スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔術と量子宇宙論とNT
・今回のレビュータイトル
 「モノノ怪 #09」「おおきく振りかぶって #22」
さて、モノノ怪の最終章「化猫」の映像がEDの予告映像で明らかになった訳ですが…
07090714.jpg
さよさんジャンΣ(=ロ=;
他にも何となく見たような面々が…(^_^A
違うかもしれませんが何となく展開が見えてきたような…

外国なんかで、何かの記念日を祭った祭典で、過去にそこで何が起きたのかを再現するような芝居を子供達がやったりする映像や、映画のワンシーン等を見た事ないでしょうか?
例えば感謝祭で行う劇…いやぁ、もう感謝祭に関しては「インディアンの親切を神に感謝して、神の教えも知らない様なインデアンは迫害する」とか言うキリスト教徒の素晴らしさとか色々言いたい事がある訳ですが、それは置いといて(/--)/
ああいった劇を行うのは、今では子供が歴史を学ぶ一環として行ってる訳ですが、本来は過去を再現する事で、その時と同じ繁栄、機運、或いは同じ想いをその土地や人々に招こうという、ある意味魔術的な意味合いを持った儀式であるのです。
魔術的な解釈と量子論を混ぜると、過去を再現する事で「土地」と言う観測者を騙し、過去と現在を錯覚して確定させると言った事になるでしょうか?

今週のグレンでも少し出てきましたし、ノエインのレビューで散々取り扱いましたが、量子力学の世界において「観測者によって観測される事で事象は確定する」とか「観測者が観測すると言う行動が、それに影響を与える」と考えられており、まぁ、アンチスパイラルの母星の位置が分かったのもそう言う事ですね。
その観測者による影響の結果を、観測者の意のままに変更するという発想がノエインの龍のトルクだったり、先に挙げた「過去を再現する芝居」であり、昨夜のモノノ怪の東大寺も「それを価値ある物と認識してくれる存在が無ければ、ただの朽ちた木片」な訳です。

何となく化猫の展開が見えたというのは、Ayakashiの「化猫」から100年以上の時が過ぎ、同じ場所に当時と非常に良く似た人物が偶然に(或いは何者かの作為で)集まる事により、過去と同じ様な事象が繰り返される(土地が錯覚する訳ですね)といった展開なのかなぁと…
まぁ、的外れの可能盛大ですが(^_^A

で、ここで登場する第三の要素がニュータイプ。
ニュータイプは別にテレパシーの一種では有りません。テレパシーでMSの動かし方は分かりませんから(^_^A
ニュータイプは物事の本質を理解する力(実際には理解と言うよりも察する程度の曖昧な物ですが)であるとされています。ZやZZのバリアーとか隕石押し戻しは、NTがどうのと言うよりも監督のお家芸「マシンによって増幅された人の意思の力」とか、そう言った事で直接NTがどうのと言う事ではなく、NTは意志の力も強いし、それを増幅するマシン(サイコミュ)に乗っているという事でしょう。
では、それ(監督のお家芸)に尤もらしい解釈を付けるとどうなるかと言えば「力の逆転」です。
「物事の本質を理解する」と言う事は、力の方向を逆転させれば「自分の意思を本質にしてしまう」と言った事で、劇中で述べられる「ジオン=ダイクンの言うニュータイプ」…自分の価値観を誤解無く相手に伝える事で、相手はそれに共感する(そして、ララァの死の際にアムロが見た様な、或いはVガンダムのエンジェルハイロウのような、統一された価値観による争いの無い世界が来る)と言う事は、正にこの力の逆転そのものであり、それをマシンによって増幅させる事で、バリアや隕石を押し戻すと言う物理現象にまで自分(観測者)の意思を影響させる。
と、そう解釈する事もできる訳です。

勿論、ガンダムに限らず殆どの富野作品では、そういった意図でマシンを作った訳ではなく(エルガイムのバイオリレーションとかも超常的な力ですが、これは例外)、あくまでも科学者、技術者達の理解を超えた力を人の意思は持っていると言ったメッセージ。しかしながら、これは機械文明の完全否定ではなく、あくまでもマシンの力による増幅が元にある訳です。
ある意味、仮面ライダーのコンセプト「自然(バッタ)が文明に復讐するのではなく、人と自然が協力して歪んだ科学に立ち向かう」に通じる所があり、私がSRCのシナリオの中で扱った「人間が皆宇宙で暮らせば地球は自然回復するという(ガンダムでスペースノイドが考えている様な)考えは誤りで、人の手で自然環境を回復する努力をしなければ、砂漠化一つだって防ぐ事はできない」と言うのも、それを意識したイベントだったりします。

って、話がそれましたね(^_^A

> モノノ怪

ああ、今回は分かりやすいなぁw
やっぱり、香道と言う普通の人には理解し難い世界を扱ったから、その分だけ理解し易いシナリオを心がけたという事でしょう。
これでシナリオが難解だと、本格的に分けわからなくなるから(^_^A
あと、香道の事とか知らなかったので、知識が増えたのは収穫。
東大寺に関しては前回書いた通りでしたが、商人は本当に姫に惚れてたのね…あんな人なのに(^_^A
07090711.jpg
あと、東大寺を手にすると天下を得るのではなく、ある程度権力が有るから東大寺を削り取る事ができるのだと思う訳ですが、人は安易な方法で力を得たいと願うものですから、そういった安易な伝説が生まれる訳で(^_^A
07090713.jpg
そして、薬売りが取り仕切る闇のゲーム(遊戯王)。
それ、うっかり判らなくなったんじゃなく、ちゃっかり判らなくなったんだろ!Σ(=ロ=;
07090710.jpg
薬売り性格最悪だとか思ったら、死んだ事に気付いていない死者達を哀れんで、自分の死を自覚させてただけなのね。
そして本体が木である鵺に対して退魔の剣が火属性に変換するのが芸細っ!
07090712.jpg
さらに、東大寺が燃えた事で発する香りに死者達が集い、浮かれ遊ぶなか、子犬が東大寺の香りを嗅ぎ、嫌そうな顔でくしゃみをすると死者達は消え、屋敷もあばら屋と化してしまうという演出が良いw
自分を求める者たち(亡者)の認識によって力を得ていた東大寺が、子犬(ただ一匹、本当にこの世界に実在している存在)の認識によって力を失うオチは実に見事な落とし所。
薬売りが一緒に消えてる辺りも、モノノ怪と言う作品のオチに繋げる複線かなと。

> おお振り
心配されていたモノノ怪へのテロ(フジの日本地図投入)が無かったので安心してましたが…
07090718.jpg
テロはこっちだったかΣ(=ロ=;
まぁ、フジの日本地図表示より遥かにマシだけど。
07090715.jpg
あ、1点しか入らなかった。
先週たてた予想通りなら、「プライドを優先できる状況だから敬遠しない」と言う事の筈ですが、よくよく考えると攻撃は8番から。
田島に回るには1アウト満塁or2アウトでランナーが2人と言う状況…
となると、後者なら満塁策を取って敬遠。花井と勝負と言った作戦を取るんじゃないかと思われるのですが、2アウトならどの道田島がコーチャーに出る事は無いので、バッター勝負もありえますね。
或いは「田島が敬遠→花井が撃って決定打→田島迷走編開始」とか見てみたい気もしますが、花井がイマイチ活躍していないので、キャラ立って人気もある(らしい)田島を弄るよりも「花井迷走編」で花井を弄った方がいいのかな?
迷走編といえば、ダミー用の決め球であるカーブの打ち方で三橋のまっすぐが打てると言うのは致命的な欠陥ですね。
今後それが切欠でピンチを招き(或いは敗退し)「三橋(or阿部)迷走編」に展開するかな?
07090716.jpg
にしても桐青のキャプテンは地味に優秀な人だなぁ…
もう少し、チーム内での情報交換を密にしていれば三橋のまっすぐも攻略できたかもしれませんが、そういった部分は監督の方針もあるしなぁ…
07090717.jpg
三橋の恐妻家ぶりは相当ですな(^_^A
田島の三橋語の理解も「それは何かの超能力か?Σ(゚ロ゚)」ってレベルだし、こういうのを見ると紅桃さんの「田島×三橋 阿部=ストーカー」と言う解釈も納得の行く所があったりしますな(^_^A
自分、BLも「直接そう言うの」でなく、ギャグなんかのレベルならまぁOKなので…ここのガンダムSEED DESTINYの同人とかスゲー好きだし。

ココのキャラの中ではラクスザーさんとシンが好きですね。
特にシンは「お前も妹になりたいのかァーーーーー!?」とか叫んだり、幼女に興奮して警察のお世話になる壊れぶりなのですが、それでもメインキャラ中一番まともで、貧乏くじを引く辺り思わず応援してしまいますね(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。