スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金剛番長がイイ感じ
・今回のレビュータイトル
 「バンブーブレード #20」
いやぁ、最近「金剛番長」がイイ感じです。
この作品は週間少年サンデーに掲載されている作品で、「番長」と言う最早ネタでしかない題材を真っ向から扱った作品で、この昭和の香り漂う作品が、最近波に乗って来た感じです。

物語は日本再生の為、絶対的なカリスマと能力を持つ指導者を育成する為の計画「23区計画」の阻止を図る金剛番長と、政府によって選出された23人の番長達の戦いを描いた物語…いやぁ、荒唐無稽ですね(^_^A
最初に「コレだ!」と思ったのが
20080219185251.png
23区計画が明らかになる前、金剛が転校して来た学校の理事長の息子として、学園を好き放題にしていた子悪党、悪矢七が
20080219185307.png
圧倒的な力の差を金剛番長に見せ付けられたあと一括された事で、それまでの自分を恥じ、権力を振るう事を止めた事で今まで押さえ付けていた連中から暴行を受けます。
その悪矢七を救済すると称し、暴行を加えていた連中に容赦の無い力を振るう念仏番長の舎弟に、かつて権力と言う力で同じ事をしていた自分を重ね合わせて、
20080219185407.png
自分に暴行を働いていた連中を守る為に盾となり、念仏番長の力で押さえつける正義を真っ向から否定、そして…
20080219185428.png
コレだ!Σ(゚ロ゚)
って感じですよ!
しかも、次の敵(居合番長、念仏番長に続く3人目の番長)が
20080219185444.png
コレですよ!Σ(゚ロ゚)

そして、対剛力番長戦が終了して、現在の対戦相手は卑怯番長。
「ああ、コレは『卑怯な敵に対し、今まで倒した番長たちが金剛の為に…』と言う黄金パターンかな」と思ったのですが…
この卑怯番長、先ずは当て馬の白薔薇番長を金剛番長にぶつけ、満員電車の中、携帯電話型22口径拳銃で銃撃、その後金剛をおびき寄せてガス爆発に巻き込んで目を潰し、
20080219185507.png
さらにトドメは
20080219185524.png
園児誘拐ですよ!Σ(゚ロ゚)
徹底してくれてます。
コレは何と言うか「やられる→敵だった番長達が終結→勝利」と言う2クッション入る展開よりは、このバトルの中で勝ってくれた方がスッキリする感じではありますね。
ああ、でも「主人公のピンチに敵だった連中が…」もイイ感じなんだよなぁ。
ってな訳で、明日のサンデーが待ち遠しかった訳です…実はサンデーで読んでる漫画、金剛番長だけなんだけど(^_^A

> バンブー
いや、私は特撮オタですよ。
ブレイバーロボの元ネタがバトルフィーバーロボだとか、ヒーローショー終わった後のトークシーンで流れてるBGMが太陽戦隊サンバルカンのOPをアレンジしたものだとか、そういうの分かっちゃうぐらいには…
08021911.jpg
でも、流石に今回のタマちゃんには引いたわ(--;
いや、「好きって言うか、一応見ている」程度の作品であるコスモ13について、CGがどうだの人数多すぎてキャラ立ちしてないだのと言った分析を語り始めるのは、まぁ許容範囲なんだけど、クイズ大会に参加しちゃったり、あまつさえ大人気ない勝ち方しちゃったり、握手会にサイン会となると…(^_^A
あと、ブレイバーが10年前の作品と言う事は、現実で言えば「メガレンジャーは戦隊の特撮演出に革命を齎した」とか「ギンガマンはストーリーに矛盾が少なく完成されている!」と、事ある事に熱く語っている様なものだと判明した訳で(ウチの先輩が事ある事にダイナマンを持ち出すように(--;)…タマちゃんって本物のだったんだなぁと。少なくとも、熱気では私なんかを軽く凌駕するツワモノだったんだなぁと(--;
ちなみに、メガレンとギンガマンの特徴はウィキで調べました…私の場合、ゴーゴーファイブやタイムレンジャー辺りで、もう一度戦隊を見る様になったのでメガレンやギンガマンは見てないんですわ(^_^A
ヒーローショーの司会の人が、20年間東京ドームのヒーローショーで司会をやっている人だって事も知らなかったし、所詮俺なんてその程度だ…orz
08021912.jpg
某所の実況をチェックしたら「中の人が顔見世ちゃ駄目」見たいな書き込みあったけど、むしろタマちゃんのレベルだとスーツアクターの人もチェックしてるだろうから、スーツアクターの人を見ても感動できるでしょう(10年前と中の人が同じなら特に)。
私の場合、あくまでも「話作り」メインでアニメや特撮を見ているので、声優やスーツアクターまで行くと全然知識無いんだけど(それでも、最近は有名声優の名前位は覚えた…少しだけ)。
08021913.jpg
そんな、タマちゃんが本物だったという事が判明し、本物であるタマちゃんと互角かそれ以上の存在であるライバルの登場話だった訳ですが…こんな話で負けを体験させていいのか(^_^A
あと、鈴木凛と聞いて、モデルを想像する人も居ると思いますが、私の場合は
20080219140448.jpg
「もう、続きは無理かな…」って方を思い出します(--;
20080219140503.jpg
(月山無しの)凛を軽く圧倒し、護鬼をも封じ、マニトゥの力を借りてやっと撃退できたという謎の使い手が登場したばかりだって言うのに、そこで途切れてるからなぁ…
いや、謎の使い手と言っても、前作「燃えよ鉄人」から読んでた人にとっては謎でもなんでもないんですけどね(凛の兄で前作の主人公、鈴木鉄人だ(^_^A)。
08021914.jpg
それはそうと、シナイダーは確かにカッコイイね。「お前を倒すのはこの俺だ」で味方をして、今際の際の台詞が「さぁブレイバー……決着を………つけ…よぅ」と言う鉄板ぶり。
そりゃぁ惚れるわw
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。