スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
詰め込んだ最終回
・今回のレビュータイトル
 「機動戦士ガンダム00 #12」
さて、今年も様々な映像作品が最終回を迎えた訳ですが、
ギアス(第一部)とかウルトラセブンXとか「詰め込んできたなぁ」って感じの最終回も多いですよね。
詰め込み具合で言えば「仮面ライダーカブト」や「轟轟戦隊ボウケンジャー」と言った日曜朝のスーパーヒーロータイムの二本は良い感じのバランスでしたが、カブトは投げっぱなし感が強かったからなぁ(--;

さて、そんな様々な最終回の中でも、かつて最も詰め込みまくり、超展開を連続させた作品があります。




「FF:U」(ファイナルファンタジー・アンリミテッド)です。

映画版FFの大失敗(当たり前だ)によって莫大な赤字を出したスクウェアが、映像分野から撤退する事になったあおりを受け、当初50話予定していた話を25話で終了する事になったこの作品。
言ってみれば打ち切りです。
ガオガイガー、ベターマンと作った後の米たにヨシトモ作品な訳で、作品自体はわりと面白かったのですが…FFの名を関している以上、スクウェアがスポンサーから撤退しては作品を続ける訳にも行かないって事で…最初から2クール予定ならこんな終わり方じゃなかったでしょうに(--;

作品としては「ベターマン」にも似たスタイルを持っています。
混沌によって滅ぼされた者達の命の結晶「ソイル」を弾丸に変え、3つの弾丸のソイルを調合する事で召還獣を撃ち出す「魔銃(マガン)」を持つ謎の男「黒き風」がベターマンにおけるベターマン役であり、主人公達を助けると言った感じですね。
ちなみに、召還獣、混沌、オメガ、チョコボ、シドなどFFっポイキーアイテムが登場しますが、世界観の印象としてはFFよりも女神転生の世界崩壊後に近いかな?(^_^A

とにかく、これ以上に詰め込んだアニメの最終回は無いなぁ…色々な意味で(^_^A

> 00
うわ…10話のレビューで予測した事が色々と表面に出てきた回ですが…
07122310.jpg
ママン、いきなり過ぎるよ。
あと、勝手にパパを殺しちゃ駄目だよ(^_^A
てか、娘よりママの方が良くないか?
07122311.jpg
一方、影の薄い主人公の過去話ですが…まだ次回の放送見ないと何とも言えないけれども、本当にこいつに共感できるのかな(^_^A
まぁ、作り手に絶対的な自信があるなら、それ位に描いておいた方が良いのですが…私の場合はそういう自信が無いから思い切った事ができないんだよな(--;
07122313.jpg
ああ、そうだよね。Gがかかってる時に喋れば、本来ヘルメットの中は涎まみれだよね(^_^A
ハムの人の活躍ぶりは、迷台詞も合わせて今までで最高潮だった訳ですが(傭兵さんの「ところがギッチョン」も)、ユニオンがこの紛争に介入した理由はガンダムの鹵獲な訳で、アザディスタンの内紛鎮圧は建前でしかない訳です。
だから、グラハムがガンダムに向かっていったのも当然で、ロックオンさんの「ユニオンはアザディスタン防衛が任務じゃないのか?」は「ナニを寝ぼけた事言ってんの?」ってはなしです。と言うか、その後の台詞を考えると嫌味で言っている訳ですが、ココの部分は声優さんの演技が不味かったなと言う感じ。本来嫌味である筈の部分で本気で驚いてる感じ。
まぁ、演技は一先ずおいといて(/--)/
「ガンダム捕獲が国家がアザディスタンに軍を派遣した目的」である状況を踏まえた上で、そういった国家の定めた最優先事項を放棄して、建前であるアザディスタンの防衛を優先させるハムの人は(血税である航空燃料を無駄に使って、盗んだバイクで走り出した前科もあるし)軍人として失格ですが、人として良い人物です。
セルゲイだったらどうするかなと考えましたが、「人革連=物量」のイメージがあるから、主力は建前に振り分けて、自分を含めた精鋭部隊はガンダムにって感じになりそうだな(^_^A
07122312.jpg
まぁ、宗教が暴走するとこうなるとか、だから一方的に宗教が悪い訳でもない(私は無神論者ですが)って話は、このブログではやり尽くした感があるのであえてやりませんが、ラサは良い人だなぁ。
ある意味でアラファト議長は彼に近かったかも。
そう言えばちょっと前、弟と飲んだ際にパレスチナ問題の話題に及んだ際に「アラファト議長はまだ生きている」とか弟が言い出して「死んだ筈では?」と混乱しましたが…3年前に死んでますw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

スタッフは予想の斜め上をいきました
私を含め視聴者の大半が『ママンはデレる』と予想していたと思うんですが、あのデレ方はやりすぎですよねw
思わず「ねーよwww」とツッコミを(ry

>ヘルメットの中は涎まみれ
ヘルメットの中のアレは涎だったんですね。
てっきり汗(負荷がかかっている演出)かと思ってましたorz

>グラハムとロックオンの絡み
やっぱり声優さんの演技ミスですよね。
そのせいで一瞬、物語が分からなくなって苦労しました。
スタッフ(音響監督など)は何してたんですかね?
比呂飛鳥 | URL | 2007/12/24/Mon 15:05 [EDIT]
もはやラブコメは見てません
今年ももう終わりですか…。
早かったような、無意味に過ぎて行ったような、振り返ればあっという間でしたね。

サジについてはママンが死んでからが本当の見所だと思っているので、今は流し見ています。つーか見ていて寒いよw。

ロックオンの「ユニオンはアザディスタン防衛が~」ですが、私は国家の建前云々以前に当然だと思いました。
ガンダムが戦闘行動を取るMS全てを攻撃対象とみなす以上、戦場で(どんなものであれ)任務を遂行しようとすれば、ガンダムを抑える誰かが必要な訳で、ユニオンのあの面子の中で最も実力があるグラハムがその役割を受け持つのは自然の流れでは?
Coltrane | URL | 2007/12/24/Mon 21:20 [EDIT]
Re:比呂さん&Coltraneさん
> 比呂さん
いやぁ、私はアレぐらいデレると思ってましたよ。一卵性親子ですからw
予測していなかったのは、パパを勝手に殺すとまでママの性格がぶっ飛んでいた事ぐらいでしょうか(^_^A
娘を超えたかもw

> Coltraneさん
ホント1年が早いです。特に年末は精神と時の部屋が欲しいと思うほど(^_^A
15話が…15話が……orz

ママは死にそうに無い感じがしますが…「パパが死亡→いきなりママとルイスが扶養家族に」とか言う展開はアリかもと思いますが。
サジに関しては、先ほどエジソンさんのブログに書いて来たのですが、あくまで民間人として戦争に携わっていくかなと考えています。

ソレスタルビーングはちゃんとしたプロパガンダを(最初にやったっきり)していないんですよね。
プロパガンダをしない事そのものが政治的な戦略であると思うのですが(その為にサジ姉弟が居るんだろうなと)、戦場での行動によって意思は示しているんですよね。
タリビアでは独立宣言によって争いを引き起こしたタリビアに対してのみ攻撃を行う事で、その意思を示したように。
そして、今回示される意思はクーデターの阻止であると思えますし、実際に暴動鎮圧へ向かうグラハムを撃たないと言う事で、少なくともロックオンはその意思を示しています。
あの場の無差別攻撃は「どっちがクーデター派か分からない」で手だしできないユニオンに対し、「分からなければ全て撃ち落せばすむ」というソレスタルビーングの立場の違いでしかないかと。
また、グラハム自身も、自分が戦っているガンダムが狙撃専用の機体であろうという事が分かっているにも拘らず、悠然と背を向ける事ができたのも、ガンダム捕獲を専門とする部隊である以上、ソレスタルビーングのそういった意図が分かっていたからでしょう。
少なくとも、教授は初登場時にガンダムの出現場所だけでその意図を見抜いてましたし。
だから、ガンダムが無差別攻撃を行うから、ガンダムを食い止める必要があったというのは、それこそユニオンが世界や国民に対して行う言い訳でしかなく、実情は軍内部でも「その可能性は低い」で作戦を立てているんじゃないかなと。
むしろ、その言い訳を傘にきてガンダムを捕獲すると言うのが、軍人としてグラハムが行うべき任務で有った訳で、仮にここでユニオンのMSがガンダムと戦闘し、クーデターの鎮圧目的を優先してガンダムとの戦闘を放り出したと言う事実が世界に知れれば、ユニオンは(少なくとも軍は)ソレスタルビーングが無秩序で危険な武力組織であるとは考えはいないと宣言してしまった事になる訳で、かなり民衆に与える影響は大きいでしょう。
だから、軍人としてはガンダムとの戦闘は何が何でも継続すべきだったんですけどね。
それをしなかったから、人として評価してるんですが。自分が軍の偉い人なら、絶対に部下にしたくない奴だ。
黒川 | URL | 2007/12/24/Mon 23:09 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。