スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンコ入りパスタライス
・今回のレビュータイトル
 「機動戦士ガンダム00 #01」
ガンダム00見終わったので、今日の日記は2本立て。
アンコ入りパスタライスと言うネタをエジソンさんがやっていたので、名前や材料だけ聞いて「げっ…(--;」となる料理を真剣に考えてみると言う事にチャレンジしてきた私は(例、セシルさんのブルーベリージャム入りおにぎり)、私の腕とプライドにかけて模索してみましたよ!
20071006194913.png
これが真面目な料理として考えたアンコ入り・パスタライスだ!
カップ入りのスイーツですね。ライスケーキの亜種と言っても良い。
「パスタライスと言う料理のアンコ入り」と言う言葉の区切り。蜜豆のアン入りで餡蜜が名前的にも近い。

まずAの部分。カペッリーニやそれよりも細い天使の髪の毛(カペッリ・ダンジェロ)と言うパスタを茹でた後に、上質のごま油で揚げてAの形に整え、厚い内にシナモンシュガーをまぶす。
こげ茶色の部分は黒蜜で、仕上げにかける。

Bの部分。もち米を混ぜて炊いたポンジュースごはんを寿司の酢飯程度に冷まし、みかんやチェリーなどを加えたもの。

Cの部分。アンコ。コンビニなんかで売ってるこしあんそのまま。

Dの部分。水で溶き、葛でとろみを付けたアンコ(とろみのあるお汁粉)。

まず揚げたパスタのサクサク感ともち米のモチモチ感、そしてトロっとしたアンコと、食感を楽しめる。
味のバランスもアンコと酸味のあるフルーツの組み合わせは餡蜜やイチゴ大福で皆さんご承知の通り。揚げたパスタの香ばしさやシナモン(ニッキ)もアンコの味のアクセントになる。
さらにアンコはDのトロっとしたアンコがまず口の中に広がり、それがのどを通ったあともCのしっかりしたアンコがアンコの存在を主張し続ける。これはDだけだともち米に負けるから2弾がまえな訳ですね。
黒蜜は見栄えと味のイメージの為ですね。あ、一番上にサクランボを乗せとくと、より見栄えが増しますな。

> 機動戦士ガンダム00
見終わった感想は…
今期は、私が一目置く脚本家達の作品に大きな外れは無かったと言う事です。全然ノーマークだったハニー(井上「変態」敏樹…「変態」が抜けてただの井上敏樹になるとダメ)やKawaii!JeNny(浦沢義雄)は勿論、ガンダム00(黒田洋介)も。
特筆すべきはハニー以外「見終わるまで、その脚本家が脚本書いていると知らずに面白いと感じていた」事で、浦沢&黒田はやはり良いなと思いました。
何と言うか「う~ん…(--;」な設定でちゃんとそこそこイケル話に纏めているのですからw
ソレスタルビーイングの抱える矛盾を、作中の登場人物に笑わせてたし。
しかし、黒田脚本の「癖」みたいなものは抑え目で、「黒田」を主張していたのは
1191661699206a0b3.jpg
彼だけでしたな(^_^A
いいな、このプンプン香るザコ臭さw
あと、個人的にはガンダムで扱う事を避けてきた「宗教」の問題を初っ端から持ち出してきたトリーズナーぶりも好感持てました。
ウチのシナリオでもジオンと連邦と言う二極図では必要のない、宗教や民族を取り上げて、実はそんな単純な二極図じゃないから、連邦は「単純な二極図にする為」にジオンと言う脅威を仕立て上げた…と言う形で、少し扱ってますし、00のスタッフの意気には感ずるものが有ります。
11916613197878b06.jpg
これ見た主人公が「ガンダム教」とか作って、ガンダム様を崇め奉っていたら神でしたがw
とりあえず、来週もレビューしようと思いました。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

新ガンダム始まりましたね
ただ全体的に拍子抜けしたというか『あれ、この程度なの?』という感じでした。
何でそう感じたのかを突き止めるべく先日VHSの整理をした際に出てきた種死1話と比較してみたのですが・・・プクタンこと福田は普通に良い仕事しててビックリしましたw
OP・ED(特にOP)は種死の方が圧倒的に良いデキです。
肝心の戦闘シーン(生身も含めて)も魅せ方に動きがあって良いですし、何より佐橋音楽を上手く活かしてるのもあって か な り 派 手 です。

話を00に戻しますと、戦闘シーンが地味なんですよねぇ…
動きはそこそこあるのに『おっ!』と思わされるようなものがない。
こっちの水島監督とは私はどうも“合わない”のかもしれませんw
私はハガレンを1クール待たずに見切った男ですし(ちなみに唯一、面白いと思ったのが井上が脚本を担当した回だけというのも実に私らしかったりするw)

脚本に関しては黒川さんと同意見で黒田ならこれぐらいはやってくれて当然だろうと。
強いて言うならキャラがやけにたくさん出てきたので、ついていくのが大変だった事ぐらいでしょうか。

ただまぁ今後どう転ぶか色んな意味で楽しみですね。
何せガンダムは4クールですからゴールはまだまだ先ですし。
比呂飛鳥 | URL | 2007/10/07/Sun 01:17 [EDIT]
RE:飛鳥さん
まぁ、1話はキャラ紹介編の様な感じで「ノルマを果たしました」みたいな作りだったから、キャラに関してはあんなものでは無いでしょうか?

戦闘に関しては冒頭の「兵器」然としたロボを見て「ああ、戦闘を変にカッコ良く描くとか、盛り上げるとかしたくないんだな」と思いましたが、そう言った描き方でも主人公の淡々とした「仕事」の描き方が中途半端だったなと。
まぁ、そういう戦闘の描き方は主役が人型兵器と言う時点で色々ダメでしょうが(^_^A
ガンダムが背後の敵を腕矢頭だけ後ろに回して(人間として不自然な機械の動きで)倒すとかすれば少しは違うのでしょうが、「ヒーローとしての規制」が有るでしょうし(--;
黒川 | URL | 2007/10/07/Sun 18:57 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。