スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15話で追加したアイコンの話
当初、ラル隊のWB特攻死は描かないつもりだった訳ですが
(次の16話で、OPの歴史紹介みたいな感じで描くつもりだった)
今回のテーマと重複する所があるし、今回のラストシーンがラストシーンなので、見てるだけのイベントでラル隊の特攻死を描く事に。
しかし、そうするとジョブジョンとリュウさんとキッカが必要なので(特にキッカはクランプの名シーンを描く為に必要なので)新たに描きました(^_^A

ちなみに、以前「安彦良和がオリジンで描いてるキャラは、当時のキャラと似ていない」と書きましたが、安彦良和がどれだけ昔の自分の絵を無視してるか、そして、いかにアニメのガンダムが昔の安彦良和が描いた設定画を無視しているかを踏まえた上で、自分は「似てないアイコン」をどう仕上げたかと言った一連の事を検証していこうかなと。

まずは軽くジャブでリュウ=ホセイ。
リュウ
左が当時の安彦原画、中央がオリジンリメイク版、右がアニメ版…
まぁ、この程度は「違和感がない方」です。
基本的にリュウは目がちっちゃいし、当初黒人を意識していると思われる塗りだった訳で、外人が作ったゲームでリュウさんが黒人で「ラッキーボーイだぜぇい!」とか言いだすのも頷ける…ちなみに、クリックすると肉声が聞けます。
リュウ2
で、描いたアイコンがこれ。オリジン版リメイクの狙いは「ドッシリ感の強調」にあると思われ、輪郭や目や鼻、眉などが、そういった方向で改変されています。
で、そういったイメージは共感できる一方「あんなデカイ目のリュウは違う!Σ(=ロ=;」って部分もあるので、オリジンよりは目を小さめに。でも、これ以上目を小さくすると、他との対比で…これが限界。
次にジョブジョン…
ジョブジョン
アニメ版、何処の少女マンガだ(--;
リュウさんとは逆に、ジョブジョンの目はオリジンリメイクの方が小さくなっています。何と言うか「ホワイトベースでは数少ない正規の軍人」らしい精悍な感じさえします…勿論、それを狙ってのリメイクなのでしょうが。
ジョブ・ジョン2
で、仕上げたアイコン。ジョブジョンは「印象が薄い」と言うのが私の印象なので、それを反映した印象の薄い顔に(^_^A
と言うか、髪の全体が見えてない為「アフロ」に見えなくもない…と言うか、色を変えれば「イデオンのコスモ」に見えなくもないかもしれない(^_^A
最後にキッカ…
キッカ
………
1178644903185.jpg
ちょっと待て良和!Σ(゚ロ゚)
今までも当時の絵とオリジンのリメイクでは印象違ってたけど、これは違いすぎだろ!
そんな好き勝手するなら俺も好き勝手するからな!
キッカ2
で、好き勝手したアイコン。
キッカはデコッぱちで、まつ毛がやたらバサバサなイメージあるんですよね、実際にオリジンリメイクでもまつ毛強調してるし。アイコンで潰れ易いまつげを、何処まで嫌味にならずに強調できるかに苦労したアイコンですわ。

ラル
ちなみに、ランバ=ラルのオリジンリメイクも「ちょっと待て良和!Σ(゚ロ゚)」のレベルです…
と言うか、別人過ぎるにも程がある!Σ(=ロ=;
安彦良和はランバ=ラル好きだなぁ(^_^A
ラル
で、私が描いたのはこんな感じ。

ランバラルのリメイクと言えば、ラル隊はお家の事情で「ガルマの仇討ち」以前は干されていた軍人だったのですが、模型雑誌関係で「ラル専用ザク」とか、干されていた筈なのに何故か登場させちゃって、しかもそれがカッコ良かった物だから、ゲームなどでラルが干されていた設定は完全に無視されて、一年戦争当初からバンバン活躍。今ではゲーム以外でもラルがMSに乗っていた事があるのが通説に(^_^A
オリジン版は「干されていた」と「ラルがザクに乗っていた」を上手く融合させて「MS開発開発当初から、ラルは関わっていた」「ブリティッシュ作戦を批判して干された」と言う設定に、上手く纏めています。
でも、ラルがグフ以前にもMSに乗っていたのとかは、メディアミックスによるデッチあげなので、私のシナリオでは「ラルがガルマの仇討ち以前から一年戦争に参加していた」と言う設定は全て無視してます。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。