子コンピューター」が、一時的にラクリマを認識しなくなって、下手するとラクリマが滅んじゃってた訳ね(--;
「そういう事を、国民への説明なしに、勝手にやるなよ~(--;」とか思ったりするけど、まぁ、そういった事も強行されてしまう程、ラクリマはヤバい状態で、「龍のトルクを何としても!」って事なんだろうね。
まぁ、小難しい話は兎も角、作品的には「砂浜に落ちたたった一粒の砂粒でしかないユウを、ハルカは見つける事が出来た(愛の力でw)」と言う事ですかね(^_^A
そんなユウと比較して、コイツが哀れでしょうがない…orz
06030703.jpg
「笑えよカラス!愚かな俺を笑え!」とか言ってますが、どうしようもないほど哀れすぎて笑えません。
今放送中のアニメで彼より哀れな奴となると、ブライト王子ぐらいしか居ません(--;
そして、ノエインですが
06030702.jpg
コイツはカラスの時と言い、ユウの時と言い、他の時空の自分に対して容赦無いですな(--;
06030704.jpg
まぁ、全員ハルカ狙いな訳だから(爆笑)、仲良くしろというのが無理なのかw
しかし、極論するとノエインって「一人の女の子をめぐって、自分同士で妨害したり、嫉妬したりする話」ですなぁ…まぁ、そんな突っ込みは今更なんですが(^_^A

注1:青酸ガスの発生装置の付いた箱の中に猫を入れる。中を観測する手段は無く、青酸ガスの発生装置がいつ作動するかは分からない。
猫が死んでいるのか生きているのか知る手段は無く、その確立は半々。
現実には「半分生きていて半分死んでいる」と言う事は有りえないので、生きている状態の猫か、死んでいる状態の猫しか居ない訳だが、誰かが観測しない以上は、「生きた猫」でも「死んだ猫」でも無い「確立50%」。
量子力学ではこの50%の状態を、「生きた猫」と「死んだ猫」が重ね合わせに存在しており、観測者が観測する事で「生きた猫」か「死んだ猫」に確定されると考えている。
これが「シュレーディンガーの猫」という結構有名な話。

量子力学会における2大勢力の一つであるコペンハーゲン派の解釈では、観測者が観測する事で、重ね合わせに存在する「事象群」が「生きた猫」(あるいは「死んだ猫」)に収束するとしている。
この場合問題となるのは、「箱の中の猫と言うミクロな話ではなく、この世界全体と言うマクロな概念での観測者とはいかなる存在なのか?」と言う事ですが、ノエインの世界において、観測者は「龍のトルク」であり、今回(突然)出て来た「ラクリマを認識している量子コンピューター」と言うことでしょう。

2大勢力のもう一方、多世界解釈は観測者が箱の中の猫を確認した際、生きた猫か死んだ猫を見つける事になる訳ですが、観測者が生きた(死んだ)猫を確認したのとは別に、死んだ(生きた)猫を観測者が確認した世界も「重ね合わせ」に存在するという、いわゆる「パラレルワールド」のアイデアの元でもある考え方で、ノエインでは、この二つの解釈を色々織り交ぜているようです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

>ポーション
ボトルとカードと箱で通常版との差額¥430って高いですよね@
味はアレだし(w
在庫がダブついて値段か10分の1になるのを切に願います(笑
> ノエイン
って黒川さんのレビュー見る限りではとても興味をそそるので、見てみようかなと思ったら、北海道では放送してませんでした。(涙
しかし「シュレディンガーの猫」まで引っ張ってくるとはなかなかやりますな!
あ、TBいただきます。
jujun | URL | 2006/03/08/Wed 23:39 [EDIT]
ポーション通常版買いましたw
やばいですねこれw
前情報通りの不味さでした。
気になって飲もうとか思わないが吉です。
裸ヴ本 | URL | 2006/03/09/Thu 16:32 [EDIT]
RE:jujunさん&裸ヴ本さん
> ポーション
やはり、味は前評判通りのアレですか(^_^A
ちなみに、青色1号の発ガン性に関しては、確かにEUでは使用を禁じられている程ですが、水道水にも発ガン性はある訳ですし、一々気にしない方が良いのか、避けられる危険は少しでも避けるべきなのかのボーダーラインと言う所でしょうか?

> ノエイン
ノエインは良いアニメですよ~w
やはりクセが有るアニメではありますが、私は好きです。
黒川 | URL | 2006/03/09/Thu 21:41 [EDIT]

Track Back
TB*URL

ポーションを使った。
HPが30回復した。味的にはこの程度です(笑不味くはないんですけどね、後味が悪いなぁ、匂いがいつまでも鼻に残るし@液体の色は昔のかき氷の『ブルーハワイ』見たいな真っ青(寒限定BOXボトル↓630ギル(笑高すぎるヨ!!プレミアム  [続きを読む]
元Tレコ店員日記ーFab Things To Go 2006/03/08/Wed 23:42
噂のぽーしょん。
黒屋さんやZENRA-MANさんとこでも紹介されてる噂のFAINAL FANTASYポーションを近所の711で通常版買ってみた。限定版無かったので○Kにも寄ってみたところ、そもそも通常版すら置いてない  [続きを読む]
裸ヴログ 2006/03/09/Thu 16:08
Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。