スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロス:タイム:ライフ
いやぁ、SPに代わって今月2日から始まったフジの土曜ドラマ
「ロス:タイム:ライフ」が面白い!
正直、今期のフジのドラマの中では番宣されてないに等しい扱いなのですが、一番面白いかも(^_^A
てな訳で、フジの変わりに番宣してやるかw

人生はサッカーであり、サッカーこそ、人生

そんな名言から生まれたこのドラマは、人生最後の瞬間に訪れる「人生のロスタイム」を扱ったドラマで、その回ごとの主人公が、人生の最後に与えられた時間をどう使うのかと言う事を描いたドラマです。
当然、「人生のロスタイム」は頂上的な現象による物なので、ある意味で筋肉少女隊の「おまけの1日」という曲に通じるものがあります。

現在分かっているルールでは「ロスタイム終了時には、必ず自分が死ぬ場所に戻る必要がある」「他人に自分が既に死んでいる事を言ってはいけない(イエローカード)」「イエローカード2枚orレッドカードで輪廻の輪から退場」「カードには至らないまでも、ファールを取られる場合がある」「非紳士的行為はイエローカード」「ロスタイム内でプレイを放棄するとファール、場合によってはイエローカード」と言うものがあり、EDテロップでカードもらった枚数が表示されたり、審判団がゾロゾロ主人公の後をついてきたり、時たま青島の実況が入ったり、サッカーを強く意識した演出がイイ感じ。
そんな訳で、今回は今までの4話をネタバレの無い程度にサクッと紹介。


人生の無駄を清算する最後のひと時…それが

ロス:タイム:ライフ
    Life in additionaltime

第1節「カメラマン編」

人生はサッカーであり、サッカーこそ、人生 
元アルゼンチン代表 D・マラディーノ

08022411.jpg
主演:瑛太
ロスタイム:4時間17分

被写体の命も自分の命も何とも思わず、現場の臨場感を写真に収めてきた報道カメラマンが、自分の最後に写した写真が戯れで撮った野良猫の写真である事に我慢できずに行動する…と言う第1話にふさわしい内容。
最初の10分ほど、ごく普通に話が進んでいたと思ったら
08022410.jpg
イキナリの超展開に「何だこのドラマΣ(=ロ=;」と、ガッチリ掴まれましたw

第2節「刑事編」

辛抱強く追いかけた犬だけが、餌にありつける
元オーストラリア代表監督 イヴァン・オシミッチ

08022412.jpg
主演:小山慶一郎(NEWS)
ロスタイム:3時間21分

ドラマの刑事に憧れていたにも拘らず、現実とのギャップに腐っていた新米刑事が、見下していた退職真近のロートル刑事との「休憩」中に引ったくり犯と遭遇。引ったくり犯を追い詰めるが、何故かひったくり犯の持っていた銃で撃たれる…
何故ひったくり犯がそんなものを持っていたのか?
「休憩」は本当に休憩だったのか?
人生最初で最後の捜査が始まります。
08022413.jpg
アンパンと白牛乳で張り込む審判団の空気の読みっぷりはw
ちなみにこの刑事編、舞台化されるようで、東京公演は3月からです。

第3節「スキヤキ編」

あなたは最近いつ家族一緒に
スキヤキを食べましたか

08022414.jpg
主演:友近
ロスタイム:2時間29分

3話目にして変化球。サッカーに関する名言が無かったり、比較的直ぐにタイトルが入ったり、本当はイエロー貰ってるのに迫力で押し切ったり、ロスタイム終了後は一切描かれないなど、他の3作品に比べて色々と異色。
まぁ、全話脚本家が違うので、それぞれ特徴あるし、脚本家が違うから設定の矛盾もあるんだけどね(^_^A
話を3話に戻すと、節約生活をしてきた主婦が、人生の最後に家族でスキヤキを食べる為に頑張る話。
08022415.jpg
前半のドタバタコメディと、後半の家族を残して死ななければならない母親の心理を描いたギャップが非常にイイ感じ。
2話もそうだったのですが、スポットBGMと言う感じで「スキヤキソング」こと「上を向いて歩こう」が印象的に使われたのもポイント高いです(ちなみに2話では刑事ドラマ風BGM)。

第4節「看護師編」

例え試合に敗れても、世界が終わるわけじゃない
元セルビアモンテネグロ代表監督 イヴァン・ブラジェリッチ

08022417.jpg
主演:上野樹里
ロスタイム:4時間44分

上野樹里ですよw
男に捨てられて自殺をした看護師が、ひょんな事からロスタイムを自殺をしようとしていた冴えない中年と行動を共にする事になると言った展開で、ある意味、第1話同様、命を軽く見ていた人間がロスタイムを得た事で…と言う話。
08022418.jpg
アバンタイトルで「こうする(自殺する)事を選んだ私は幸せ」と言っていた主人公が、(3話の予告でも使われた)ロスタイム残り5分で「何でだろう…死にたくないな……」になる過程や、EDのオーロラビジョンで流された異例の映像(1~3節では、その回を振り返る映像が流れていたが…)など、イイ感じです。
そうそう、自殺志願者の中年男性はここまで全節フル出場の温水洋一。主要人物としては初の出場ですw
そう言えば自殺とは言え、この第4節も第3節と同じく転落死なんだよね(^_^A

08022419.jpg
ちなみに今週の土曜は折り返しの第5節。伊藤淳史が主演の話です。
所で、最終話(?)である9話は「ひきこもり編」らしいですが…一体、人生で無駄に浪費された時間(ロスタイム)は何時間になるんだ?(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。