スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連鎖かよ…orz
・今回のレビュータイトル
 「機動戦士ガンダム00 #22」
ガイギャックスだけじゃなく、ホームズまで死んでた…orz
昨日、ガイギャックスの訃報について書いた直後、声優の広川太一郎さんの訃報を耳にしました…
ええ、私にとっては007のジェームス・ボンドと言うよりも、宮崎ホームズのホームズです。
ガイギャックスより1日早い3月3日にお亡くなりになっていたんですね…orz

って言うか、Mr.Booのパロディで、去年ゲキレンジャーに登場し、その回のレビューでも、話自体はありきたりとしながらも広川氏の演技は褒めてましたねぇ…
あの時は絶対アドリブだなって演技に「ワハハ、スタッフ自由にやらせすぎw」とか思ったものだけど、ガンと言う事を本人知っていたのだとしたら、あの自由さは、生きている内に、声優として演じられる内に広川節を……と言う思いがあっての事だったのかもしれません。
あの回のビデオ、消しちゃったんだよな…
何で消しちゃったんだ俺 orz

それと、氏の経歴をウィキで調べていたのですが、ラジオドラマで「星へ行く船」の山崎太一郎も演じていたのか…
と言うか、ガンダム00のルイスが腕を失った時に、「腕を失っても前向きに義手で頑張ったヒロインもいた筈だが、あれは何の作品だったか…」と思ったけど、星へ行く船だったか。
そう言えば、山崎太一郎は広川太一郎をモデルとして作られたから太一郎なんだよなぁ…
また一人、名優を失ったなぁ。

氏の、ご冥福をお祈りします。

> 00
08030814.jpg
ああ…何だろう?
今回は、「ピンチに救援に現れる」「ピンチに覚醒」と、物凄くお決まりのパターンを両方やってしまった上に、とりあえずライバルキャラの撤退は見送りと言う常套句の連続で、さすがに「落とせる時にちゃんと落とせよ! サージェスを!」となってしまいましたよ(--;
せめて、三女もキッチリサージェスが殺した後で「間に合わなかったか…」と駆けつけるだけで、あんま気にならなかったかもしれないのになぁ…
そうそう、直前に「舞-乙HiME 0~S.ifr~」の1巻見た為に、「ああ、紅翡翠じゃ真のパワーに耐えられずに自滅しちゃうぞw」とか思いました。だって、刹那によるサージェスレイプショーって、レナによるM9レイプショーだもんなぁ…と言うか、同時に2体存在したりしない分だけガンダムもまだまだだw
アリカのママ強すぎだわ。と言うか、後日レビューしますが、レナってあのレナなんだなと再確認。
08030815.jpg
イオリア・シュヘンベルクは実に狸ですな(^_^A
悪意を持ってコールドスリープ状態になった自分(多分偽者)を撃つ者がいた場合に備えてトラップを用意しておき、トラップが発動した際に太陽炉の能力を開放する。
一見、太陽炉がどんな勢力の手にあるかも判らないのに、これを行って太陽炉をゆだねる事は、人類を信じているからであるように思えます。
が、本当に信じていたらトラップ自体仕掛けていない訳で、本当は全然信じてなんかいやしません。
でも、信じたいという気持ちはあるので、とりあえず信頼を裏切られた際の仕掛けは用意しておいて、「人類を信じている」と言う。
まぁ、物騒な力を残す訳ですから、その力が(自分の考えで)悪しき目的で用いられる事に対する防御措置をとる事は義務ともいえますし、無責任に信頼するよりは大人と言えますが…
或いは、だからこそ「自分自身が世界を変えてはならない」とか感じて、計画発動時にコールドスリープから目覚める設定でなく、計画終了後に目覚めるとか言う設定にしておいたのかもしれませんが。
まぁ、どっちにしろ彼の「信じる」は1㎎の重みも無い信頼なので、太陽炉にも何かトラップがあるんだろうなぁ…
08030816.jpg
「国連軍によるトリニティ討伐は紛争」と言う認識ですが…それ言い出したら、ますます世界は混乱するジャン(--;
国連によるトリニティへの攻撃は、かなり正当な物だと思うんですがね?
ソレスタルビーングへの攻撃に関しても。
ソレスタの言い分は、一方的に相手をボコれる立場から紛争根絶を行おうとしていたら、相手も自分達に匹敵する力を手に入れて紛争が拡大した。だから、紛争を拡大させた相手が悪いと言う事な訳で…
それ違うよな?(--;
いや、まぁ…力で紛争を根絶しよう等と言う人の言い分として、実に良く判る理屈ですが、それが正しい事であるかのように演出するのは間違っていないだろうか?
08030817.jpg
トリニティは、やっぱりテロリスト(ガンダムの部品)として純粋培養された人達であるような事をヨハンが散際に言ってましたが、「人を殺す事に罪悪感が無い」と言う部分ではOKにせよ、ヨハン以外はくだらない事に不満もつ失敗作の集まりだな…その分、「人間的」であるとも言えるけど、人を殺す事に罪悪感を感じない人が、人間的な欲求による不満解消の為に作戦に関係の無い民間人を虐殺って最悪ですな(--;
そういった分だけ、ヨハンには「人の手で人格を歪められてしまった悲哀」みたいな部分があってキャラとしてイイ感じでしたね。他二人はどうでもいいですが。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。