スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムSEEDの新作か…
・今回のレビュータイトル
 「闘牌伝アカギ#23」「クラスターエッジ#22」
ガンダムSEEDの新作が出るようですね。
とは言っても、イベント(5月の静岡ホビーショー)用、ネット配信用かなんかの15分作品3話分で。
06030801.jpg
主人公は19歳だそうですが「ゼンガー・ゾンボルトのようなルックス」の為にもっと年言ってそうに見えます(^_^A
ヒロインは28歳だそうですが、それは「腐女子に夢を与えよう」という方針なのかw

しかし、監督はこれ以上ナニをどう作ろうと言うのだろう?
新主人公を据える辺り、単にファンサービスでは無く、スポンサーサービスなんだろうけど、主役機らしいガンダムがカッコ悪いし(例によって、プラモになったらカッコイイのかも?)。
個人的には福田監督は確かに才能が有る人だと思いますが、話の作り方、モノの考え方、価値観や善悪の基準と言う点において、ガンダムSEEDには受け入れ難い部分も多々あります(特にDESTINY)。
スパロボ系の熱血ものだったら、そんなに気にならないんだけどねぇ…
てか、監督の話の作り方、モノの考え方が根本的にスパロボ系だから、戦争を扱うには向いていません(--;
私は2チャンネラーではないのですが、正規の物語よりは「ガンダムSEED Revival」の方に多くの共感を持ちますね。
個人的にはシンがマユマユ言ってないで、ちゃんとマユより先に両親の事も口にしているのが個人的にポイント高いですね(^_^A
ウィラードやユウナの「ナニ、そのカッチョイイ設定Σ(=ロ=;」とか、アストレイの「ハチ」の設定を生かしたAIレイとか、相変わらずの無敵ぶりを誇るキラ様とかもw
シン達の側の正義だけを描くのではなく、シン達の側の悪も描き、それは敵側であるキラ、ラクスも同様に正義と悪を同時に抱えている。そうした姿勢は戦争作品の基本でしょう(「戦場を混乱させたのがキラの悪い所」と言った描き方で、キラ達の行動でより問題のある部分はスルーする様な描き方でなく)。
ファーストガンダムからして「子供が見る」事を前提に作ったものだし(アムロが意味も無く日系だったり)、そろそろ「戦争作品としてのガンダム」が有っていいと思います。
今まで、局地的な部分ではそれも有りましたが、「一大勢力の首魁」に、これほど思い入れが有るキャラが鎮座した作品も「逆シャア以来」であり、逆シャアが「アムロとシャアの壮大な喧嘩」であり、戦争作品として作る事をしなかった(そもそも、軍事勢力の蜂起ではあっても戦争ではないし)為、ラクスという絶好のキャラが権力の表舞台に出てきた以上、「戦争作品としてのガンダム」を描く好機と言えるでしょう…勿論、福田と嫁には無理なので、二次創作がベストと言うのは、何とも情けない話ではありますが(^_^A

> アカギ
今回から鷲巣様と書かせていただきます。理由は今回の放送で鷲巣様(の中の人)は敬意を表すべきだと感じたからですw
3回戦開始直後、アカギがハネ満…「テニプリのモモ先輩の『ドーン!』」を思わせる強烈な速攻です(^_^A
流れは完全にアカギ。
そんな中、鷲巣様に訪れる逆転の兆し…タンピン、三色に持っていけるサンシャンテン(あと3手進むとテンパイ)という好配牌。
しかも、鷲巣様の最初のツモでタンピン三色の芽は消えたものの、1手進んでリャンシャンテン(後2手(以下略))。しかし、次順…リャンソー(竹を模した索子と言う牌の2ね)をアンコ(暗刻、三つそろう事ね)としたものの、ピンフも消えました…やはり、流れはアカギにあり、持って生まれた幸運で強引に手が進んでいるだけで、その無理がどんどん手を安くしていると言うことのようです。
結局、三色も消え、とりあえずテンパイまで持っていったものの、「リーチ直後の部下の差込で、リーチ一発」と言うゴミの様なクズ手…orz
しかし、部下がカン出来る状態にあったので、ドラを増やして少しでも高い手になる(ドラが付く)事を期待し、直ぐにはリーチせずに部下のカンを待ちます。
全ての流れが鷲巣からアカギに行っている様なこの流れで、部下の引いた新ドラ表示牌は…イーソウ。
つまり、リャンソーがアンコになっている鷲巣様の手は、これで一気に…
06030802.jpg
ドラ3!
06030803.jpg
ドラ3!!
114174728060067e5.jpg
ドラ3!!!
アムロが三回言ったーーーーーーっ?!Σ(゚ロ゚)(ガビーーーーン!)
(前にも書きましたが、ナレーションはアムロの人です)
幸運にも程が有ります(^_^A
鷲巣様はラッキーマンかなんかでしょうか?
これで一気に逆転の手!
しかし、鷲巣様はリーチしたものの、部下に差し込ませません!
アカギが鷲巣の上がり牌であるイーピン(筒子の1)を持っており、しかもアカギはイーピンを処理する可能性が高い(部下の手配の中にイーピンが有り、リーチ後部下が差込まなかったのは「今の部下の手配には鷲巣の上がり牌は無い」と、普通なら思う)からです。
また、アカギからの直撃だけでなく、鷲巣様が自力で牌を引き当てても、アカギは致死量の血液を抜かれて死にます。
そんな圧倒的優位に立った鷲巣様は、妄想世界でサディスティックな楽しみに浸りますw
114174768712515c6.jpg
アカギがオタオタする所を妄想したり(凄い想像力です。少なくとも私にはそんな妄想できません(--;)、
ツモる時に(これがピンズならアカギは死ぬ…)「即ち、死んじゃうツモ…」「死んじゃうツモぉ♪」
1141747895707c649.jpg
「♪死んンじゃウツモぉうえふへへへ」
完全にイっちゃってます(^_^A
中の人の好演で凄い事になってますw
凄い!凄いよ鷲巣様w
ツモする度に、めっさ快感を感じています(^_^A
アカギも気配を察したのか、浮いているにもかかわらず、イーピンを切りませんが、不要なイーピンを抱えている為に上がれる気配が有りません。
今回も最後まで緊迫した話しをやり、「アカギ放送中の30分は短い」を見せ付けてくれました。
今日のアカギさんの台詞
「ツモ」「ツモ、一通、ドラ3…ハネ満」

> クラスターエッジ
先週も書いたことですが、学校と言う未成年が集まっている民間の施設に対し、何の警告も無く軍が砲撃を仕掛ける。
しかも、その学園は多数の国家の有力者達の子息が通い、出資している特殊な学園であり、普通なら確実に戦争勃発です。
その攻撃を指揮しているのが、ただの軍の諜報部の人間…
しかも、夕方に放送している小学生向けの番組ではなく、深夜アニメでの出来事です。
そういった作品を作る監督が、一般常識とか分かっているのか甚だ疑問に感じます。アニメとゲームと同人誌の世界だけしか知らないんじゃないのかな?
「力」を単純に軍事力だけだと思っている節も有りますし…その軍事力に相対する力が「理想」とか言うのも…(^_^A
理想は軍隊にだって有るもので、軍事力を政治や金や宗教と言った別の力で何とかしようと言う考えは無いのね(--;
ガサラキの「日本国民の預金を全て使って、アメリカ金融市場に壊滅的打撃を与える」とか、スピグラの「アメリカは自分の攻撃のよって、日本とアメリカの資産を灰にし、世界的な大恐慌を引き起こしましたとさ」みたいなトコまでやれとは言わないけど。「軍事力に個人的な戦闘力で対抗して解決」…そんな話はSEEDだけで十分です。
人造兵反対を叫んでいた学生(ローレンス)が、意外に仲間思いなのビックリしたけど(行動力が有るのは、校庭で演説始めるぐらいだから無駄に有るだろうけど)、その後の展開とか見ると…(^_^A
クロムの受ける理不尽な迫害シーンは◎
特に
11417482647639d19.jpg
「こんな石なんか当たったって、ちっとも痛くねぇよ…人造兵だもん」は良い台詞ですが、その後に続く「だけど、胸の奥の方が…」は蛇足だΣ(゚ロ゚)
あと、「自分がどう思っていても、決めるのは周り」と言うのは全然違って、それは周りの価値観であり、実際に決めるのは自分だと思う訳ですよ。それを「自分と回りの価値観が違うから、仕方が無い」で終わりにするか「自分と回りの価値観が違うなら、それを理解してもらえるように努力する」かはその人次第だし、そう言った意味で、クロムを迫害していた連中を助けて回るといった「努力」をする、クロムは偉い。
今後、ローレンスが(無駄な行動力をフルに活用して)人造兵擁護の演説始めたら凄いなw
でも、緊急時なのにもかかわらず、律儀に鎧に着替えてから救助活動を行うクロムや、追われているにも拘らず人造兵だとモロバレの鎧を脱がない辺り「やはり人造兵と人間の感覚は何かが違うのかもしれない…(--;」と強く思わされましたw
次回予告によると、隠し部屋はカールスの部屋らしいけど、カールスの写真が切り刻まれているのが、強烈な引きですなw
1141748594537c78e.jpg
個人的には「写真を引き裂いたのはエマ先生」とかだったら好きな展開だ。
でも、カールスの部屋だったとして、自分の部屋にストーカーの如く自分の写真を貼りまくるカールスって「やっぱり」変態ナルシスト男だったんですね(--;
アゲートは正直、何がしたいのか分かりません。
IGPXのタケシ並みに「自然体」を履き違えてしまった主人公で、今の時点では「いつもはおとなしい良い子なんですが、キレると手が付けられなくなる」という「よくニュースで聞くフレーズ」がピッタリの問題児童ですから(--;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

>種新種
監督の西澤さんの演出の回が、種でよかったかどうかも、
記憶にないくらい印象がない人なんですが(苦笑)
脚本も森田さんだしなぁ…orz
まぁ、ほどほどに期待しときますw

>アカギ
実は、ayakashiを見逃した時、裏でこれやってて、たまたまチャンネルがそのままだったので、アカギを見てたんですよね(笑)
ナレーションは、私はアムロというより、セーラームーンのまもちゃん(タキシード仮面)ですw

>IGPX
場所違いですが、やっと18話見れました。
…簡潔に申し上げますと、

タケシ、さらにウザイ!!(= =;)

です(笑)
かなりイライラします。しかも、まわりの人間(特にサトミさん)がタケシに甘すぎるので、ぜっんぜんタケシが成長しません!(怒)
…あー、主人公でしかもヘタレにこんなにイライラしたの久しぶりだ(苦笑)

あ、あとバトンの方、遅れててすみませんorz
今日中にはあげたいと思ってます!
ので、もうしばしお待ちを。
紅桃 | URL | 2006/03/09/Thu 03:12 [EDIT]
RE:紅桃さん
> ほどほどに期待しときますw
私の場合は「とりあえず期待していなければ、面白かった時に得だ!」といった考えなので、今後は情報をシャットダウンしようかなと(^_^A

> まもちゃん(タキシード仮面)
なるほど、そっちですかw
年齢的に、セーラームーンは無印見た程度で、後はほとんど見ていなかったり…(^_^A

> IGPX18話
18話は…19話で、ファンティーヌが引導を渡してくれるので、それを待ちましょうw
そうそう、タケシって15歳と言う話を聞いたんですが、それが本当なら、精神的に不安定な事や、その行動も仕方が有りませんか…そんな自分の責任も取れないような子供を採用するチームサトミや、過度な期待をかけるカニンガムが、今度は「子供相手に、何でそんなに…」とか思ってしまったり(--;
やっぱ、15歳は無理ある設定だよ…orz
黒川 | URL | 2006/03/09/Thu 21:57 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。