スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防衛予算を?
・今回のレビュータイトル
 「機動戦士ガンダム00 #07」「電脳コイル #24」
昨夜、前回のバグ修正による更新時に、バグを修正中のデータを間違えてUPすると言う
信じられない(そもそも、何でそんなデータが残っていたのか…)バグが発覚し、大慌てで再UP。
さらに、14話終了時に発生するバグの修正を行い、これで重大なバグはほぼ無いだろうと(^_^A
また、1日目&2日目開始時のセーブで、「シナリオに戻る」が正式な戻り方だけれども、「ターン終了」でも戻れる様になっていたのですが、1日目に「ターン終了」で戻ると2日目はセーブできなくなると言うバグが有ったのも、「ターン終了で戻る」というのを無しにして解決。
1日目にギャブレットが倉庫整理を始めると、2日目にギャブレットがキャンプに居る場合、延々と倉庫整理を続ける怪現象が発生する事があると言うバグも修正しました。
処理関係は色々と見直す必要があるなぁ…1話分がアホみたいに長いシナリオ作ると、短いシナリオだと隙の有る処理で問題なかった部分から、ボロボロとバグが出て来て色々な事がわかるなぁ…

さて、防衛庁による接待だのが問題になっている訳ですが、防衛予算を第三者機関が調査するってのは、国防上どうなんだろう?(--;
いや、勿論、不正があるのは問題で処罰されるべき事なのですが…防衛費の使い道と言うのは国防に直結する国家機密である訳で、そう言う所に第三者機関と言うのは、どの程度のレベルで第三者なんだろう(--;

本当に外部機関だと国防上の問題があるし、外部機関とは名ばかりな連中だと、全く意味が無いし…第三者機関による調査はこの場合必要ないと思う。
むしろ、防衛庁の不正に対する内部告発を受け入れる体制を整えるとか、そう言う方が良いのではなかろうか?
そう言う体勢が整って無いと、告発する側も「国防上の問題」を考えて告発し難いだろうし。

> ガンダム
07111710.jpg
爆破テロ……圧倒的なガンダムの力を見せた後、ガンダムで潰しにくいネタで来たなぁ(^_^A
でも、爆破テロを扱うなら、余計に3話のRIRAの白旗は早すぎでしたね(--;
3話のレビューで書いた様に、RIRAは実際にあるテロ屋さんで、爆破テロとか十八番ですし。現実にある爆破テロ屋さんが白旗揚げた後で、爆破テロの脅威を描くのは、どう考えても順番が逆。
「今回の同時爆破テロを解決→RIRAが白旗」とかなら、イギリス人やアイルランド人も納得でしょうが、3話で白旗ではあっけ無さ過ぎてRIRAと言う組織とそのテロが日常に絡んでくる人達にとって不快なんじゃないかと…
とりあえず、テロの実行犯は戦争によって利益を得る立場=軍事産業か、戦争をやりたい所の工作員とかかね?
07111711.jpg
そして、工作員(テロリスト)と言えば親殺し!
凄いなぁ、ガンダム00はどう考えても主人公としてタブーだと思われる事を、地上波でやりやがったw
うん、私のSRCシナリオで、主人公が子供を殺すとか、一時期女性の性的なおもちゃになる事で日々の糧を得ていたとか可愛いもんだよね!
ソーンの幼児期の性的な虐待を受けていたとか、ペドな孤児院の管理者&虐待中の子供を閉じ込めて焼き殺すとかも(^_^A
07111712.jpg
また、戦場での負けが単純にデメリットに直結する訳ではない、むしろ政治的にOKと言う事を台詞にしたのも良し。
「戦場での負け=単純なデメリット」でしかないなら、タリビアが得したなんて言わないし。
でも、AEU全体は兎も角、武力介入に反対だったドイツ国民としては「それ見た事か」なんじゃないかなぁ?
07111713.jpg
しかし、中華娘やヨーロッパの頭軽い娘には無反応だった私ですが、スメラギさんはす気ですよ。そんな訳で、今回のおっぱいはけしからんですな!実に!Σ(゚ロ゚)

ロックオンの「外したんだよ!」は、止まっているMSのコックピットを狙い撃てば爆発はしないような気もする訳で、「刹那も巻き込む」は、コックピット周りに、何か爆発するようなモノが設置されていると言う、イナクトの設計上致命的な欠陥を示唆した台詞と考えないと、ただの負け惜しみにしか聞こえない。
だからと言って、十分に狙いをつける時間的な余裕さえあれば静止軌道上付近の目標を狙撃できる性能がある訳ですから、あの状態で外したと言うのも「狙撃用の機体」としては運用法に疑問が出て来ます。
まぁ……結論としては話の都合かな(^_^A

> コイル
07111714.jpg
正論だ(^_^A
お母さんの言う事は善意に基づいた正論だし、親達は勘違いしてメガネを取り上げている訳ですが、じゃぁ事態を正しく知ったとしたら、親達の判断は覆るのかと言うと、余計取り上げるよなぁ(^_^A
つまり、真相がどうだったと言う事を親に話す事は自体の解決にはならない訳で、「傷心した主人公が、自分自身で心に整理を付け、再び立ち上がる」と言う硬派な展開が繰り広げられる事となりました。
ヤサコさん男前ですなw
やはり、無茶な理論に反対する事は誰にでも可能な訳で、その行動に共感し易い訳です。ガンダム SEED DESTINYの終盤において、議長が突然トンデモ理論を立ち上げた事も、普通なら十数年かけて段階的に民衆心理を操作してく事だけど、キラ達を30代にしたら腐女子大激怒と言う事に加え、トンデモ理論に反対する主人公と言うのは共感し易いからです。「議長の言う事は正論だけれど、自分達の考えとは違う」で世界が纏まろうとしている時に戦いを続けるのは、上手く描かなければ「誰が見ても」キラ達が極悪人だし。
で、今回のコイルはそこら辺を非常に上手く描いてます。
07111715.jpg
イサコや母の言う事は正論だけれども、自分にとって確かなものは「他人が語る正論」ではないと言う、上手く描かなければ無法の無頼漢になってしまう部分を上手く纏めたのが「デンスケ」な訳で……
ここら辺、本当に良く出来てます。
私がデンスケ好きだからそう思えるだけかもしれませんけどね(^_^A
でも、クビナガとかで電脳生物との死別を描いている事も、このデンスケにかかってくる訳で、話の作り方が本当に上手いと思うのですよ。
07111716.jpg
苛める側は自分が苛めを行っている事に気付いていない構図はNHK的だなぁ(^_^A
特に、苛めの実態調査を見直すと言うニュースが流れた直後だけに、スゲェタイムリーw
07111717.jpg
OPの初っ端やEDのラストに登場するマンホールはハザマ交差点だった訳ね(^_^A
そんな物語のキーを、ずっと視聴者に見せ続けていたとは…しかも、それを今まで気付いていなかったとは!Σ(゚ロ゚)
つくづくコイルのスタッフはやってくれるなぁw
07111718.jpg
気の強い女の子の涙と言うのは、前回「もやしもん」の時に書いたギャップの原理な訳で、フミエがいつもの三割増し可愛く見えますなw
メガネが無くなって一気に弱体化したフミエを助けたダイスケの活躍は良し!
チャック全開という決まり切らない部分もねw

で…デンスケ復活するよね?
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。