スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山口母子殺害差し戻し高裁判決
さて、今までの弁護方針を一転させて、なりふり構わぬ主張を繰り返してきた山口母子殺事件の害差し戻し高裁判決が、死刑と言う形で下りました。

世間で言われているよりも、被告の元少年が反省していると言うのは確かだと思いますが、ネックは人権派弁護士の皆さんですね(^_^A

結局、弁護団にとって、この差し戻し審はなんだったのか?
どうも、今日の裁判官の言葉を聞くと、弁護内容がなりふり構わないグチャグチャなものだったと言う印象を裁判官は受けたようです。
実際、私もそう言う印象でした。
「何を聞き、何を見てきたのか…」と人権派弁護士の首魁で、本裁判の弁護団の顔でもある安田好弘氏は述べましたが…
「あんたらのグチャグチャな弁護方針を見て聞いてきた結果がこれなんだろΣ(=ロ=;」と、自分が見えていない彼らに開いた口が塞がりませんでした。
結局、不当不当と言う彼らの主張は、裁判の結果と言うよりも自分対置人権弁護士に対する社会や権力の対応が不当と言いたいんだろうと。
奇しくも「客観的に…」と、本裁判の状況を洗い直した弁護団こそ、客観的に自分を見る事が出来なくなっていたようです(^_^A

この裁判から見えてくる弁護団の目的は、被告の元少年を救済する等ではなく、人権派弁護士の宣伝活動以外の何ものでもありませんでした。
まぁ、基本的に人権派弁護士にとっての裁判なんて、自分達の意見を主張する場でしか無いですからね。事件や被告なんてそっちのけで。
はぁ………
まぁね、正直彼らが何でそんな事やっているかは(全く共感できませんが)理解できます。裁判と言うものの社会的な意義として、事件の内情を解明する事で社会が事件から学んで、同じような事件が起こらないように考える部分も在る訳ですから、彼らは自分達の主張をここぞとばかりに宣伝する。
でも、それって完全に逆効果だよね(--;

安田好弘氏自身は、それを明確に否定しているけど、少なくとも彼の言葉と弁護団の行動は伴っていないと言う印象を受けます(--;
口先だけの綺麗事と言うか何と言うか……私は、何を言うかじゃなく、何をやったかで評価するのが正当な評価だと思いので、彼の主張は全く受け入れる事が出来ません。
以前も書いた様に、社会的に人権派弁護士は必要だと思います。
でも、国民から反感かってるだけなのが分かっていない彼らは、彼らと同様の主張を持つ人たちにとっても危険な存在である気がします(--;

あ、関係ないけど、以前「社会的に人権派弁護士は必要」と書いた時に「徴兵制が無いのは失策」と書いたのは、徴兵による戦力UPと言う話ではなく、裁判員制度の様に司法(国防)に国民が直接関わる事による意識改革という点でです。勿論、個人の主義で兵役を望まない者には、国の福祉施設で兵役と同じ期間のボランティアとか、そう言った権利も必要かと思いますが。
逆に現代戦において、短期間の徴兵で実質的な戦力が上がる筈ありません。
あくまでも「火の粉が自分の所に降ってこないと危険だと思わない」人達に、色々考える時間として必要な期間という事です。
裁判員制度も、経費削減の為とか言うよりも、本来はそっちの有用性を説くべきだと思うんだけどね(--;
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright ©  黒屋。別館BLOG日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。