スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kamen Rider Dragon Knight
・今回のレビュータイトル
 「機動戦士ガンダム00 #19」
しまった、ゴウオンジャーとキバの頭5分ぐらい見逃した orz
6時ぐらいに目が覚めてしまい、二度寝したのが不味かった orz
そこでおとなしくベットから出て、はたらキッズ マイハム組でも見とくんだった(--;


ちなみに、これは全然関係ないけどアメリカ版の仮面ライダー龍騎。
最近この映像を使ったMADが流れて存在を知ったんだけど、主人公の目的が囚われの身となった父を救う為だとか色々と異なる点も多いけれど、大筋においては龍騎を踏襲しているらしいです。ちなみに主人公はキット・タイラーですが、レンはちゃんとレンらしいです。変身するのはウイングナイトと言う名前になってますがw
ちなみに龍騎はタイトルにも有るようにドラゴンナイト…直訳だ(--;

・今日のThe Golden Lore(ゴールデンロア)
生還できた!
情報が胡散臭く、報酬が超高額と言う「今度こそアルフ君死ぬの?」ってな死亡フラグを乗り切りましたよ!
と言うか、またも情報は敵が(金額と比較して)弱い方に間違っていたようです(^_^A
おまけに「防具が欲しい」とか言ってたら「極めて質の良い手袋」とか入手してるしw
凄い…何か不幸のはずのアルフ君が幸運続きだw

ギャブレットはギャブレットで、ボスを含めた戦闘7回+罠1回と言う中々の冒険をこなして、知力が12、魔力が11も上昇する大成長!
これは伸び悩んでいただけに嬉しい!
ゴブリンに始まり、オーク、ゾンビ、コボルドと4回の冒険でD&Dで序盤にマスターが出してくるモンスターと一通り戦った締めくくりがこの成長。イイ感じだw

何か、今日は凄くラッキーだったなぁw

> 00
08021814.jpg
絶望した!
ナドレが初めて真の力を見せた瞬間
無効化された事に絶望した!

墓場鬼太郎で水木さんが「じゃ」で死んだ時ぐらい絶望した!Σ(=ロ=;
ああ、水木さんは墓場鬼太郎の良心だったのになぁ…

08021810.jpg
全て失ったワガママ女ルイスが最後に下した決断が、自分にとって(おそらく)唯一残った大切なものであるサジの重荷にならない事…スゲェイイ話だw
ルイスの事を少し好きになったよ…その後の、サジ&ルイスのプチ総集編が許せる程ではないけどね。
尺が1/3程度だったら良かったのに。
08021811.jpg
とりあえず、スローネとの対決をプトレマイオス組が決断する流れに関してですが、正直早すぎると思うんですよね。ルイス達にビームを打ち込んだのは例外として、先週も書いた様に兵器工場への攻撃は、作中で問題にしている程の問題ではありません。
正直、ここでスローネとの対決を決断すると言うのは…
実際には、刹那の暴走を半場放任しただけですが、その「暴走した奴を止めない」「阻止役を向かわせるけど、その阻止役に実質増援である事を含んだ言い回しで示す」と言うのは、実際には敵対の意思表示ですからね。
08021812.jpg
刹那が暴走するのは、今まで「ああいうキャラ」として描かれた刹那だから良いし、ティエリアは早すぎたとは思いますが「ヴェーダ絶対」のティエリアはスローネを敵に回す気満々でしたから、刹那の暴走と言う切欠で直接的な行動に移ったのは納得できます。
しかし、ロックオン兄さんがスローネとの戦いを制止するつもりが無いって言うのが(^_^A
いや、ロックオン兄さんが私的にスローネを良く思っていないのは良いんです。でも、ガンダムマイスター達の中では大人として自制のできる人が、この場を引こうとするスローネに「逃げんのか?」は無いでしょ?
頭下げて引いてくれって所では?

どうも、ここに至るまでのスローネの非道の描写に問題がある気がするんですよね…(結婚式場にビームは例外として)人道的な事で言えば、プトレマイオス組が嫌悪する程に今までプトレマイオス組がやっていた事と違いは無いんですよね。
麻薬畑燃やしたりとか、犯罪者の収入源であり、麻薬中毒者を生み出す根源である訳だから攻撃対象になって然るべきと考えても納得できますが、そういう畑で働いてる連中は、そうする事でしか生きていけない貧民だったりします(マフィアに尻尾掴まれた連中とか)。兵器工場を潰してそこで働く人間が巻き込まれる事を問題にするなら、麻薬畑で無理やり働かされていた哀れな者達の食い扶持を潰し、結果的に死なせる事と何の違いが有るのか?
直接手を下していないだけで、悲惨さで言えば麻薬畑壊滅の方がずっと悲惨です。
でも、それをやる。やらなくてはならない。そういう十字架を背負っている存在として描かれていたと思ってたんですけどね。だからこそ、ロックオン兄さんも自分のやっている事の矛盾に悩んでいた訳だし。
それが突然「兵器工場で働いている民間人を殺すなんて酷い」とか言い出されると…
「スローネは非道だから敵対する」と言うのは、どうも話として違うと思うんですよね。

例えば、スローネが各国の軍事基地を襲いまくっていたのが、真実を知ってしまったエイフマン教授殺害をカモフラージュする為と言うのが有って、その行動に「戦争根絶」以外の裏が有る事が確実になる。
そういった裏を掴んだ段階で、ロックオン兄さんやスメラギさんがスローネを敵として断定するならいいのですが、実際そうでは有りません。
そもそも、軍事基地を襲っていたのも、エイフマン殺害の隠蔽工作ではなく「スローネは容赦をしない」って事だろうし。

或いは、プトレマイオス組の目指す「戦争根絶」を視聴者に示し、スローネとのそれには決定的な相違があるので敵対するなら良いのです。
しかし、プトレマイオス組の目指す「戦争根絶」が(少なくとも視聴者の視点からは)あまりにも漠然とすぎている為に、仮にそういった理由で敵対を決意したにせよ、「スローネが感情的に許せなかった」と映ってしまいます(「ムカつきますよ」だし(--;)。
08021813.jpg
ロックオン兄さんが刹那を許す過程とか、ティエリアがそのやり取りを見て(その前の刹那との共闘もあって)他のガンダムマイスターへの態度を軟化させる兆しを見せた事とか、そういった点は良い感じだった。
相変わらず、刹那は会話のできない子だけど、そんな刹那の「会話になってねぇだろ!Σ(=ロ=;」な言葉を、ちゃんと読み取っているロックオン兄さんはやっぱり大人だ。
そして「答えになってねぇぞ!」と視聴者の言葉を代弁してくれるのもステキダーw
やっぱ、ロックオン兄さんは良いキャラだなぁ。

でも、中東のテロリストがアイルランドまで行って自爆テロを行う理由が分からない。全く分からない(--;
とりあえず、イギリスを出し抜く為にアイルランドが太陽光発電計画を強固に支持して、その報復行為だと脳内保管しておこう。
そうでも考えないと、本当に意味が分からない(--;
いや…意味は話を盛り上げる為なんだけどさ(--;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ゴウオンジャーは・・・
癖は強いですが戦隊として押さえなきゃいけない点はしっかりと押さえているので子供にはウケそうだ、という印象ですかね。
ただ演技力に関しては目を瞑るしかなさそうなので色んな意味で声優頼りになるかもしれませんw

>ガンダムOO
“話を盛り上げる事”と“話の整合性”のバランスに苦心しているなぁというのは感じました。
リアル(シリアス)系の難しい所ですね(逆に見所でもあるんですが)
比呂飛鳥 | URL | 2008/02/18/Mon 20:17 [EDIT]
Re:比呂さん
ゴーオン見ました。まぁ、演技は半年で慣れてくれると思います。今は子供番組の演技に、ちょっとテレがある時期だと思いますから。
しかし、現場の空気として、そういった演技に対する「テレ」は伝染するものですから、そういう空気は早く何とかしてくれないと不味いんですが…
子供番組の演技を真剣に取り組む人が一人居ると、その空気も伝染してくるものなんですが…例えば、ゲキレンだと「かずえ」がそういったポジションで、ワリと早期に主役3人は吹っ切れたのだと私は分析しています。

> 00
エジソンさんの所のレビューにも書いたのですが、やっぱりネックはソレスタルビーング(もっと付く込むと、主人公達の目指す目的の具体的性)に謎を含ませた事にあって、SEEDの様な勧善懲悪でそれをやるならストーリーの根幹が単純なので良いのですが、相手にするのが世界全体で「紛争が起きた→ガンダムで紛争を止めました」で話が終わる訳ではなく、それは根本的な問題の解決にはなっていない訳ですから(アザディスタン編のラストがそうであった様に)、相手にしているもの自体も具体的ではないのです。

故にカタルシスが無い。

スローネの三人は、その作品的な弱点を補う「コレ!」と言う明確な敵であり、スローネを討つ事によってカタルシスを得る事ができる訳です。
グラハムがスローネアインの腕を切ったりとかw

でも、比呂さんの仰る様に「盛り上げ」を急ぐあまり、「整合性」の部分をおろそかにしちゃった感があるので、チョイ残念なんですよね……
黒川 | URL | 2008/02/18/Mon 21:01 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。