スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セーラームーン
08022419.jpg
電王の時に書きましたが、私のPCにはかなり大量にアニメだの特撮だのドラマだの
映画だののmp3データが入ってます(ドラマじゃないけどSMAPの曲が50曲も入ってたりね(^_^A)。
で、この間ふと「セーラームーン」の曲が少ない事に気付く。

このアニメ、無印セーラームーンから始まり、R、S、SS、セーラースターズと5作品もあるのに、10曲しかPCに入ってません。
ここら辺のアニメのOP&EDは網羅している筈なのに何故?
しかも、セーラースターズの最終話EDまで含めて10曲って?

で、調べた所…5作品もあるのに、OP&ED少ねぇ(--;

まずOP。無印からSSまで「ムーンライト伝説」1本です。無論、歌い手が変わったりしてるのですが、さすがにそれは収録せず、無印のOPと、セーラースターズの最終話のEDとして使われたバージョンのみ収録。
次にEDですが、Rは「乙女のポリシ-」1本。しかもSの前期OPも「乙女のポリシー」です。ああ、道理で印象に残る訳だ(--;

で、10曲聴きなおして…何か違和感。
セーラームーンの曲として何か印象に残っていたのがあって、それが抜け落ちてる気がするのです。
何でだろう? キャラソンとかノーチェックな筈なのに…
その答えは劇場版!

ああ、この超名曲「Moon Revenge」が入ってなかったのか!Σ(゚ロ゚)
あまりにも昔の事だから忘れてた…不覚 orz
この映画見てない人は、この動画だけ見ても「何の事やら」かもしれませんが映画見た人はこの動画で心が動くと思う!

この曲を使ってる劇場版Rはかなりの神アニメでして、どれぐらい神かと言うと庵野がこの映画に感動して、シンジ君の声を(子供の頃の衛を演じた)緒方恵美にしたぐらいw
あと、この劇場版の「BGMとしてクライマックスに流れるMoon Revengeの各セーラー戦士のソロパートと、各セーラー戦士のシーンをシンクロさせる」と言うミュージカル的手法が、後に少女革命ウテナの「作品世界そのものが虚実ない交ぜの舞台演劇風」に繋がり、「桜蘭高校ホスト部(アニメ)」なんかに派生していくんだよなぁ…
まぁ、正直な話セーラームーンはここが頂点で(早いな頂点)、これ以降どんどん駄目になって行ったんですけどね(^_^A
でも、駄目になって行くとは言えSまでは面白かったです。SSは半分以上見てなくて、セーラースターズはかなり初期に切りました(^_^A

で、そんな昔のアニメの曲は、もはやツタヤとかで探すのは不可能と考え、「Moon Revenge」が収録されている「最新テレビまんが大行進 女の子向け」を所有する図書館を検索して今日借りてきたって訳ですよ!Σ(゚ロ゚)

馬鹿だw

ちなみに、この「最新テレビまんが大行進 女の子向け」と言うCD、同時収録作品は「若草物語ナンとジョー先生(名劇)」と「有言実行三姉妹シュシュトリアン(ポワトリンの流れを受け継ぐ特撮)」だった訳ですが、両方ともOPは既にPCに入ってて、しかもEDは要らないかなと言う感じなので「Moon Revenge」の為にこれだけの労力を使った訳です。

でも、良い曲だよね。
アニメもRまでは面白かったし…(^_^A

特撮版のキラリ☆セーラードリームもワリと好きな曲。と言うか、特撮版事態がワリと好き。
知名度の低い特撮版ですが、私はアニメのマーキュリーは好きでも嫌いでもないのですが、特撮版のマーキュリーは大絶賛する人間ですからw
特撮の亜美ちゃんはロングヘアのメガネっ子で、変身するとアニメみたいな感じになるといった変身後に一番ルックスが変化するキャラで、メガネッ子らしく地味で人付き合いが苦手、故に友達居ないと言うキャラですw
その後、他のメンバーと打ち解けたり、大阪なるから「冷たくされる→和解して友達に」と言うイベントをこなして明るくなっていくと言う精神的成長が顕著に描かれたキャラ。でもメガネは最後までかけていて欲しかったけどね。
更にこの特撮版マーキュリーには

中盤しばらくの間、黒化して敵に回る(性格も「地味→自信に溢れた才女」に変更)と言うイベントがあり、このダークマーキュリーの辺りが秀逸なんですわ。特撮版を否定する人間も「ダーキュリーだけは良し」と言うぐらいw
マーズもお間抜けキャラじゃなく、霊感が原因で家族から避けられ神社に引き取られて育てられた事から、ある意味「聖帝サウザー様」の様な他人を寄せ付けないキャラになってるのも良い感じ。
ビーナスもお間抜けキャラじゃなく、セーラーVとして孤独な戦いを続けてきた先輩戦士で、それゆえに時に非常な面も見せるキャラになってて、しかも「アイドルにあこがれる」ではなく本物のアイドル。しかし、これはアニメの方が良かったかな…話的には色々と背負いまくって良い感じなのですが、何となくそれがマイナスに働いた感じがあるかなと。
ジュピターもアニメの方が良かった。特撮版はそう悪くないんだけど、アニメのマコちゃんが良すぎる。凄い好きだった。

あと、最終回も本来の無印セーラームーンの終わり方のプロットを拾ったものらしいのですが、私は割とああいう終わり方は好きです。真のラスボスが○○○とか、使用にリスクを伴う銀水晶とか、洗脳が解けてもクインベリルに付き従って共に滅びるジェダイトとか(これでクインベリルが可愛ければな(--;)。
欠点は基本的に男性陣が駄目駄目だったのがな…特に元基お兄さんはキモイ亀オタク化してるし、ネフライトは駄目人間だし…アニメ版ネフライト好きだったのになぁorz
でも駄目ゆえに、最終的に戦いを捨て、普通の人間として生きていくと言うオチは評価してますが。

それに、

こういうお遊びのセンスとかも好きだなw
ホントにセーラームーン好きって人にとっては無しだろうけど(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。