スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親が自分の宗教を子供に押し付けるのは是か非か?
・今回のレビュータイトル
 「マクロス #12」「銀魂 #86」
クリスマスも近いので宗教の話を。
以前、私は神の存在は否定しているけど宗教そのものに関しては肯定していると書きましたが、一般的な無神論者がよく口にする「親が自分の宗教を子供に押し付け、物心付かない内に洗脳する」事が是か非かと言った所について、反論覚悟で書きます。

親は自分の倫理の中で子供を育てる訳ですから、なんらかの宗教の信者が子供に宗教上の倫理を押し付けるのはまぁ仕方がない事だと思います。
むしろ、自分が正しいと思っても居ない事を子供に説いて、それで子供はちゃんと育つのかなと。
まぁ、子供は親の良い所も悪い所も見て育つ訳ですから、良い所だけじゃなく駄目な所を隠したり正当化して、親が絶対的存在にならないようにすれば、それを子供は学んでいくと思いますけどね。
親が絶対者になってしまうと亀田親子みたいになったりするんですよね…あと、伝説的な猟奇殺人者、大量殺人者なんかも親が絶対的存在であった例が比較的多いですね。

話が宗教からそれたなw
で、親が宗教を押し付けるという問題ですが、大事なのは親が絶対的存在であると問題なように、宗教が絶対的であっても不都合が出ると言う事です。
一般社会は特定宗教の倫理観の元に成り立っている訳ではありませんから、その宗教の倫理観だけで判断していたら必ず歪みが出る訳ですから。
けどまぁ、普通は親や宗教関係者だけでなく、それ以外の人達とも接する機会がある訳ですから、そう簡単に子供は宗教絶対になったりしません。
問題は日本では稀有な例でしょうが、親が子供を宗教系の幼稚園に入れて、宗教系の小中高校に入れたりして純粋培養するような場合ですね。
まさに洗脳。
こういうのは、完全に親のエゴです。ハッキリ言って。
宗教に限らず、ここまで徹底した親の押し付けはキモイです。

あと、自分の倫理観と異なるからと言って、子供の言い分を聞かずに頭から否定したりとか。
いや、私だって分かりますよ?
子供に理詰めで説得しても効果薄いから、誤魔化したり、何度も同じ話になって仕舞いにキレたりとかいうの。
でも、そうやって真剣に子供と接さないから、子供は親が自分に本気で接していないと思い込んで、大人を軽く見るようになっていくって自分の経験で分かりませんか?
いや、宗教離れと言う点では親の底を知る事は良い事ですけど、宗教抜きに考えて、異なる価値観の相手に対して妥協点を模索する事無く、押し付けや誤魔化しを行うのは、相手を対等と思っていないから行う事であって、そういった親のエゴは私は大っ嫌いなんです。

いや、そういった事で、TRPGやってても、子供みたいな我侭な人間に対して、理詰めで説得して全く相手にされないとか1度や2度じゃないんですけど、マスターは「頭ン中は子供なんだから、上手く誤魔化さないと効果ないって」とその度に言うんですけど、他のキャラや自分自身ならともかく。ギャブレット=カーナーを演じている時にそこを曲げたら、ロールプレイ上の敗北でしょうが!Σ(゚ロ゚)
いや、TRPGで単一のマスターでキャンペーンを行う欠点として、任として、そういった細かい価値観、倫理観が色々と食い違ったりするのに、基本的にそのマスターの基準が絶対になる事なんですよね(--;
まぁ、マスター権プレイヤーによる複数マスターで行うキャンペーンが至上と言う訳でもなく、単一マスターにはそのマスターの世界観をドンと打ち出したり、複線を至る所に張り巡らせたりと好き勝手にできる所に利が有るんで、一長一短。

あ、また話が脱線した(--;
まぁ、要するに宗教の押し付けは是か非かと言う事の結論ですが、子供の選択肢を意図的に狭めたりしなければ、ある程度の押し付けは仕方が無いと言うのが私の考えです。
以前も書いた様に、宗教と言うシステムは、それが正しく機能していれば有益なものなのですから、それを正しく機能させるためにも様々な価値観を子供に見せるべきかと。

> マクロス
07121813.jpg
早瀬中尉が異様に可愛い。
それを言う為だけにレビューを書かずにはいられないほどにw
「マクロスに帰れなくてもいいのかな~?」とか、言ってる事から棘が無くなったばかりか、可愛くなってる!Σ(゚ロ゚)
やっぱ少尉はツンデレキャラの元祖だな。
デレったら、ダサダサだった髪型のデンデンムシまで無くなるしw

> 銀魂
11981426594148938.jpg
この話、原作の方では見逃したんですが…え、ナニなんかシリアスじゃない?
てか、普通に土方がカッコイイの初めてじゃないか?
ひょっとして、お姉ちゃん本当に死ぬの?
土方の非常な描写は良いですね。作品によって色々と解釈が異なりますが、土方は組織の為に非常に「徹した」人であって、彼自身の本心と異なる苦渋の決断と言ったものが「土方歳三」を描く上で必ずと言って良いほど扱われるエピソードだったりします。
勿論、銀魂では歳三でなく十四郎な訳ですが、今回のエピソードは銀魂におけるそういうエピソードになりそうで、来週見逃せませんな。
ところで、土方たちの生まれ育った武州ですが、以前書いたように私も彼らと同様に武州の出です。
あと、私の本名も新撰組からとったもので、ネットでスクールデイズ関係の書き込みで「誠死ね!」とか言う類のを見かけると、関係無いとは思いつつも、ちょっとテンション下がります(^_^A
いや、だから新撰組を好きになった訳じゃないんですけどね。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。