スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
R2見た
第2期が開始したコードギアスの1話目見ましたよ!
某所でコメントしたとおり、OPの曲はCMバンバン流れてたので、「あの曲オレンジレンジなんやでー」と言う情報も(大阪方面から)入っていまして、オンエア版で差し替えなのか、CMのはコーラス部分でメインがと言う事なのか、その時は不明でしたが「OPがオレンジ卿の大活躍だったら神!」とか思ってましたが、その数日後にEDまでオレンジレンジだったと知った時は、本気でずっこけました(^_^A

さて、本編ですが「掴みの部分だけ詰め込んだな(^_^A」と言うのが印象。
ストーリーの各所に1期目の1話を思わせる展開を配置し、1期目のラストの後に何が起こったかを全く見せず、それ所かどうここに繋がったのか想像し難い展開。
1207469172901e659.jpg
ロロって何だよ!Σ(=ロ=;
とか、
1207469583090e609.jpg
カレンは2期でも猫かぶりとか(^_^A

そうそう、玉城がゼロを信じ切っていた辺りは、「あるいは玉城だしなぁ」と思っていましたが、何も知らないパンピーの日本人まで、最後の最後で現場放棄で雲隠れしたゼロを信奉している事には違和感ありましたねぇ…
ある意味では、ロロやスザクなんかよりも1期からどう繋がったのか想像し難い(--;
普通に考えれば「一般人はゼロの裏切りを知らない」ですが、あの状況ではゼロが現場に居なかった事が漏れないと考え難い。情報を握っている黒の騎士団の多くは「ゼロに裏切られた」と思っていた訳ですから。
では、細かい事情を理解して再起した黒の騎士団が、協力者を得る為に情報を流していたのか?
なるほど、あの時ゼロの写真持って死んでいたバニーさんは黒の騎士団の協力者で、その手引きでカレンがカジノに潜り込んでいた。ありえる話ではありますが、ただでさえ情報の少ない展開で、何の複線も無くこれをやるのは「話を作る側がやってはいけない類のミスリード」です。
と言う事は、ゼロは土壇場で逃げ出したけど、ブリタニアに一矢報いたのも確かであり(ユフィの殺害とかorz)、「危なくなったら部下を見捨てる様な人間だけど、それでもブリタニア最大の敵」として、ゼロを信奉している一般人が居ると言う事で、つまりそういった絶望的選択をする背景には「本気で日本人への虐待が酷い」「オンエアした虐待描写はは放送コードに触れない範囲」と言った状況で、「ゼロへの怒りや疑念が吹っ飛ぶほど、日本人のブリタニアを憎む思いが高まっている」って事かなぁ……

そして、最後のルルーシュの疑問に答えるなら、基本的に力で相手をどうこうする事自体が悪なので、人はその悪を自分や他人に正当化する為の方便が必要になります。「相手が襲ってくるんだから仕方が無い」とか「自分がやらなければ誰かが犠牲になる」とか「相手が悪だから」とか「これが正義なんだ」とか。
要するに正義とは(特に争いの場で語られる正義とは)、基本的に悪を正当化する為の方便なので、立場が変われば別の正義が存在する訳だし、正義がそういったあやふやな物であると認識したら力を正当化できないから「正義は一つ」と言った自分以外の正義を否定する概念があるだけで、実際には人の数だけある様なものです。
だから、「友情が正義足りえるのか?」みたいな事は、他人に教えて貰う事ではなく、自分で確かめなければならない事だよなぁ…と思いますね。
これこそ、まさに愚問と言えるのではないかと。

で……
1207468987482712b.jpg
ヴィレッタ先生、アンタ何やってんの?Σ(=ロ=;
勿論この突っ込みは、ヴィrッタが教師をしている事に突っ込んだもので、「何でスパッツ履いている!Σ(゚ロ゚)」って事じゃありません。
「下がスパッツならスカートの中が見えてもOK」……そういう局側の規制な訳だな?
あと、ネガポジ反転すれば乳首が見えてもOkと言う規制な訳だな……
重ねて言いますが、最初の突っ込みは、ヴィrッタが教師をしている事への突っ込みです(^_^A
1207472264586d5f1.jpg
ヴィレッタと言えば、1期のラストで扇を撃った際に、「倒れる扇を見る目線が良い!」みたいな事を書いたり、他の人のブログのコメでも書きましたが、レイプされた女性が自分をレイプした相手を殺した場合、殆どの場合はレイプ犯は「綺麗な死体」で死んでいる事は無いそうです。まして、ゼロに記憶を操作され「自分が下等だと思っている連中」と肉体関係にあった訳ですから、それ以前の彼女の価値観のままに行動していたとすれば、扇さんはそれは凄い殺され方をした筈で、死んだかどうか確認しないまま去るなどという事は無いですし、もっと感情的になっていたでしょう。
そうではなく、扇を撃ち止めを指さずに去ったのは「止めをさせなかった」と言うか、「あの傷で死ぬならそれでもいい」的な運命に身を任せると言うか、自分が決定的な手を下したくないと言った思いだったんだろうなと。もしかしたら「扇が生き残っていたら、扇が自分を殺してくれるだろう」みたいな、自分の感情からの逃避まで行っていたかも知れません。「扇が生きていて、しかもその上で自分を受け入れてくれる」事をどこ影期待しながら、本当にそうなる事を恐れているみたいなグチャグチャな感じ?
まぁ、人間20年も生きてれば、色恋に限らず、そういう体験の一つもあるんじゃないかなぁと……思ったけれど、社会に出てからの方があるかなぁ?
ここまで深刻でなければ、一つや二つ所じゃない位あると思うけど。
そんな訳で、扇さんはギアスキャラの中で幸せになって欲しいと思える、数少ないキャラですね。
他のキャラは「幸せになって欲しい」見たいな希望的観測は無く、「どういう生き様を見せてくれるかなぁ」って感じで見てますが、扇はなんとなくね(^_^A

そんな訳で、来週からR2のレビューやります!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。