スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14話攻略2回目「ペタス隊コムサイ編」
・今回のレビュータイトル
 「仮面ライダー電王 #35」「天元突破グレンラガン #最終話」
私は見てませんでしたが、スクールデイズに続いてひぐらしも放送中断らしいですね。


ちょび髭の伍長閣下もお怒りのようです(--;
でも、こんな事ぐらいで放送中止になるなら、最初からこんなやばい作品を放送しようとした事自体が間違いなのでは?
事件を歪曲してオタ叩きするマスコミがどうのと言うのも問題ではあるが、TV局側の腰が据わっていないのがそもそも問題だ。

14話攻略2回目

14話UPして1日でバグが発覚(--;
昨日、修正しましたが、私がチェックしきれていないだけで、やはりルート選択次第で発生するバグと言うものは、この分だとまだ有り得るでしょう…orz

今回から「この時間に何がある」といったことをズバリ書き出していきます。今回はキャンプでの「ペタス隊コムサイ」イベントを公開。

ギャブレット
 1日目
  1回目 キョンスとの会話
  2回目 ○○回収イベント
  3回目 ニコルとの会話
      +野外食堂でソーンと会っていれば○○回収イベント
  4回目 同上
 2日目
  1回目 ラディッシュとの会話
      前日の同時間にラディッシュと会っているとアニメ鑑賞
  2回目 ソーンとの会話
  3回目 前日の同時間にラディッシュと会っているとアニメ鑑賞
      さらに「真のニュータイプ」フラグ2以上で○○との接触
      前日の同時間にラディッシュに会って居なければソーンの特訓イベント
  4回目 ソーンの特訓イベント


ブライアン
 1日目
  1回目 プラ大尉&ドレッド大尉の名前判明
  2回目 カルロスとの会話
  3回目 ソーンとの会話
  4回目 ソーンとの会話
      +ギャブレットもこの時間コムサイに居るならギャブレットとの会話
 2日目
  1回目 ソーンのシミュレーションを目撃
  2回目 プラ大尉の名前判明
  3回目 ムライとの会話
      クリスが免疫抑制剤を見ていると15話でイベント
  4回め 上記イベントが発生していればラディッシュとの会話
      上記イベントが発生していなければ同上


クリス
 1日目
  1回目 ムライとの会話(免疫抑制剤発見)
  2回目 ニコルとの会話
  3回目 ソーンとの会話
      ギャブレットがソーンと野外食堂で会っていれば喧嘩イベント
  4回目 同上
      +ギャブレットもこの時間コムサイに居るならギャブレットとの会話
      ブライアンももこの時間コムサイに居るならブライアンとの会話
      二人とも居るなら二人との会話
 2日目
  1回目 ラディッシュとの会話
  2日目 ブライアンもこの時間に居て、1日目にプラの名が判明していない場合
      クリスがブライアンからプラ大尉の名前を入手
  3日目 ソーンの特訓イベント
  4日目 同上


この中で重要なのがギャブレット1日目の○○回収イベント。
ギャブレットが2日目に大怪我をした場合、このイベントを発生させて居なければ15話でギャブレットはかなりのハンデ戦を強いられます。
○○との接触イベントは、実は周回プレイでも接触したという記録が残ります。これを発生させたまま本編を進める為には、結構無理をするのでお勧めしかねますが「クリス脱走END→次回アナザーエンド→2周目突入」を狙っているのであれば発生させておいた方が得です。

ソーンの特訓イベントは少々分岐が複雑です。
ギャブレットの場合、ブライアンが「ソーンのシミュレーションを目撃」していない場合、擬似データのシャア率いるMS小隊との戦闘(クリアボーナス数によっては、小隊全員シャア=アズナブル(--;)となり、ブライアンが目撃していた場合はギャブレットとソーンの戦いになります。
このギャブレットとソーンは、旨くイベントを進めると美味しいのですが「SP後出しのソーン」と戦って勝つのは至難の業です。
クリスの場合、ギャブレットがソーンの特訓イベントを発生させていない場合にクリスとソーンの戦闘が発生します。
ギャブレットの時ほど本気では無いので、「気転」でリペアパーツを使いまくり、「直撃」でマシンガンを全弾命中させれば割と簡単に勝てます。
ここら辺の戦闘攻略は後日行います。

ブライアンのイベントで重要なのは、先日も書いた様に1日目1回目の名前判明イベント。
こういった情報関係は、1日目4回目の他キャラとの合流イベント等で他のキャラにも伝わりますが、1日目が終了すればちゃんと情報は交換されます。
この合流イベントは、主にクリスの気力と、2日目にオデッサに行く場合、カオスフレームに関わるといった程度(カオスフレームを下げたくないなら発生させる)です。

次回は「ヴァロッソ隊ファットアンクル」及び「模擬戦1vsエリオット=レム」を予定しています。

> 電王
ユートが主役といっても良い回。
もう戦わなくて良いと、心のどこかで安心していたユートが再び戦いを強いられ、自分は何の為に戦うかを思い悩んだ挙句…
07100310.jpg
お姉ちゃんの寝顔を見て、自分が守るべきものを悟り、再び戦いに身を投じる。
凄い!カッコイイよ!
流石はヒビキさんの愛弟子だよ!
鬼になる為の修行は無駄じゃなかったんだw
07100311.jpg
デネブが契約しているのはユートではなく桜井さんだったという事も判明したり、「いつもより動き辛い」と電王に異変が生じていたり、今回の全後編は物語の核心にも触れる注目の話になりそうです。

> グレン
07100313.jpg
ああ… 螺旋王の「かりそめの体」発言とか、戦闘中に
07100312.jpg
実体と電脳の体がズレたりした時にそんな気はしたけど、ニア死亡ENDか…うん、それもまた良し。
以前、グレン団が政治の中枢にいた時に「彼らのスタンスと違う」と強く主張しましたが、今回はシモンも皆の下から去って行って、自分が自分であるという事がどういう事なのかを悟った感じで、私としては満足度100%の終わり方。
07100315.jpg
OPナレーションがオッサンになったシモンだったというオチも、コテコテのストレートパンチで好感触。
でも…
07100316.jpg
ロシウ…リーロンが全然老けてないのに対して、苦労が顔に表れすぎだ!Σ(=ロ=;
07100317.jpg
進化を否定するアンチスパイラルがどういう生命体なのか気になっていましたが…種族全体でコールドスリープw
(正確には別のものである可能性大ですが)
「進化の否定=死と同等」と言うアンビバレンツは「死んだ様に生きる」「永遠に変化しないものへの愛」と言う形に帰結する訳ですが、それを視覚的に納得させるのには非常に良い表現。
うん、永遠に変化しないものへの愛情って、死体愛好に等しいんだよね(^_^A
カニバリズムの様な奴ではなく、「愛する者の死体を永遠に変わらぬ姿で保存し続ける」と言う事件は幾つか聞いた事が有ると思いますが、アレです。
コールドスリープは意味合い的にそれと同義ですから、アンチスパイラルと言う種を表現するのに非常に良い手段。
07100318.jpg
戦闘演出的にはグレン団一体で戦うという演出も良かったのですが、メガインフレした戦闘の決着を原初に回帰し決着させる
07100319.jpg
ラガン・インパクトに震えますなw

【総評】
理屈で語れば色々不満点もあるアニメですし、色々と理屈を語ってきましたが…
ゴタゴタ言わねぇ!
お前がオタなら、とりあえず見ろ!Σ(゚ロ゚)

そう言った勢いのあるアニメ。
「詰め込みすぎで、4クール欲しい」との意見も聞きますが、私は2クールだからこそ疾走感もあり、成功したと思ってます。
描くべき事は描き、無駄が無かった。
エル・カザドが、リカルド&リリオの過去、ナディが家族に対してコンプレックスを持っているような描写等への説明が描かれず、無駄な話の方が面白かったのと対照的です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

えっ? ひぐらしもアウトっすか!?
先日、久しぶりにブログを更新した際にサンテレビ(関西ではこの局がひぐらしを放送している)を褒め称える(?)内容の記事を書いたのですが、間が悪いというかなんというか…
サンテレビは昨日も(というより月曜深夜)普通に放送してたから最後までやってくれると信じていたのにorz

>電王
電王は話のデキもさることながら、話を持ってくるタイミングが上手いですよね。

こりゃ灼眼のシャナⅡも期待できそうだw
(※靖子にゃんはシャナのシリーズ構成も担当)

>グレンラガン
正しく黒川さんの仰る通りで、不満もあるけど『面白かった』と素直に言える作品だったと言っていいでしょうね。
期待に大きく背かず最後までいってくれる作品がどれだけ“ありがたい”か。
アイドルマスターやらリリカルなのはstrikersを見てるだけに余計にそう思います。
比呂飛鳥 | URL | 2007/10/02/Tue 23:10 [EDIT]
RE:飛鳥さん
おひさっス!
ひぐらしですが、最速で放送されている東海テレビが放送中止を決めたと言う事で、サンテレビはOKなのでは無いでしょうか?
東海はフジTV系列ですから(^_^A
グレンラガンは良かったですよねぇ…大きく期待に背いたのは4話ぐらいか?(^_^A
なのはは見ていなくて(地上波ではやってないので)、アイドルマスターは途中リタイアしてしまいましたが、私が見てたのだと(紅桃さんも自らのブログで嘆いてますが)ロミ×ジュリが最初とそれ以後が…orz
最初のテンションやクオリティで最後まで行く(あるいは尻上がりにテンションやクオリティが上がっていく。「地球へ…」は比較的上り調子だったかなと)。プロとして当たり前のようで居て、それだけで「ありがたい」のだと、今期は痛感させてくれましたなぁ…あ、もう今期とは言えないか(^_^A
黒川 | URL | 2007/10/03/Wed 20:14 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。