スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犯人が合理的とは限らない
・今回のレビュータイトル
 「獣拳戦隊ゲキレンジャー #38」「仮面ライダー電王 #41」
さて、秋と言えばミステリーの季節でもある訳ですが、
フィクションの殺人事件は、非常に合理的だったりするんですよね……いや、作者が稚拙な場合は単なるご都合主義なだけだったりしますが(^_^A

例えば、件のお婆ちゃんと孫二人が行方不明になった事件。
現場に残った血痕と切り取られたカーペット。
合理的に考えるなら、他の血痕をガン無視して、そこだけを持って行く理由は、そこに調べられては困る何かが有った。
つまり、血なり唾液なりと言った犯人の体液の様な物が付着していた可能性が高く、そこを調べられたら一発で足の付く人間が犯人である可能性が浮上する訳です。

例えば以前にも性犯罪等で逮捕されて、体液のDNA鑑定が残っているヤツ。
或いは、現場に残った血痕が行方不明の三人と関係があるのでは無いかと血液を調べる際に、行方不明の三人のDNA鑑定なんて都合よくある訳無いので、家族からもDNA採取する事になる訳で、そうされては困る人物…
と、合理的に考えれば、カーペットを切り取る理由はそんな所な訳ですが、現実の犯罪って、そんな合理的でもない場合が多いですよね…プロの犯罪者が犯人でもない限り(^_^A
そして証拠残しすぎてるし(血痕だけじゃなく、携帯とかも)、プロの仕事では無いだろうと。

事件を起こしてテンパった犯人が、テンパった精神状態で行った行動で、行動の合理性が無い可能性も高いですが、それでもカーペットを「そこだけ切り取って持っていった」と言う事は、そこに何かが有ったんでしょうね。
「自転車が無くなったのは、被害者が自分の意志によって失踪したのだと犯人が偽装した」と警察が考えているのも、合理的に考えれば、あんなに派手に血痕を残っているのに、そんな馬鹿な話が有る訳無いのですが、「犯罪者が合理的に事件を起こすとは限らない」と言う事を一番良く分かっている組織らしい判断と言えます。

ニュースの報道だけでアレコレ詮索しても意味ありませんがw

> ゲキレン
1195339050054.jpg
ラヴウォリアー強すぎw
レツが入れ替わった事に皆が見事なまでに気付いてないのは、(ジャン以外は)敵を嵌める作戦だとばかり思っていたのに…素で気付いていなかったなんて…(--;
1195339997752.jpg
今更気付いたけど、この兄弟って、「激獣兄弟レッツ&ゴー」だったんだなぁ(^_^A
どうせなら、ミニ4駆のパロディが有っても良かったか?
猪木のパロディは、誰もが思っていたよなぁ…幻気が、どうしても元気に聞こえるって事は(--;

> 電王
07112010.jpg
デネブ…前回、自分がユートの事を忘れていた(のとは少し違うけど)事にショックを受けて、また極端な事を(--;
07112011.jpg
で、かなり「痛タタターーーー!Σ(=ロ=;」な行動を取っている今回の全後編のヒロインですが、私は嫌いじゃないですね。
「若さ」と「痛さ」って同じものの裏と表だし…これ読んでる人も、若かった頃の思い出したくない様な痛い話あるでしょ?(^_^A
むしろ、イマジンガン無視で「願いは自分で叶えるから良い」と言ってのける辺りは無駄に前向きで良い感じ。
むしろ、彼女がメチャクチャ明るかったり、「デネブキャンディーメッチャ美味しいw」とか言われるギャグ的な展開が、後編の忘れる展開につなげる為の「下げる為に上げてます」展開な訳で、たった2話で上げて下げる為には、こういうアップテンポのヒロインである必要がある訳です。
てか、デネブ……自分の保身(ユートに怒られる)よりも女の子の気持ちを優先して、全部話した方が良いぞ……視聴者の好感度的に(--;
まぁ、会えない事が重要な要素になってくるのでしょうが、会えて束の間の幸福が壊れる展開でも良かったかなと。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。