スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日間違えた…orz
・今回のレビュータイトル
 「モノノ怪 #11」「おおきく振りかぶって #24」
 「獣拳戦隊ゲキレンジャー #30」「仮面ライダー電王 #34」
 「天元突破グレンラガン #26」

さて、急遽挿入する事になったガンダムを操っての海戦イベントも細かい部分
(魚雷撃ったときの台詞とか、敵を撃破した際のちょっとしたイベントとか)を作り、バランスを取ればいよいよ完成…と言う所で、重大なミスに気付きました。
アッザムを使ってアムロのガンダムと戦闘するシナリオは、探索イベント開始から2日目。つまり11月4日。
でも史実は11月3日にアッザムを失った事に…何故?
スケジュール計算は完璧だった筈なのに?!Σ(=ロ=;

答えは12話まで遡ります。
12話のラストで10月30日だったのに、その翌日である13話の冒頭で11月1日になってます…
俺、10月31日を跳ばしてた!Σ(゚ロ゚)
そんな訳で、13話まで遡って、以後の日付関係を修正…
それにしても、ちゃんと14話までの日程的なスケジュールを正確に計算しておきながら、13話で書き間違えをしている1年前の俺って…orz

> モノノ怪
07092310.jpg
やっぱりと言うか何と言うか、犯人は記者だったかw
07092311.jpg
それにしても、全員死亡は予想外(--;
特にチヨが死んだのは以外でしたが、Bパートあたりから「ああ、これは助かったら駄目だな」とか思って見てました(^_^A
偽証したチヨは口、目撃したのに証言しなかった勤労少年は目、事件を聞いてたのに証言しなかった未亡人は耳をかいていたりと、被害者の恨みを象徴するような部分が痒くなり、死後は黒く変化して居たことを考えると、市長の頭は首謀者の意味、刑事の心臓は刑事としての心を欠いたと言う意味(決め付け捜査の事か、市長とグルになっていたのか)、死体(まだ生きてた?)を轢いた運転手の腕と脚は、そこを車輪が通過、実行犯と目される記者の右手は、正に実行犯(市長の手先)を現すか、或いは被害者を突き落としたのが右手とかでしょう。
07092312.jpg
それにしても薬売りは、モノノ怪を斬る事以外は、あまり意に介さずな人ですな(^_^A

> おおぶり
ああ… このアニメ応援に力入れて描写してましたが、
07092313.jpg
桐青の応援団が悲壮感出てて辛い…orz
彼らにしてみれば負けるはずの無い最初の試合で、まだこれからも試合がずっと続いていくつもりで球場に来た筈なんですよ。それがこの展開ですからねぇ…
そして、ここでブラバンが演奏するのが「夏祭り」…それ「花火のように、鮮烈だけど儚く散っていった好きだった娘の思い出」の歌ジャン…悲壮感がアップした orz
こう言った悲壮感の演出の最たるものが桐青のキャプテンで、ネクストバッターズサークルでゲームセットを聞くとか、お守り握り締めて家族の言葉を思い出すとか(特に妹)、マネージャー達が織った千羽鶴を西浦ナインに届けに来るとか、この試合を最後に引退する昨年優勝校のキャプテンが第一試合で負けた悲哀を演出してます。
07092314.jpg
そして、三橋の自信の無さが最後までクローズアップw
真っ直ぐに自信が持てなかったり、キャッチャーフライをアウトに出来ず悔しがる阿部を「怒っている」と感じたり、チームメイトが自分を信頼する言う当たり前の事を驚いたり…(--;
特に最後のは問題で、「嫌われたくない」「嫌われないようにしよう」と思うあまり、相手と理解しあう事を避けてるんですよね。
まぁ、そういう奴が成長してく話は好きですが。
07092315.jpg
それにしても、何故彼が婦女子に人気が有るのか分かったような気が(^_^A
そこでメルアド交換かよ!Σ(=ロ=;

>ゲキレン
1190500617969.jpg
「恐竜や」のカレーとな?!Σ(゚ロ゚)
07092316.jpg
ケンの奴、杉さんからケンちゃんとか呼ばれているのか?
ドギちゃんの様に!Σ(゚ロ゚)
ちなみに「恐竜や」は爆竜戦隊アバレンジャーがアジトにしていたカレー屋で、杉さんはそこの元店長。地球署に赴任したばかりのドギー・クルーガー(特捜戦隊デカレンジャー)は常連だったという設定。
現在では店を乗っ取られてしまったんですけどね…(--;
と、懐かしの小ネタに反応するのはここまでにして本編。
1190501395262.jpg
メレ様可愛そう…orz
理央の為とは言え、卑怯な真似をしてしまった自分に対する怒りで、泣きながら怒臨気に目覚めるというのは良い展開。
なんて言うか、この作品のヒロインは誰がなんと言ってもメレ様ですよ。
イベントで、悪役なのに振ってくれる子供がいたりするらしいしw
攻撃を受けた事が無いから攻撃を無効化できないと言う話で、ゲキチョッパー同様チョーダとは初対戦の筈のゲキブルーの無視されっぷりが泣ける(--;

あと「近い近い」は「近いっス…近いっスよ~ジョーさん」を思い出した(^_^A
ああ、ケンは「寅さん」に似てるけどライオン丸Gの獅子丸にも似てるのか。

> 電王
07092317.jpg
ああ、デンライナーに時々いる乗客って、そういう人達なのか(^_^A
でも、そういう事ならハナさんは知ってたりしないか?
つうか、乗客の説明はもっと早くやってほしかったな。
07092318.jpg
このイメージの暴走は派手だったけど、かなりアッサリとカタが付いてしまい、最終回近くの盛り上げは大丈夫かなぁと…絵的に、これ以上をやらなければならない訳ですから(^_^A

> グレン
07092320.jpg
プータの人間化とロージェノムの主人公っぷりは凄い、それにしてもプータが居るなら
07092319.jpg
せめてヴィラルは、こっちの世界で確定しても良かったかなと…だってプータがグレンに乗ればいいんだし(^_^A
それにしても、ここら辺の量子力学的な話は「みんな付いてきてる?」って感じで、見てて心配しました(--;
ええ、私が心配する事でもないのですが。
ちなみに、ここら辺の話は作品内で「多元宇宙」と「シュレーディンガーの猫の多世界解釈」と言う似ているけど全然別のものを意識的にごっちゃにしてますね。
ここら辺ノエインでも説明しましたが、多元宇宙はいわゆるパラレルワールド的なもので、多世界解釈の方は世界が重なり合って存在し、認識される事で一つの観測結果に統合すると言う、
07092321.jpg
正にカミナがシモンに示したもの。
しかし、シャングリラの遊撃艇に加えてアンチスパイラルもノエイン風無茶苦茶パースだし、このままじゃ本当にアンチスパイラル=別の時空のシモンはありそうだ(--;
07092322.jpg
何にせよ、こういった形でもカミナの再登場を見られたのはうれしい事。
「背」と言う分かりやすい比喩でシモンの成長をカミナが認める演出は、寂しいけれどこれで良いんだなと思えました。
しかし…ラストシーン、マントまではためかせちゃって、完璧にベガフォームですな(--;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。