スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常事態(--;
・今回のレビュータイトル
 「モノノ怪 #03」「おおきく振りかぶって #16」
 「ドラえもん (スクープ!のび太と秘密のデート)」

さて、最近暑さが本格化してきた訳ですが、それが原因か体がだるい。すぐバテる…
そんな風に考えていたのですが、実家に帰って体脂肪率を量ってびっくり。
筋肉比率36%、体脂肪率14%?
非常事態だ!Σ(゚ロ゚)
脂肪がこんなに付いたのも初めてですが、筋肉がこんなに落ちたのも初めてだ…orz

疲れやすいのを暑さのせいにしてましたが、どうやら本格的に体鈍っていたようです(--;
鍛え直さなければ…orz

> モノノ怪
海に坊主とは、これぞ正しく
07072710.jpg
海坊主編………

開始三分半でオチ付いたΣ(゚ロ゚)

いやぁ、良いなぁ海坊主編w

07072712.jpg
加世が再登場と言うだけでなく、
07072711.jpg
このインチキ臭い修験者が良い味出してますw
魔除けの灰の一件で唯のインチキ祈祷師ではない(実力は兎も角として)と言う事を示したり、薬売りに文句を付けて煩がられ「魔除けの祈祷をお願いします」とか頼まれて上手く手玉に取られてしまったり、小田島様を超えたかもしれないw
07072713.jpg
他の面子も、危ないサムライに、修道の香り漂う坊主が二人と個性が出まくっていますw
このシリーズは基本的に密室劇で登場人物の過去を解き明かして行く訳ですが、今回は航海上の船の中と言う推理小説の定番ともいえる密室…まぁ、基本的に推理モノではないんですけどねw
それでも今回は最後の最後で「誰がこの船を、あやかしの海に導いたのか?」と言う事をやっていて、しかも
07072714.jpg
加世にとって、信頼の置ける唯一の人物であるはずの薬売りまでもが疑わしくなってきたと言うおまけ付き。
密室劇はこういった疑心暗鬼のギスギス感が良いですなw

> おお振り
07072718.jpg
何か、桐青のピッチャーは共感できるなぁ…「何であそこであんなまずい行動取っちゃったんだ?」と自分でも思ってしまうプレーでショックを受けるトコもそうだけど、逆風になって初めてエンジンがかかる。
気を抜いている訳ではないつもりだし、本気でやっているつもりだけれど、ホントに気が入るのは追い詰められてからと言うのは、実に良く分かります。
やろうとする事に直接関わるストレスを感じないと本気になれないと言うか…目の前に肉食獣が現れた草食動物とか、締め切りが迫った漫画家の心境でしょうか?
そういった前を向く為のストレスが有って、初めて全力を出せるみたいな。
07072717.jpg
共感と言えば、このシーンの阿部にも共感です。
何というか…「小さい子供から、無条件の信頼と憧れの眼差しでみられる」感じ?(^_^A
07072716.jpg
そして、新キャラの三橋のいとこ登場ですが、地味に女性キャラ多いな。
07072715.jpg
「カワイイ~」のジェットストリームアタックかます主婦三人の一番手前のママも「アンタが可愛いわ!Σ(゚ロ゚)」って感じだしw
そうそう。バスドラムの子は原作でも背景だそうで(紅桃さんに教えてもらった)、監督かOPアニメ作った奴は「脇キャラ萌え」に違いないw

> ドラえもん
11855317457400485.jpg
おお、ちゃんとミツ夫の写真出したw
大人になっても、ミツ夫を待ち続けるスミレ…何とも良い話です。
何の話かといえば、今回のドラは「目立ちライト」の話だったのですよw
そう、パーマンのパー子こと星野スミレの登場話。
星野スミレはパーマンでは(当然)子役として登場している訳ですが、
11855317233453671.jpg
ドラえもんでは大人になった彼女が人気女優として数回登場します(名前だけの登場も合わせると結構出てた筈)。
そして、「目立ちライト」では、パーマンを知る読者にとってはかなり決定的な所まで突っ込んだ、言わばパーマンの後日談が語られる話で、偶然10チャンかけてて良かったw
変な改変も無かったし、新作スタッフはそういったトコは分かってます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。