スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10話の製作状況
シナリオグランプリ
・今回のレビュータイトル
 「ayakashi#10」「舞-乙HiME#23」「ソルティレイ#20」
SRCシナリオの10話の製作が遅れている理由の一つにアイコン作りが有ります。
特に版権キャラにろくな資料が無いのが、アイコン作りの大きな障害。
ムラサメ博士とか「資料が見付からないのか、元から設定されていないのか」微妙なキャラの資料探しに手間取ったり…(--;
ララアとかあまりにも資料に困ったもので…
20060317185419.gif
「え~似てない?髪おろしたトコ見た事ないだけじゃないっスか?」という物凄い逃げ(--;
さらに、前は画像をスキャナーで取り込んだ下絵を元にアイコン作っていたのですが、ペンタブ導入したり色をつけてアイコン化(思いっきり潰れる程縮小)する際に見栄えがする描き方、汚く見える描き方が分かってきて、
20060317191029.gif
スキャナーで作ったアイコンと
20060317191252.gif
ペンタブで作ったアイコンに結構差が出てきた事から、過去のアイコンであまりにもあんまりなのはリテイクという作業が結構有ったり(^_^A
システム面でも、6話を作った辺りから、後半の事を考えて「防御力」のパラメーターを導入すべきだと思っていたのですが、前半の「レベル差が有りすぎる敵」との戦い等は完全にバランスが違ってしまうので、それをどう処理しようかと考えていましたが、結局「10話から突然防御力導入」と、それに伴ってすでに登場したパイロットの防御パラメーターを±4以内(その程度の誤差であれば、今までの戦闘バランスに影響ないとの判断)で設定する等、色々と変更があったりと、色々有って製作が遅れているんですよねぇ…
あと、「キャラが勝手に動いてストーリー作ってくれる」タイプの人なんで「キャラが動き出してくれないと、筆が極めて遅い」というのも有るかなぁ(^_^A
まぁ、一番大きいのが仕事や他の趣味によって遅れている所が大きいですが…
そんな訳で、10話は細かい作業を続けながら、詰めの部分に入っています。

> アヤカシ
良いニュースと悪いニュースがある。
良いニュースは、「化猫編」の第一幕があまりにも出来が良かった為、「後が崩れるのでは?」と心配していたら、そんな心配など消し飛んでしまった事!
化け猫の姿は描かれていないのに
11425245508922e2c.jpg
何も無いのに傾く天秤(密室の中で、天秤に付いた鈴の音でそれを知るナイス演出)や塩で作った結界が切れる様子、
1142524635129afea.jpg
さらには無色のお札に呪印が浮かび上がり、さらにそれが(いかにも侵食されたという具合に)変色するなど、「姿の無い何者かが迫り来る恐怖」を実に良く描いています!
1142524638889638b.jpg
そして、パニック起こして死ぬお約束なキャラクターや、
1142524680920842d.jpg
徐々に明らかになる謎(やっぱ、ジャパンホラーの幽霊は美人だよねw)
実に緊迫感のある展開を見せてくれます!
東映の底力を見せてもらいました!正直、ayakashiの1~8話は「化猫編」と比べてしまうと「完全に捨ててたんだな」という事が…(^_^A
そして、悪い方のニュース…
ayakashiは4話構成の3作品だと思っていたら、「化猫編」だけ3話構成…orz
やはり、TVアニメを、このクオリティで4話作るのはしんどいの?

> マイオトメ
さて、前回の引きで「周りがドン引きする程一人だけ戦闘力が桁外れで、ラスボスも戦力的な理由でなく心情的に戦えないという盛り上げ方しか出来なかった」という、最強主人公がついに登場という盛り上げ方で…
06031701.jpg
「冒頭から、イキナリ発動ですかΣ(゚ロ゚)」と驚愕していると…
06031702.jpg
アレ…
11425267383767147.jpg
アンタ最強パワーで何してんのーーーーっ?Σ(=ロ=;(ガビーーン!)
そして、その隣では深優が「かくはん開始します」キュィーン(手首から先が見えません)「終わりました」とか言って卵混ぜてるし(--;
壮絶なる最強パワーの壮絶な無駄使い(^_^A
そして深優がアリカを助けていた理由がアリッサ・シアーズの子孫だったからだという事が判明!
言われてみれば、確かに深優が動く理由はそれしかないんだろうけれど…
1142527274494962a.jpg
金髪になった所で、この似て無さぶりはどうだw
気付かなかったのも無理ないよね?ね?
そして、前作と完全に同じキャラは深優だけだと思っていたら、
11425277140934993.jpg
ミコトは「水晶の姫」で「乙HiME」の原型になった純粋な「HiME」の最後の生き残りだそうで…それはミコトも前作キャラって事?
まぁ、ミコトにしろマイにしろ、前作の最強キャラが出しゃばらないのは良い事です…SEEDは何故こう作れなかったんだろう?
それにしても、いくらマシロが巧海の事を好きで、そのカップリングで上手く行く事を期待した所で、「巧海には晶くんが居るからなぁ…」とマシロが上手くいかない事が目に見えていて不憫だったのですが、ここに来て、マシロがマイに(王としての心構えを学ぶ為に)弟子入り!という展開で一筋の光明が!
将を射んと欲すれば馬を射よ!城を攻めるにはまず外堀から!シスコン(巧海)を落とすには、まず姉(マイ)からだ!
頑張れマシロ!マイを「お義姉さん」と呼ぶその日まで!
…アレ?
この間までマシロが王として成長してきた事を喜んでたのに、王としての成長イベントより、何故そっちを喜んでるんだろう(^_^A
まぁ、とりあえずマシロを安心して観れるようになったから、上手くいく訳無いと思っていた恋愛面での、かすかな光明に喜んだって事…かな?

> ソルティレイ
今回はもう
114253155483415ed.jpg
事業部長によるソルティ瞬殺!でしょうw
ソルティは記憶を失ったアンドロイドで、ロイが自分の思い出の曲から(たまたまその曲名が目に入っただけですが)ソルティと名づけた訳ですが、その記憶を失っていた間の記憶を失っているっポイです。
また、ディケ(ソルティ)が「私がこの地にやって来た理由は…」とか言っていたり、この星は地球ではなく、ナノマシンによって人工的に大気を作り出した移民星である事(さらにロイたちの世代はその事を忘れている事)、事業部長の「希望の船」という言葉から考えると、ディケ(ソルティ)は地球か他の移民星から来た、この世界とは別系統のテクノロジーの産物って事なんだろうか?
今後の何故ディケは記憶を失ったのか?何故記憶を失ったディケはロイを見た瞬間からロイに反応し、ソルティになったのか?といった謎の解明が期待されますが(まぁ、光になって消えてしまったロイの娘が関わっているんだろうなぁとは思いますが)、先ずはツンデレ親父ロイが「ディケ」を再び「ソルティ」に戻すと思われる次回のエピソードに期待です!
1142532104082975c.jpg
そして、もう一つの見せ場がインテグラ最後の大活躍w
ローズ生存の謎解きの話で「クロックアップでもしたのか?」と書きましたが、確かにインテグラの能力は3回だけ使えるクロックアップでしたw
でも、「あの爆発現場に偶然ローズがやって来る事を、事業部長が何故知っていたか?」と言う謎は残っていますがw
死んでいった仲間の為に、ロイ達の力を借りずに単身事業部長に殴り込みをかけ、事業部長の圧倒的な力の前になすすべも無くクロックアップを3回使い切り、トドメと言う場面で、奇跡の4度目のクロックアップ発動!
でも事業部長は装甲の厚さで耐えて、インテグラは奇跡の4回目の代償として…
1142532297128952a.jpg
脳に負担が掛かりすぎて、痙攣してます…って、死亡フラグ立てまくってたのに生き延びた!(アクセラをおびき寄せる餌としてw)
そして、最後のアクセラが吼えるシーンは、時間軸がかなりズレてると考えないと解釈に困るのですが…
11425323373241d7d.jpg
アクセラ…それは巨大ロボか何かなのか?地下にMSを隠していたのか?Σ(゚ロ゚)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。