スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100000HIT!
・今回のレビュータイトル
 「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 #03」
10万HIT2
5万HITから1年…思った以上に早い10万HITです。
と、言う訳で本館TOP絵を更新。

これも皆様のおかげと、感謝すると共に、シナリオの方とかレビューとか、これからも心機一転頑張って行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします!
でも……ここまで早い10万HITの原動力は、SRCシナリオの攻略をブログに書いた事がありますね(^_^A
攻略情報関係はかなり、重複してアクセスがあります。
あと、「ウルトラマンメビウス」や「おお振り」等のレビューでここを見つけた人が、レビューを一気見してくれる事があって、そういう時はズガンとカウンターが動きますね。

> ギアス
うわぁ…ナナリーが連れ去られて、ルルーシュが友人達に危害が及ぶ事に特に留意するようになってると思われたのですが、相変わらずな所は相変わらずだなw
08042014.jpg
22話でも書いた事ですが、ルルーシュは自分がやっている事と同じ事を他人がやる事に、非常に嫌悪すると言う性質がありまして、生徒会の皆の記憶まで弄られた事に激しく嫌悪しますが、ルルーシュのギアスだってねぇ……
07073114.jpg
特に、1期目ラストの奇襲のだしに使われたオペレーターの方々なんて、自分の意思と無関係に同僚の殺害を強制され、裏切りを強要された訳です。しかも、軍関係者でも無い一般の道路管理会社、いいとこ国土交通省あたりの人だろうに(--;
人の人生おもちゃにするというやり口は、やっぱり親子の血を感じます。
20060213-10.jpg
自分のやっている事は完全に棚上げにして、他人の悪には心底怒る!
それがルルーシュのステキな所w
08042011.jpg
そんな中で、(相手が自分の身近な人間だからですが)ちゃんと罪悪感も持っていて、「全てが終わったら…」とか思えるのが、主人公の資格を失わない最後のポイントですね。
まぁ、そういったあくどい点や、会話に常に探りを入れている(基本的に他人を信用して無い)とか、ウチのギャブレットに非常にそっくりなんですが、
08042015.jpg
まさかウチのSRCシナリオで、ギャブレットの過去編で使う予定だったシュヴァルツバルト・トルテ(シュヴァルツヴェルダー・キルシュ・トルテ)の名を、ギアスで聞く事になるとは(^_^A
なお、シュヴァルツヴェルダー・キルシュ・トルテとはこんなケーキの事です。
ちなみに、私は貴腐ワイン好きだよ。ソーテルヌとか、女性の誕生日プレゼントとしてはいいと思うけど…ヴィレッタのイメージではないのは確かですな(^_^A

08042010.jpg
「頭が良いけれど『全知』じゃない」的な、現実レベルでの天才の限界…勘違い振りも相変わらず良い感じw
「時を止めた!?」
と言う厨二レベルの勘違い内容もナイス!
しかも、ロロの能力のネタ晴らしをこの話の中で見せておいて、ルルーシュの勘違いを引き立たせるのも、この作品らしい「ルルーシュは完全じゃない」演出。
08042013.jpg
しかし、ロロと言いヴィレッタと言い、味方フラグと言うか「気付かなかった事にしよう」的なルルーシュ見逃しフラグと言うかを、着実に積み重ねてますなぁ(^_^A
アレか?
ヴィレッタの誕生日に扇と再会とかそういう演出か?(^_^A
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。