スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無駄で有意義な一日
・今回のレビュータイトル
 「モノノ怪 #06」
昨日、14話のシナリオをオデッサ市街のパートだけでも仕上げてしまおうと、
休みを取っていたのですが…とんでもない羽目に(--;
朝起きて、ギガンティックフォーミュラとチェックし

それって、マナさんの料理が美味かったので幻覚だって分かったという事か(--;
と、つっ込み入れながら見終わった時点で…ギブアップ!
暑い…いや熱い!
この部屋の温度異常だよ!Σ(=ロ=;

私の家は二階建てトタン屋根のアパートの二階なのですが、夏の日差しで暖められたトタン屋根で、二階の部屋はオーブン効果で灼熱地獄と化します(--;
凄まじい事に、窓付けクーラーの前方1.5m(クーラーの横は30㎝程度(--;)しか涼しくは無く、しかもそのごく狭い涼しい範囲であっても、天井に向かって手を伸ばすと、熱せられた空気が手に纏わり付き、「扇風機と併用すると冷房効果UP!」という電子ちゃんのアドバイス通り扇風機を付けると「熱風が流れ込んでくる」という始末(--;

こんな部屋に居られるか!Σ(=ロ=;
と、シナリオを進めるという休暇をとった理由を放り出して部屋から逃げ出したのが10:00頃の事でした。
当て所無く自転車を走らせている内に(途中、脱水症状を起こしかけて、目に入った交番で水飲ませてもらったりしながら)、気づけば何時しか漫画家の聖地吉祥寺の近くまで来てました。
「良し!ここまで来たら、邪教の館がまだ在るか見極めてやろう」と、決心してそのまま吉祥寺に。
ここで言う「邪教の館」。地元民はピーンと来るかもしれませんが、吉祥寺という町は開発されているようで、実は駅の近くにも古くから残る民家が存在します。
その、駅から近い非常に古い…と言うよりもあばら家と言う表現がぴったりの古ぼけた民家の一つに「羊の髑髏(昔は山羊の髑髏も在った様な…)」を屋根に載せた、不気味な家が存在します。
その昔、真・女神転生がTRPG化された際(今も新しいの出てるけど)、真・女神転生の舞台が吉祥寺であり、地元民でもある事から、「邪教の館ってあそこだよな(^_^A」って事で、その家は邪教の館と呼ばれる事になりました。
あれから10年近くの時が過ぎ去り、邪教の館の在った辺りの町並みも激変していました。
20070817142935.png
ええ、残ってましたとも(^_^A
流石に、住民の方もおられるので写真を載せたり「何処」とかハッキリした場所は書けませんが、「真・女神転生の主人公の家の近く」とだけ書いておきます(^_^A
邪教の館や「孤独のグルメ」の回転寿司が健在な事に満足した私は、井の頭公園へ。
この公園は漫画化の家が密集している吉祥寺に隣接している事から、数多くの漫画で登場し、
20070817150648.jpg
この野外ステージだけを取ってみても、私が知る限りでも、北島マヤがパックを演じてドーム状の屋根に上ると言う公園の管理者に怒られるような事をしたり(すぐ前の茶屋でバイトしたりしてるのに、神経太いですな(^_^A)、
20070817185110.png
悪魔フォルネウスが召還されてたり(正確には未遂。ちなみに昔の野外ステージは、この作品で描かれている様な外観だった)、真女神転生でそれをネタにされたり、
20070817150634.png
何度かこのブログで取り上げた学校怪談でも一本あります(単に井の頭公園と言うだけなら他にもまだあります)。
もう、ディープなオタの目から見れば、掘れば掘っただけ発見があるんじゃないかと言うこの公園。らきすたの聖地所じゃない様に思うね(^_^A
そうそう、すげこまくんで、すげこまがオオサンショウウオをパクって来た場所と言う事になっている井の頭自然文化園(分園が井の頭公園の池の中洲状の所にあり、すげこまがオオサンショウウオを盗んだのは、ここの水生物館)は、都民の日(10月1日)はタダになるので(上野動物園や多摩動物園もタダ)、久しぶりに出かけてノスタルジーに浸ってみようかと思いましたよw
ああ、でも上野動物園や多摩動物園も子供の頃よく行ったんだよなぁ…
そして、どうせタダになるなら入園料高いトコ…とも思うけど、やっぱ井の頭自然文化園は一番よく行った(それこそ、実家から20分で行けるので)動物園だし、子供の頃大好きだった象のはな子さんが生きてる内にもう一度会いたいと思うしな…まぁ、この間フジでドラマ見たから急に思い出したんだけど(^_^A
と、そんなこんなをして(髪切ったりもして)いる内に、2時を回り、雲が出て涼しくなってきました。
「これは行けるんじゃね?」と思い、自宅に帰って…30分でギブアップ(--;
ダメ! 天井裏の空気が温まって、それが熱いので、外は涼しい(家の中に比べれば)と言うのに、室内は全然温度下がってないの(^_^A
まぁ、何時もだって20~21時までは「外は涼しいのに、家の中はクーラー付けても暑い」と言う状態ですが、「朝ほどじゃなきゃ耐えられる」と帰ってみたのに、朝と状況変わりませんでした(^_^A
その後、向かったのは烏山の図書館。
ここで、久しぶりに辻真先の小説を読んで時間を潰す。
うん、やっぱり辻真先は天才だw
その後、スーパーAZUMA(三鷹店)で買い物をし、石鹸やタオルを買って入った今まで来た事も無い様な銭湯で寛ぎ、帰ってきたのが21:00過ぎ。おお、クーラーがちゃんと効くw
その当たり前の現象がこんなにも嬉しいなんて…orz
と、喜びつつ、早速シナリオ作りを進め…る事も無く安らかな眠りにつきました(^_^A

いや、実際にはもっと無軌道無計画に、地図も無しに色々な場所を自転車で走ってたり、途中見つけた公園で体を動かしたりしたもので、メチャクチャ疲れてたんです(--;
い何と言うか、せっかく休みを取ったのに、シナリオは一向に進まず、体を休める事も無く、目的も無いままクタクタになって帰ってくる。何と無駄に一日を過ごしたものか(^_^A
でも、子供みたいに一日中無計画に遊びまわって、何と言うか凄く充実した感じです。
たまには、こんな休日の過ごし方も良いもんだw

> モノノ怪
退魔の剣を抜くには形・真・理の三つが必要。その内の形がのっぺらぼうには無い(形が無いからこそののっぺらぼうと言うか)。これは退魔の剣の設定を生かした良いモノノ怪ですなw
真と理を明かした時にモノノ怪の真の形が明らかになるとかでしょうか?
07081410.jpg
感情を殺して生きてきた浪々の武家の娘。その押し殺してきた感情がモノノ怪を生み出した(のっぺらぼう=お蝶)と推測していたのですが、津波警報直後から(笑)何となく裏がありそうな感じになってきましたねぇw
07081411.jpg
「あの場所に戻る」と言うのは時間を戻すと言う意味だと取っていましたが、あるいは今回の話は「お蝶の精神の中の出来事」といった事なのかも知れません(時間を戻すではなく、正気に戻すと言う)。
どちらにせよ、何度も何度も一家惨殺を行っていた様で、薬売りが冒頭で言っていた殺しの方法が食い違っているのは、そういう事なのでしょう。
「あなたの心に澱の様に溜まって行く毒を…」は非常に良い表現だと思うのですが、最近は若い層(?)のボキャブラリが貧しくなっているなぁと実感する事が多く、「澱」は自分がSRCのシナリオ書く時なんかは躊躇する(と言うか避ける)表現ですね。
ところで
07081412.jpg
この声優さん(緑川光)のこの演技は笑ったw
この話(正確にはこの話の後半)で加賀美パパが「♪やった~ やったのだ ついにやったのだ」とやるのと同じぐらい良い演技w
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。